トップ > 日本 > 奈良特派員 > 豪商の屋敷が立ち並ぶ今井町

日本国内日本国内/奈良特派員ブログ

豪商の屋敷が立ち並ぶ今井町

カテゴリー:見所・観光・定番スポット 投稿日:2018年11月29日

DSC06739 (2).JPG

今回は、奈良県橿原市にあります今井町を解説。

DSC06757 (2).JPG

この1650年に建築の今西家住宅を筆頭に、町内の民家およそ760軒のうち8割近くが江戸時代から残る「伝統的建造物」で、そのうち9件12棟が国の重要文化財、3件11棟が県文化財に指定されるなど、町全体が「重要伝統的建造物群保存地区」に選定されています。


また2015年度下半期放送のNHK連続テレビ小説「あさが来た」のロケ地としても使われ、ヒロインのご実家も「今井」さんだったこともあり、一躍有名になりました。

DSC06744 (2).JPG

今井町が都市的に発展したのは、本願寺の道場である称念寺(しょうねんじ)を建立して以来のことで、町並の整った寺内町(じないちょう)が成立しました。寺内町といいますのは、浄土真宗などの仏教寺院を中心に形成された自治集落のことで、環濠や土塁で囲まれるなど防御的性格も兼ね備えていたため持ち、信者や、商工業者などが集住している町のことを言います。


DSC06755 (2).JPG

このときの形態は、外敵の侵入と民の自治を守るために、郷の周辺に堀を巡らし、土塁を設けた環濠集落でありました。その地形や街路の形状などは、当時のまま残されています。現在の町並みを見わたしても、町の端から端まで通り抜けられる道はなく、入口で屈曲あるいは途中でT字型に組んで見通しのきかないように配備されています。

DSC09270 (2).JPG

称念寺は浄土真宗(一向宗)であり織田信長と対立していましたが、圧倒的な武力の前に降伏することとなりました。しかし後に赦免状が与えられて信長と和睦をむすぶなど、他の一向宗寺内町の扱いとは別格で寛大な扱いを受けていたようです。東西600m、南北310mの長方形の地形には、戸数1100軒、人口4000数百人という財力豊かな町で、自治都市として海の堺・陸の今井と並び称されるほど栄えていたそうです。

DSC06775 (2).JPG

しかし徳川幕府第四代将軍・徳川家綱によって事実上自衛権を剥奪されて、幕府の直轄領(いわゆる天領)となり、約100年間続いた自治都市制度は終焉してしまいました。とはいえ、その後も豊田家や今西家など豪商の力は代官所を凌ぐほどで、幕府も一目置くほどでした。とくに元禄年間には「大和の金は今井に七分」「金の虫干し玄関まで」とまで言われていたそうですから、さぞかし凄かったことでしょうね。

DSC09273 (3).JPG

こちらの今井まちなみ交流センター華甍(はないらか)もまた、1903年に建てられた非常に味わい深い建物で、現在は今井町のすべてが分かる資料館として使用されています。両翼が広がるさまは、宇治の平等院鳳凰堂にもよく似ていますね。


DSC06746 (2).JPG

昔ながらの醤油屋さんや酒屋さんはもちろん、レストランやお洒落なカフェなどもありますし、奈良町にくらべて混雑もなく、ゆっくりとタイムスリップを楽しんで頂ける場所だと思います。

この場所をGoogleMapで確認する

にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 奈良県情報へ
にほんブログ村

観光福祉タクシーMIYABIWELCAB

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。

大向 雅

日本国内・奈良特派員の大向 雅が現地から日本地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

いっしょに読みたい 関連記事

最近の画像

画像一覧へ

カテゴリーから記事を探す

月別記事一覧

特派員プロフィール

日本国内日本国内/奈良特派員
名前:大向 雅

大向 雅

京都奈良観光散策 雅流塾の代表 観光ハイヤーの経験と知識をもとに2014年に独自の観光ガイドシステムを立ち上げフリーランスの観光コンシェルジュ“たっしー&たー坊”として活動中 古都奈良にある神社・仏閣や名所旧跡を通して 古代より現在まで先人たちから受け継ぎ育んできた歴史と文化を分かりやすく伝えていきたいと思います。 DISQUS ID @disqus_YaoRmxkTzr

奈良特派員トップにもどる


奈良県に泊まる

その他のエリアから探す

特派員募集中!

日本国内、海外を問わず特派員は随時募集しております。ご興味のある方はぜひご応募を!

奈良特派員トップにもどる

トップ > 日本 > 奈良特派員 > 豪商の屋敷が立ち並ぶ今井町

PC版で表示

運営会社と個人情報保護について