トップ > 日本 > 奈良特派員 > 奈良にも大文字があります

日本国内日本国内/奈良特派員ブログ

奈良にも大文字があります

カテゴリー:見所・観光・定番スポット 投稿日:2018年8月23日

DSC03556 (2).JPG

お盆といえば盂蘭盆会(うらぼんえ)という仏教行事からきていることは皆さま良くご存じだと思います。

DSC03500 (2).JPG

ご先祖様があの世から帰って来られるのをお迎えするためにお飾りをしたり迎え火を焚いたり、お帰りになるのを送るためのお経をあげたり送り火を焚いたりと、各地域や家庭で多少の違いはあるとは思いますが何らかの行事ごとがあるのではないでしょうか。


3.jpg


中でも全国的に有名なのが毎年8月16日に執り行われる京都の五山の送り火だと思いますが、その前日、つまり8月15日に奈良でも大文字の送り火の行事が行われることはあまりご存じない方も多いのではないでしょうか。

京都の五山の送り火はとても歴史がある反面、その起源については諸説あって、いったいいつ誰によって始められたのかというような事が、実際にいまだに良く分かっていないまま現代に引き継がれているのです。。

201408273 (2).jpg


その点、奈良の送り火は歴史がまだ浅く、まさに8月15日の終戦記念日に合わせて、奈良県出身の戦没者29,243人の魂を供養する為に昭和35年から始められた行事なので、今年でまだ58回目ということになります。


DSC03044 (2).JPG

奈良公園の中でも鹿の運動場のような広さを持つ飛火野(とびひの)がメイン会場です。


DSC02108 (2).JPG


あたりが薄暗くなってきた18:30に慰霊祭が始まります。

先に書いたように一般的にお盆とは仏教行事ではありますが、奈良の場合はあくまでも慰霊ということに重きを置いていますので、神式と仏式の両方で行われる神仏習合の形を残した大変珍しいもので、まずは神官の祝詞が奏上された後に、僧侶による読経が始まります。


DSC02132 (3).JPG


点火は20時で、真っ暗になった高円山(たかまどやま)に大の文字が浮かび上がります。


DSC02136 (3).JPG

1画目が109メートル、2画目が164メートル、3画目が128メートルもある巨大な「大」の字は、高い建物が無い奈良市内では、けっこう離れた所からでも見ることができます。(わが家からも)


DSC02119 (3).JPG


これだけ大きいと戦没者の方々だけでなく、お盆にそれぞれのお家に戻っておられたご先祖様も、帰り道に迷わずに済みますね。京都のような華やかさはありませんが、大混雑もなくゆっくりと楽しめますので、よろしければ、また来年のお盆に奈良へいらしてください。

この場所をGoogleMapで確認する

にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 奈良県情報へ
にほんブログ村

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。

大向 雅

日本国内・奈良特派員の大向 雅が現地から日本地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

いっしょに読みたい 関連記事

最近の画像

画像一覧へ

カテゴリーから記事を探す

月別記事一覧

特派員プロフィール

日本国内日本国内/奈良特派員
名前:大向 雅

大向 雅

京都奈良観光散策 雅流塾の代表 観光ハイヤーの経験と知識をもとに2014年に独自の観光ガイドシステムを立ち上げフリーランスの観光コンシェルジュ“たっしー&たー坊”として活動中 古都奈良にある神社・仏閣や名所旧跡を通して 古代より現在まで先人たちから受け継ぎ育んできた歴史と文化を分かりやすく伝えていきたいと思います。 DISQUS ID @disqus_YaoRmxkTzr

奈良特派員トップにもどる


奈良県に泊まる

その他のエリアから探す

特派員募集中!

日本国内、海外を問わず特派員は随時募集しております。ご興味のある方はぜひご応募を!

奈良特派員トップにもどる

トップ > 日本 > 奈良特派員 > 奈良にも大文字があります

PC版で表示

運営会社と個人情報保護について