トップ > アジア > インド > ムンバイ特派員 > 魅惑のアンダマン諸島へ...!その③

インドインド/ムンバイ特派員ブログ

魅惑のアンダマン諸島へ...!その③

カテゴリー:ショッピング・雑貨・お土産 / レストラン・料理・食材 / 旅行・ツアー・ホテル / 自然・風景 / 見所・観光・定番スポット 投稿日:2013年6月23日

その①はこちら
その②はこちら


アンダマン諸島旅行記の続きです。
初日の苦い思い出もあり、2日目は朝6時発のフェリーのために朝4時半には
チケット売り場へ到着。今回は前から2番目に並ぶことができました。
この時点で「これは行けるだろう」と確信していたのですが、さすがインド(?)
まだまだあり得ないことが起こります...。
いざ5時半にカウンターが開くと、昨日と同じ怠惰なチケット売りおじさんが平然と
「ハブロック島行きは隣のカウンターだ」と声高に宣言したのです。。。。
即座に隣のカウンターに人が殺到し、前から2番目だった私たちはまた後ろの方へ...。
ここからはまた前日と同じ戦争が繰り広げられ、結局またもチケットを買う事ができませんでした。


havelock2.jpg

「もうアンダマン旅行は終わった」と思いました...。
そして失意の中、途方にくれながら1人でフェリーのゲートまで歩いていくと、なんと
中国人の団体がチケットを見せずにゲートを通過しているところじゃないですか...!
さりげなく団体に混ざってみると、なんとあっさりゲート通過(笑)
慌てて夫を呼び寄せ、「私たちはこの団体の一員です」オーラを全力で放ち、
奇跡の乗船成功!!!


havelock1.jpg

結局、普通に「チケットを買ってフェリーに乗る」ということが出来なかったのは
かなり問題ですが、一番の目的であったハヴロック島には行くことができました。
ハイシーズン&週末で特別混んでいる時期だからこうなったのかもしれませんが、
やはり日程に余裕のない方にはお薦めできません...。^^;


havelock6.jpghavelock7.jpg

ポートブレアを出航して約3時間、ついにハヴロック島へ上陸...!
透き通ったコバルトブルーの海の色を見て、ようやく「アンダマン諸島へ来てよかった」と
思うことができました^^;


havelock3.jpg

島はバイクさえあれば好きな場所へ行ける広さなので、ホテルで
バイクを借りて散策しました。
南国らしい豊かな自然と、ムンバイの街中では吸えない奇麗な空気に癒されます。
ようやくリゾート気分...!


havelock8.jpghavelock10.jpg

ビーチはもちろん、内陸側に広がる手つかずな森も魅力的でした。


havelock9.jpghavelock11.jpg

今回滞在したホテルは可もなく不可もなく...といった感じだったので特に書きませんが、
お薦めしたいのは、ランチで立ち寄った某情報サイトで口コミ1位の「Barefoot Resort」。
立地はビーチの目の前ですし、スタッフも皆フレンドリーでいい感じです。


havelock13.jpghavelock12.jpg

もう一つお薦めしたいのが、Beach#3近くにある「Seven Heaven」という洋服屋さん。
欧米人がたくさん訪れる場所だからか、ポートブレアとは違ってこのような
洗練されたお店もあります。
リゾートっぽい素敵な服やアクセサリーがたくさんあって、ついつい長居してしまいました。


havelock14.jpghavelock15.jpg

夜は新鮮な海鮮を求めてこちらの「Full Moon Cafe」というレストランへ。
大通りから少し入ったところで場所が分かりにくいのですが、多くの欧米人で賑わっていました。
鯛のガーリックバターソースが美味しかったです...!


havelock4.jpg

そんな感じであっという間に1日が経ってしまい、翌日の始発のフェリーで再びポートブレアへ。
(帰りは1時間前から並んだところ無事チケットを買うことができました。)
無事に飛行機の時間にも間に合ったので良かったですが、最後までヒヤヒヤの2泊3日でした。


havelock5.jpg

今回の旅行で感じたのは、「アンダマン諸島はまだまだ観光地としての利便性や
インフラが整っていない」ということと同時に、「だからこそ観光地として人に荒らされていない、
手つかずの自然が楽しめる貴重な場所である」ということです。
地理的にも環境的にも日本人にとってはややハードルの高い場所ですが、
とにかく自然を堪能したい!ダイビングができれば他は問題ない!という方には
もってこいな場所なのではないでしょうか...?


少し長くなってしまいましたが、これにてアンダマン旅行記は終了です^^
次回は私がムンバイ最終日に過ごした、「ムンバイで一番セレブな場所」を
ご紹介させていただきます!


この場所をGoogleMapで確認する

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。

鳥巣 悠

インド・旧ムンバイ特派員の鳥巣 悠が現地からアジア地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

いっしょに読みたい 関連記事

最近の画像

画像一覧へ

カテゴリーから記事を探す

月別記事一覧

特派員プロフィール

インドインド/旧ムンバイ特派員
名前:鳥巣 悠

鳥巣 悠

ムンバイ特派員トップにもどる

その他のインドの特派員

ムンバイ(旧ボンベイ)を旅する

その他のエリアから探す

特派員募集中!

日本国内、海外を問わず特派員は随時募集しております。ご興味のある方はぜひご応募を!

ムンバイ特派員トップにもどる

トップ > アジア > インド > ムンバイ特派員 > 魅惑のアンダマン諸島へ...!その③

PC版で表示

運営会社と個人情報保護について