トップ > 日本 > 奈良特派員 > 柳生一族の菩提寺・芳徳寺

日本国内日本国内/奈良特派員ブログ

柳生一族の菩提寺・芳徳寺

カテゴリー:見所・観光・定番スポット 投稿日:2019年3月 7日

IMG_3716 (2).JPG

今回は、柳生町にある臨済宗大徳寺派の芳徳寺(ほうとくじ)を紹介いたします。


IMG_3712 (2).JPG

江渡時代の1638年に、大和国・柳生藩主であった柳生宗矩(やぎゅうむねのり)が、「たくあん漬け」で有名な沢庵宗彭(たくあんそうほう)を開山として創建されました。

IMG_3719 (2).JPG

この場所には、かつて柳生城があったそうで、宗矩が父の石舟斎宗厳の菩提を弔うために芳徳寺を建立したと伝わっています。その後、宗矩の四男である列堂義仙(れつどうぎせん)が第一世住持となり、200石が芳徳寺に寺領として分与されたそうです。


大きな火災によって創建時の伽藍はすべて灰となってしまい、その後に一度は再建されたものの、明治時代に入ってからは武士階級の崩壊、廃藩に加えて廃仏毀釈(はいぶつきしゃく)運動などのために荒廃。残った山門や梵鐘なども売却されて、明治末期には無住の寺となってしまいました。

IMG_3730 (2).JPG


しかし大正11年に、柳生家の末裔である柳生基夫氏が資金を寄贈され、現在の本堂が再建されました。そして柳生に心底惚れこんだ橋本定芳(はしもとさだよし)師が、柳生を終のすみかと決めて大正15年6月に赴任され、お寺の復興に尽力されました。元々有名な画家であった定芳師は、仏画を多く手掛けるようになってから「お経がわからねば本当の仏画は描けぬ」と仏門に入られたという男気のあるお方です。

IMG_3721 (2).JPG

本堂にはご本尊の釈迦三尊像、沢庵和尚坐像、但馬守(たじまのかみ)宗矩坐像が安置されています。また、柳生氏に関する資料多数を収蔵しており、資料館が併設されています。


IMG_4402 (2).JPG

本堂の裏手の山の中を少し進んでいくと特別な場所があります。

IMG_3738 (2).JPG
そこには柳生一族のお墓がたくさん並んでいます。菩提寺なので当たり前なのですが、思いのほかたくさんの墓石があるのに驚かされます。柳生一族の始祖ともいえる家厳(いえよし)、石舟斎で有名な宗厳(むねよし)、大和柳生藩の初代藩主であった宗矩(むねのり)、そして十兵衛と呼ばれた三厳(みつよし)などなど、有名どころがズラリと並んでいるのは壮観です。

IMG_3747 (2).JPG

また定芳師は「柳生に道場がないのは、あるべきところに毛がないのと同じで、まことに不自然至極。」とも唱えられ、柳生新陰流の普及にも努められました。そして長年の苦労の末に剣道と座禅の道場として正木坂道場が開設されたのが昭和38年のこと。この名前は三厳(みつよし=十兵衛)が、かつて1万3千人の門弟を錬成したという伝説の正木坂道場にあやかって命名されたそうです。もともと奈良地方裁判所として使用されていた、興福寺別当一乗院の建物を移築したもので、正面入口は京都所司代の玄関から移されたそうです。


柳生の剣は人を殺めるものではなく、活かす剣であるというのが奥義(深い)。日本の古代から受け継がれた精神が、ここでなら学べるのかも知れません。ぜひ一度お越しくださいませ。


観光福祉タクシーMIYABIWELCAB

にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 奈良県情報へ
にほんブログ村


記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。

大向 雅

日本国内・奈良特派員の大向 雅が現地から日本地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

いっしょに読みたい 関連記事

最近の画像

画像一覧へ

カテゴリーから記事を探す

月別記事一覧

特派員プロフィール

日本国内日本国内/奈良特派員
名前:大向 雅

大向 雅

京都奈良観光散策 雅流塾の代表 観光ハイヤーの経験と知識をもとに2014年に独自の観光ガイドシステムを立ち上げフリーランスの観光コンシェルジュ“たっしー&たー坊”として活動中 古都奈良にある神社・仏閣や名所旧跡を通して 古代より現在まで先人たちから受け継ぎ育んできた歴史と文化を分かりやすく伝えていきたいと思います。 DISQUS ID @disqus_YaoRmxkTzr

奈良特派員トップにもどる


奈良県に泊まる

その他のエリアから探す

特派員募集中!

日本国内、海外を問わず特派員は随時募集しております。ご興味のある方はぜひご応募を!

奈良特派員トップにもどる

トップ > 日本 > 奈良特派員 > 柳生一族の菩提寺・芳徳寺

PC版で表示

運営会社と個人情報保護について