トップ > ヨーロッパ > イタリア > ナポリ特派員 > イタリア映画音楽レーベルCinevox

イタリアイタリア/ナポリ特派員ブログ

イタリア映画音楽レーベルCinevox

カテゴリー:イベント・行事・お祭り / エンターテイメント・音楽・ショー / 文化・芸術・美術 投稿日:2013年9月23日

 「マンマ」という歌をご存知ですか?Beniamino Gigli(ベニアミーノ・ジッリ)やパヴァロッティが歌って、日本でも有名になったイタリアの歌です。

 作曲者はCesare Andrea Bixio(チェーザレ・アンドレア・ビクシオ)彼はイタリアで最も由緒あるレコードレーベルの会社Cinevox(チネボックス) を立ち上げました。主に映画サントラを扱う音楽レーベルです。そこには、ニューシネマパラダイスやマレーナなどの映画で知られるEnnio MorriconeやゴッドファーザーやロミオとジュリエットのNino Rota、ライフ・イズ・ビューティフルやピノキオのNicola Piovani、イタリア人以外にもキース・エマーソンなど大御所が名を連ねています。

 そんなCinevoxのイベントがラヴェッロで行われました。司会を務めたのは、ソプラノ歌手、カティア・リチャレッリの元夫でもある、イタリアエンターテイメント界の王、Pippo Baudo(ピッポ・バウド)でした。
IMG_2242.JPG
 映画サントラを聴きながら、レコード会社の歴史を紹介し、イタリア映画の歴史を見せてくれます。1960年代のイタリア映画は今も色褪せない魅力があり、そこに乗る音楽も、どこか郷愁を誘う美しいものばかり。

 アンドレア・ビクシオの代表作ともいえるこの歌は、今ではDolce and Gabbanaの香水のCMに使われていて、イタリア人は誰でもが知っている歌でもあります。1930年代に作られた曲が、現代のモード界に通用する美しさを放っています。

 今回開かれたイベントは、ラヴェッロのヴィッラ・ルフォロで二ヶ月に渡って開かれている展示会の開会に伴うものでした。イタリア映画が好きな人には興味深い展示だと思います。
IMG_2202.jpg

 一年前、Cinevoxの仲間入りをした作曲家Alberto Pizzo は、レーベルにとって10年ぶりの新メンバーの受け入れでした。彼はイベントの中でレーベルによる映画Profondo Rossoを演奏し、観客から絶賛されました。

 Cinevoxは映画音楽をメインにするレーベルなので、映画製作にも関わっています。三年前からは短編映画の国際コンクール を行っていて、35歳以下であれば国籍不問で参加することができます。

 映画と音楽は切っても切れない大切な関係。宮崎駿監督と久石譲氏が相思相愛のように。映画とサントラはその時代の空気を思い起こさせ、未来に夢を見せてくれる。「風立ちぬ」を見てそんな風に思いました。

 元気のないイタリアにも、映画と音楽で風を呼び込んでほしいものです。

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。

角南有紀 さん

イタリア・旧ナポリ特派員の角南有紀 さんが現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

いっしょに読みたい 関連記事

最近の画像

画像一覧へ

カテゴリーから記事を探す

月別記事一覧

特派員プロフィール

イタリアイタリア/旧ナポリ特派員
名前:角南有紀 さん

角南有紀 さん

ナポリ特派員トップにもどる

その他のイタリアの特派員

ナポリを旅する

その他のエリアから探す

特派員募集中!

日本国内、海外を問わず特派員は随時募集しております。ご興味のある方はぜひご応募を!

ナポリ特派員トップにもどる

トップ > ヨーロッパ > イタリア > ナポリ特派員 > イタリア映画音楽レーベルCinevox

PC版で表示

運営会社と個人情報保護について