トップ > アジア > インド > ムンバイ特派員 > 新しいテイストのインド料理!~Masala library~

インドインド/ムンバイ特派員ブログ

新しいテイストのインド料理!~Masala library~

カテゴリー:レストラン・料理・食材 投稿日:2014年10月29日

 今年の春ごろからここムンバイで流行っているインド料理レストランといえば、Masala library。


http://www.masalalibrary.co.in/masalalib.html


 よくあるグレービー(いわゆるカレー)やチキン、ロティー(チャパティーなどのインドのパンの総称)だけではなく、とってもモダンで、おいしいお料理が食べることができます。


 ランチタイムに予約をして行きました。内装もおしゃれ。初めはガラガラだった店内も、お昼の2時前には満席に。(インド人はランチタイムが2時からと遅めです。)行かれる方は念のため予約されることをお勧めします。


 私たちが選んだのはランチのコース。ノンベジタリアン用とベジタリアン用があり、価格はドリンク無しで2000ルピー(約3600円)ほど。TAXは別。高めの設定です。私たちはもちろんノンベジタリアンのコースを選択。


 お皿。よく見ると縁が「MASALA LIBRARY」。これは観賞用だったようで、すぐに回収されました。


 パンは温かくてフカフカしていました。


 前菜。卵?不思議な味。一口でいただきました。


 次にスープですが、店員さんが目の前で具を入れ、スープを注いでくれました。干ししいたけのような物が入っていて、おいしい。


 その後次々と運ばれてくるお料理。いずれも大きな器に少しだけのせられています。なんだか、おしゃれ。


 チキンのクリスピー。スパイスが効いていてとってもおいしかった。


 こちらはマトン。スペアリブを甘辛くしたような味で、これも美味。


 そして、お口直しのアイスクリーム。ストロベリーミルクのような味でおいしい。


 メインは3種類の中から選ぶことができました。私はチキン。


 これでお料理は終わりと思いきや、揚げ物と酸味のあるヨーグルトが。


 そして、一通り料理が終わると、いわゆるお手ふきをいただけます。このサービス、インドのレストランでは無いので、これは嬉しいところ。店員さんが水をかけて、ウェットティッシュにしてくれます。


 この後はデザート。奥のヒトデ型のお皿が斬新。手前はインドのお菓子、グラブ・ジャム。体を壊してしまうのではないかと思うくらいのかなりの甘さで、日本人にあまりうけはよくありません。


 極めつけは、お花に見立てた綿菓子。私はうわさに聞いていて、これが一番見たかったのです。


 かなりのボリュームでした。

 ですが、味覚も視覚もとっても楽しむことができました!店員さんのサービスもなかなかのものです。

 少し変わったインド料理を食べたいと思った際には、ぜひチャレンジしてみてください。


Masala library
add:Ground Floor, First International Financial Centre, Bandra Kurla Complex, Bandra East, Mumbai
Tel:02266424142 / 08452900900

4-18.jpg

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。

ともみ

インド・ムンバイ特派員のともみが現地からアジア地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

いっしょに読みたい 関連記事

最近の画像

画像一覧へ

カテゴリーから記事を探す

月別記事一覧

特派員プロフィール

インドインド/ムンバイ特派員
名前:ともみ

ともみ

ムンバイ特派員トップにもどる

その他のインドの特派員

ムンバイ(旧ボンベイ)を旅する

その他のエリアから探す

特派員募集中!

日本国内、海外を問わず特派員は随時募集しております。ご興味のある方はぜひご応募を!

ムンバイ特派員トップにもどる

トップ > アジア > インド > ムンバイ特派員 > 新しいテイストのインド料理!~Masala library~

PC版で表示

運営会社と個人情報保護について