トップ > ヨーロッパ > イタリア > ナポリ特派員 > ナポリの守護神 Pulcinella

イタリアイタリア/ナポリ特派員ブログ

ナポリの守護神 Pulcinella

カテゴリー:ショッピング・雑貨・お土産 投稿日:2012年11月30日

 ナポリを歩いていると、いたるところで見かける白い服に黒い仮面の人形「プルチネッラ」。1500年代にナポリの俳優シルヴィオ・フィオリッロによって広められた、風刺劇の道化師。起源となったのはもっと歴史を遡ります。いろいろな説がありますが、アチェッラというナポリの近くの田舎町で百姓をしていた鼻の大きなおじさんがこの道化師のもととなっているそうです。
IMG_5394.JPGのサムネール画像 IMG_5408.JPGのサムネール画像

 黒い鳥のくちばしのような仮面をつけて、白いダブダブの服を着て、おどけて人を笑わせるんだけれど、心の中に淋しい部分を持ち合わせています。これはナポリの町をよく表現しているような気がします。みんなニコニコ大声で笑いながら話しているけれど、南イタリアの経済状況や家庭環境に困っていて、心の中に大きな悩みを抱えている人をたくさん見かけます。彼らはとても信心深く、幸運を呼ぶ数字や置物、悪いことを招く行動などに敏感です。
 そんなプルチネッラはナポリの家庭になくてはならない存在です。最初はなんだか怖いなと思った人形ですが、だんだん友達のように思えてくるから不思議。嬉しい知らせを分かち合い、悲しい出来事は一緒に背負ってくれる、そんな表情でこちらを見ています。
 街歩きの時必ず目にすると思いますが、プルチネッラにもいろいろな種類があります。ナポリのカンツォーネに欠かせない、マンドリンギターやタンブリンなどの楽器を持っているもの、ナポリのラッキーナンバーとされる13のカードを持っているもの、ピザやパスタを持っているもの、プルチネッラ自身のこどもを抱えているものなど。
IMG_5414.JPG IMG_5409.JPG
 表情や持ち物などにこだわりながら、相性のいいプルチネッラを探して自分へのおみやげにするのも楽しいかもしれません。

 エドゥアルド・フィリッポやトト、マッシモ・トロイージを始めとし、ナポリは多くの俳優を輩出してきた街で、私の友達にも俳優がたくさんいます。オペラの中でパントマイム役者として彼らが出演していたことをきっかけで知り合いました。
 脚本、演出、監督など全てを手掛けているBorruto兄弟は、この「プルチネッラ」を題材にした演劇を毎年冬に行っています。Made in Naplesという題名で、教会を舞台にしてミュージカル仕立てで演じられるこの劇は、入場料カンパ制となっていて、近所のこどもが1ユーロを握りしめて訪れたり、応援している地元の人が大金を落としていったり、観光客で溢れ返ったりしています。
 兄と弟がプルチネッラの中にある善と悪を二人一役で演じ、ナポリのカンツォーネも交えながら、言葉がわからなくても楽しめる20分間。中央歴史地区のtribunale通りでやっているので、この時期に訪れる方にはおすすめです。63322_10200162646054131_1839584746_n.jpgのサムネール画像 DSCN6608.JPG

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。

角南有紀 さん

イタリア・旧ナポリ特派員の角南有紀 さんが現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

いっしょに読みたい 関連記事

最近の画像

画像一覧へ

カテゴリーから記事を探す

月別記事一覧

特派員プロフィール

イタリアイタリア/旧ナポリ特派員
名前:角南有紀 さん

角南有紀 さん

ナポリ特派員トップにもどる

その他のイタリアの特派員

ナポリを旅する

その他のエリアから探す

特派員募集中!

日本国内、海外を問わず特派員は随時募集しております。ご興味のある方はぜひご応募を!

ナポリ特派員トップにもどる

トップ > ヨーロッパ > イタリア > ナポリ特派員 > ナポリの守護神 Pulcinella

PC版で表示

運営会社と個人情報保護について