トップ > ヨーロッパ > イタリア > ナポリ特派員 > イタリア版「みんなのうた」

イタリアイタリア/ナポリ特派員ブログ

イタリア版「みんなのうた」

カテゴリー:エンターテイメント・音楽・ショー 投稿日:2018年6月 4日

 二歳になった息子と一緒にこども向けの番組を観ることが多いのですが、結婚する以前から好きだった番組に「Zecchino d'oro」があります。ゼッキーノ・ドーロとは金のゼッキーノ貨幣を意味し、日本でいうところの「みんなのうた」です。
 毎年ボローニャでこどもの歌コンクールが開催され、3歳から10歳の子どもが出場できることになっています。そのレベルの高さといったら!その大会の賞としてもらえるのが「ゼッキーノ・ドーロ」。ピノキオの物語に出てくる金貨の木に由来しています。
 番組のタイトルともなっている「ゼッキーノ・ドーロ」をイタリアで知らない人はいません。毎年、上位に入賞した歌は出場したこども自身の歌唱でCD発売されます。

 いくつか楽しい歌を紹介したいと思いますが、その前に日本でもよく知られているものを。私は小学生の頃に歌ってからずっと日本の歌だと思っていました。
 まずは日本でも有名な「黒猫のタンゴ」。これはイタリア題は「Volevo gatto nero」でyoutube検索したら出てきますが、「君にワニをプレゼントしてあげるから、黒猫をちょうだいね。ぼくは黒猫が欲しかったのに、どうして白猫をくれたの?もう遊んであげない!」という内容のもので、日本語歌詞とは少し違っています。イタリアの歌の面白いところは、こどもの歌でもちゃんと韻を踏んでいるところ。歌詞がとてもリズミカルで歌いやすく、耳にもきれいに届きます。

 次に、これは日本の歌だと信じきっていた「Quaranta quattro gatti」。日本題が「44ひきのねこ」。これは見事にイタリア語の歌詞に近い内容で日本語の歌詞がついています。ただやっぱり韻を踏むという意味で、耳に小気味いいのはイタリア語。こちらも検索して聴いてみてください。

 さらに日本でも知られている「トレロカモミロ」これは「Il Trero Camimillo」というイタリア語の題で、定冠詞が加わったのみでタイトルは同じ。トレロとは闘牛士。カモミッロは名前。ここでも韻を踏んで名前をつけています。それにしても懐かしい!小さい頃によく口ずさんだなぁ。

 最後に、日本では知られていないけれど私の大好きな一曲を紹介します。この曲は2歳の息子も大好きで、よく動画を観たがります。「Il coccodrillo come fa?」日本語に訳すならば「ワニはなんて鳴くの?」
 イヌはわんわん、ネコはミャー、ロバはヒーホー、牛はモー、カエルはゲロゲロ、ヒツジはメー。じゃあワニは??と始まります。この鳴き声のところでこどもたちは既に夢中!さらにその導入に続く歌がとってもリズミカルでかわいいんです。まず、ワニのことをイタリア語でコッコドリッロと言いますが、その響きだけでおもしろい。検索して是非聴いてみてくださいね。

zecchino-doro-logo-2017_thumb660x453.jpg

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。

角南有紀 さん

イタリア・旧ナポリ特派員の角南有紀 さんが現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

いっしょに読みたい 関連記事

最近の画像

画像一覧へ

カテゴリーから記事を探す

月別記事一覧

特派員プロフィール

イタリアイタリア/旧ナポリ特派員
名前:角南有紀 さん

角南有紀 さん

ナポリ特派員トップにもどる

その他のイタリアの特派員

ナポリを旅する

その他のエリアから探す

特派員募集中!

日本国内、海外を問わず特派員は随時募集しております。ご興味のある方はぜひご応募を!

ナポリ特派員トップにもどる

トップ > ヨーロッパ > イタリア > ナポリ特派員 > イタリア版「みんなのうた」

PC版で表示

運営会社と個人情報保護について