トップ > ヨーロッパ > イタリア > ナポリ特派員 > パヴァロッティの故郷モデナ

イタリアイタリア/ナポリ特派員ブログ

パヴァロッティの故郷モデナ

カテゴリー:交通・鉄道・航空 / 旅行・ツアー・ホテル / 見所・観光・定番スポット 投稿日:2014年1月18日

 仕事で一泊二日、ボローニャの近くの美食の街、モデナに行ってきました。モデナは、かのテノール歌手ルチアーノ・パヴァロッティの故郷としても知られています。


 ナポリからは電車でボローニャまで3時間半ほど。ボローニャで乗り換えて25分程でモデナに到着。ナポリ⇔ボローニャ間はwifiも使えるし、意外にも快適な列車の旅であっという間です。イタリアの悪名高い列車事情は、Alta velocitaという特急に乗ってしまえば嘘のよう。5〜10分くらいの遅れは多々あれど、清潔な車内にはきちんとした身なりの人がほとんどで、一人旅でも恐くありません。食堂列車もあるので、パニーノやピザも買えます。(小銭がなくて嫌みを言われましたが...)


 モデナはこじんまりとした街で、半日もあれば歩いて回れます。
DSC01827.JPG

 午後、駅から歩いてホテルに向かいチェックイン。歩いて市民劇場へ。ルチアーノ・パヴァロッティ劇場と名付けられている、ヨーロッパの典型的な円形劇場です。
DSC01788.JPG

 夜、歌い終わってホテルに向かう途中のトラットリアに行きました。Via Torre 33にあるTrattoria da Omerというお店。Omerさんがシェフ、奥さんがウエイトレスをしているこじんまりとした素敵なお店。
DSC01780.jpg

 中にはパヴァロッティやフェラーリの写真がたくさんあり、由緒あるお店だということがわかります。
DSC01791.JPG IMG_5723.JPG


 カルチョーフィ(アーティチョーク)のラビオリ、トマトソースを注文。美味しかった〜!IMG_5720.jpg


 デザートも全てお店のオリジナル。アマレットのプリンをチョイスしました。
IMG_5721.JPGのサムネール画像


 おじさんもおばさんも親切で、この地方の美味しい食材を使って長年経営している家庭料理屋さんという雰囲気がとても良かったです。

 歩いて帰る途中、ギルランディーナと呼ばれる鐘楼の前を通りました。
DSC01777.jpg
IMG_5701.jpg


 翌日、ナポリ行きの電車の時間まで観光をしました。まずはモデナのメルカート。野菜やチーズ、お肉など、その日に仕入れてきたものを売っていて、買い物をする地元の主婦やレストラン経営の人達の姿が。美食の街、モデナの新鮮な食材を買うことができます。
IMG_5747.JPG


 モデナのバルサミコ酢を買って、ドウォモへ。
DSC01799.JPG
 中はあまり広くはないけれど、見応えのある大聖堂でした。
IMG_5741.jpg


 続いて、フェラーリの生みの親、エンツォ・フェラーリの生家をミュージアムにしたところを見に行ってみました。
DSC01814.JPG IMG_5764.jpg

 駅から近く、歩いても行けます。フェラーリに興味のある人はきっと楽しいと思います。私はホテルのコーヒーが美味しくなかったので、ここでラッテマキアートを飲みました。とっても美味しかったです。
 モデナ小旅行、のんびり楽しめました。とにかく静かな街。ナポリのあまりにものうるささに慣れたせいなのかもしれないけど、とっても静かで驚きました。美味しいものを求めて出かけてみてはいかが?

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。

角南有紀 さん

イタリア・旧ナポリ特派員の角南有紀 さんが現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

いっしょに読みたい 関連記事

最近の画像

画像一覧へ

カテゴリーから記事を探す

月別記事一覧

特派員プロフィール

イタリアイタリア/旧ナポリ特派員
名前:角南有紀 さん

角南有紀 さん

ナポリ特派員トップにもどる

その他のイタリアの特派員

ナポリを旅する

その他のエリアから探す

特派員募集中!

日本国内、海外を問わず特派員は随時募集しております。ご興味のある方はぜひご応募を!

ナポリ特派員トップにもどる

トップ > ヨーロッパ > イタリア > ナポリ特派員 > パヴァロッティの故郷モデナ

PC版で表示

運営会社と個人情報保護について