トップ > アジア > インド > ムンバイ特派員 > インドのスパイスでジンジャーエール

インドインド/ムンバイ特派員ブログ

インドのスパイスでジンジャーエール

カテゴリー:レストラン・料理・食材 投稿日:2015年4月18日

言わずと知れたスパイス大国インド。
国外からスパイスを持ち込むのに一定の量を超えると関税がかかり、
国外へインドのスパイスを持ちだすにも量の制限があると聞きました。

前回の記事で書いたクロフォードマーケットにもたくさんのスパイス屋さんがあり、
歩いていると「僕のスパイスショップに来ないか」なーんてお声がかかります。

日本にいたころスパイスなんて胡椒、塩、ハンバーグでナツメグくらいしか扱うことが無かったのですが、
せっかくだし少しづつ挑戦したいと思う今日この頃。
先日お招きしてもらったお家でいただいた自家製本格ジンジャーエールがとても美味だったので、
私も作ってみることにしました。

右からカルダモン(60ルピー=約120円)、シナモンスティック(20ルピー=約40円)、クローブ(60ルピー=約120円)。
シナモンスティック、クローブは開封済みですみません。
写真に写っているシナモンスティックは半分の量で、クローブは6粒抜き取った後のものです。
隣町の何でも屋さん的なお店で買ったのですが、クロフォードマーケットだともう少し安く手に入れられるのかな^^

クックパッドで見つけたレシピ通り作ってみました。
選んだレシピはカルダモンを使わなかったので、今回はシナモンスティック、クローブのみ使用。

ちなみにこちらは生姜がとっても安い!!!
でも生姜は日本のものより風味がきつく思います。(ちなみにニンニクもそう感じます。)
日本のレシピでうまくできるかな??

シナモンのにおいがぷ~んとしてきます♡


そして完成!!

ドキドキしながら味見(^O^)
ソーダ割りです。


んん~~~~!スパイシ~!!!おいしいっっっっ!!!!!!!!!本格的!
これはいける!!!!


でも好みよってはスパイシー過ぎる、生姜がききすぎてると感じるかな?
次回また調整してみよう^^


ただ、めんどくさがり屋な私にとって、生姜の皮を剥く(レシピは皮つきのままだったのだけど、なんとなーく、インド産なので剥きました。)のと、半量をすらなければならなかったのがイマイチだったので、また作るかどうか・・・?
もしくは次回はすらないでもいい(スライスだけでいい)レシピで再度挑戦してみようと思います(^o^)丿
カルダモンも使わなければ~♪♪

※前から気になっていたのですが、Wi-fiの電波が良くないからなのかなんなのか、同じように入力しても、文章中行間がちゃんと入るところと、入らないところがあります。
読み苦しい点、お許しください。

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。

ともみ

インド・ムンバイ特派員のともみが現地からアジア地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

いっしょに読みたい 関連記事

最近の画像

画像一覧へ

カテゴリーから記事を探す

月別記事一覧

特派員プロフィール

インドインド/ムンバイ特派員
名前:ともみ

ともみ

ムンバイ特派員トップにもどる

その他のインドの特派員

ムンバイ(旧ボンベイ)を旅する

その他のエリアから探す

特派員募集中!

日本国内、海外を問わず特派員は随時募集しております。ご興味のある方はぜひご応募を!

ムンバイ特派員トップにもどる

トップ > アジア > インド > ムンバイ特派員 > インドのスパイスでジンジャーエール

PC版で表示

運営会社と個人情報保護について