トップ > ヨーロッパ > イタリア > ナポリ特派員 > 背番号10番Hondaのミラン移籍、イタリア人の見解

イタリアイタリア/ナポリ特派員ブログ

背番号10番Hondaのミラン移籍、イタリア人の見解

カテゴリー:スポーツ・観戦 投稿日:2014年1月11日

 イタリアのサッカー記事を専門に扱う新聞「La Gazzetta dello Sport」の一面を飾った本田圭佑選手。
NEWS_1372914319_gazza4.jpg

 イタリアでは、「今日何食べる?」と同じくらいの日常会話としてサッカーの話題が飛び交います。ミランで栄光の10番を手にした本田選手のことは、たとえミラニスタ(ACミランファン)でなくとも話題にのぼります。

 カカとバロテッリと息が合えば、最高のチームになるだろうと期待を寄せる反面、10番を与えるほどなのかどうかはまだわからない、と冷静な反応。でも、インテルでの長友選手や過去の日本選手の勝利への貢献の影響もあり、日本の選手は「技術が確かで、真面目で、粘り強く、とことんチームに尽くしてくれる」との印象があるようです。これからの活躍が楽しみ!

 そして何よりミラン側からしてみると、本田選手の移籍による経済効果は明らかで、ユニフォームやチームグッズの日本での販売や、日本からのサポーターがスタジアムに来てくれること、さらに試合の放映権を日本が買うことによって、年間1000万ユーロをもたらすと言われているそうです。
130800031-c0ae97d4-c313-44b1-acf0-421d5c385f5c.jpg
 長友選手はすっかりインテルの顔となり、サポーターやチームからも人気があります。押されても倒れない身体能力はナポリのサポーターからも恐れられており、存在感の大きさがうかがえます。
 本田選手にもACミランに欠かせない存在になってもらいたいですね!
 なんといっても、「日本人がサッカー?!笑っちゃうね〜」みたいな態度だった昔のイタリア人が、「日本の選手はすごい!」と言うまでになったことが本当に素晴らしいことだと思います。

 ところで、日本のように深夜枠にサッカー番組をしているのですが、そこで本田選手を紹介する時のバックミュージックが笑えました。イタリア人はHの発音を持たないので、ホンダのことをオンダと言います。オンダとは「波」という意味です。「オンダオンダ(波波)」という古い歌を本田選手のインタビューの後ろに流していました。オンダじゃないよー!インタビュアーはあの問題児ベルルスコーニ元首相の娘でした。
 写真は、去年の夏移籍が騒がれてから、契約金の問題からなかなか決まらなかった時の記事。「波が欲しい」というタイトルにされています(笑)
2j3laat.jpg

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。

角南有紀 さん

イタリア・旧ナポリ特派員の角南有紀 さんが現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

いっしょに読みたい 関連記事

最近の画像

画像一覧へ

カテゴリーから記事を探す

月別記事一覧

特派員プロフィール

イタリアイタリア/旧ナポリ特派員
名前:角南有紀 さん

角南有紀 さん

ナポリ特派員トップにもどる

その他のイタリアの特派員

ナポリを旅する

その他のエリアから探す

特派員募集中!

日本国内、海外を問わず特派員は随時募集しております。ご興味のある方はぜひご応募を!

ナポリ特派員トップにもどる

トップ > ヨーロッパ > イタリア > ナポリ特派員 > 背番号10番Hondaのミラン移籍、イタリア人の見解

PC版で表示

運営会社と個人情報保護について