トップ > 北米 > カナダ > ナナイモ・ダンカン特派員 > 意外に高いカナダBC州の消費税!5%、12%、15%のことも・・2019年度最新情報

カナダカナダ/ナナイモ・ダンカン特派員ブログ

意外に高いカナダBC州の消費税!5%、12%、15%のことも・・2019年度最新情報

カテゴリー:お金・通貨・両替 / ショッピング・雑貨・お土産 / レストラン・料理・食材 / 交通・鉄道・航空 / 旅行・ツアー・ホテル 投稿日:2019年9月24日

日本では消費税率10%がいよいよスタート。
それに比べて、カナダの消費税率は高いのかそれとも低いのでしょうか・・?
商品によって5%だったり12%だったり、時には15%だったりで、色々ややこしいのがカナダBC州の消費税です。
(カナダの消費税は州によって異なります)

dollar-3549439_1280.jpg


知っておきたいのは、BC州にはGST(Goods and Sales Tax)とPST(Provincial Sales Tax)の2種類があるということ。GSTは5%ですが、PSTは7%~20%と、幅広く設定されています。




商品・サービスによって、
(1)消費税がかからないもの
(2)GST5%だけかかるもの
(3)GST5%+PST7%=12%かかるもの
(4)GST5%+PST8%以上=13%以上かかるもの

の大きく4つに分けることができます。


特にホテル代やアルコール代には高いPSTが発生するので、「レシートを見たら、消費税が高くてびっくり!」という旅行者も多いようです。


もちろん全てを覚えることはできませんが、旅行者が知っておきたい主な消費税率をここで紹介したいと思います。



(1)消費税がかからないもの
食料品(肉、野菜など)、処方箋、医療費、BC公共交通機関のバスや電車、BCフェリー代など


(2)GST5%だけかかるもの
子ども服、タクシー代、ガソリン代、外食費、本や雑誌、お菓子、市販薬など


(3)GST5%+PST7%=12%かかるもの
おとな服、家具、家電、おもちゃ、化粧品など


(4)GST5%+PST8%以上=13%以上かかるもの
アルコール:GST5%+PST10%=合計15%
宿泊費:GST5%+PST8~11%=合計13%~16%


以上は代表的なものなので、その他については以下サイトでご確認ください。
また、この情報は2019年9月時点のものです。




PSTについて
https://www2.gov.bc.ca/gov/content/taxes/sales-taxes/pst

GSTについて
https://www.canada.ca/en/revenue-agency/services/forms-publications/publications/rc4022/general-information-gst-hst-registrants.html#H1_106

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。

Maki McPhee

カナダ・ナナイモ・ダンカン特派員のMaki McPheeが現地から北米地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

最近の画像

画像一覧へ

カテゴリーから記事を探す

月別記事一覧

特派員プロフィール

カナダカナダ/ナナイモ・ダンカン特派員
名前:Maki McPhee

Maki McPhee

2012年よりカナダ在住。バンクーバーとビクトリアでの生活を経て、現在はバンクーバー島にあるナナイモに住んでいます。旅行とカメラが大好きな私が、ナナイモを起点にバンクーバー島の魅力をお届けします!個人のフォトブログはこちら、バンクーバーの現地情報サイト"LifeVancouver"でもライターをやっています(私の記事一覧)。お問い合わせやご連絡は、お気軽にどうぞ! DISQUS ID @disqus_IdzwKQ5TNx

ナナイモ・ダンカン特派員トップにもどる

その他のカナダの特派員

ナナイモを旅する

その他のエリアから探す

特派員募集中!

日本国内、海外を問わず特派員は随時募集しております。ご興味のある方はぜひご応募を!

ナナイモ・ダンカン特派員トップにもどる

トップ > 北米 > カナダ > ナナイモ・ダンカン特派員 > 意外に高いカナダBC州の消費税!5%、12%、15%のことも・・2019年度最新情報

PC版で表示

運営会社と個人情報保護について