トップ > アジア > インド > ムンバイ特派員 > ムンバイのモンサンミッシェル!?ハジアリ霊廟

インドインド/ムンバイ特派員ブログ

ムンバイのモンサンミッシェル!?ハジアリ霊廟

カテゴリー:文化・芸術・美術 / 生活・習慣・マナー / 見所・観光・定番スポット 投稿日:2012年11月 5日

ムンバイの中心部、アラビア海沿いの道を通ると、不思議な
建物が海に浮かんでいるのが見えます。


hajiali1.jpg

この建物、実は15世紀に建てられた「ハジアリ」という名のモスクで、
干潮の時にだけ参道が現れる造りになっています。
その様はまるでムンバイのモンサンミッシェル...!(少し言いすぎかもしれませんが...。)
しかし夕方に、陸地側から見える夕日色に染まったハジアリはとても美しく、大好きな光景です。


hajiali2.jpg

その昔、聖人であったハジアリがメッカ巡礼中に亡くなってしまい、その棺が流れ着いたのが
この場所だそう...。(この場所で溺死してしまったという説もあるようです。)
今でもイスラム教信者にとっては重要な場所のようで、
毎日多くの信者が礼拝に訪れています。
実際に行った日本人の友人からは「参道には物乞いが多くて、もう行きたくない」
といった話を聞いていたので、ムンバイに来てから1年半ほど、陸側から見るだけで
満足していたのですが、今回雨季も終わって干潮時に行く機会が出来たので、
ついに内部へ足を踏み入れてみました。


hajiali3.jpg

目印は連日賑わっているこちらの「Haji Ali Juice Center」。
このジュースショップの横に参道への入口があります。


hajiali13.jpghajiali14.jpg

hajiali11.jpghajiali12.jpg

参道の手前には食べ物や花、お供えに使う物などを売るお店がたくさん並んでいました。
ムスリムの男性がよく被っている帽子も初めて発見...!


hajiali4.jpg

潮が満ちるのを待っているのか、参道の手前にはここで生活している漁師風の人も...。


hajiali5.jpg

そしていよいよ参道へ...。
話に聞いていた通り、両脇には物乞いをしている人もたくさんいました。
実際にお金をあげている人も多く見かけましたが、あげないからといって
何かをしてくるわけではないので、あげたい人だけあげれば良いと思います。


hajiali6.jpg

参道の屋台を冷やかしたり、対岸に見えるムンバイの街並みを眺めながら
歩いていると、いよいよモスクが近づいてきます...。
モスクは2008年から2010年にかけて修復が行われたとのことで、
比較的新しい建物に見えました。


hajiali8.jpg

そしてこちらが聖人の祀られている廟です。(内部は撮影禁止)
入口で靴を脱いで、男女別の入口から中に入ります。
男性はハジアリの棺に触れ、祈ることができますが、女性は触れることが許されず、
外から棺を眺めるだけ...というきまりになっていたのには驚きました。


hajiali9.jpg

参道で売られていた赤い紐は、こうして木に結ばれていました。
意味は分からないのですが、日本の「おみくじ」のように願掛けなのでしょうか...?
どなたか詳しい方がいましたら教えてください!


hajiali10.jpg

モスクの裏側では礼拝を終えた?何をしているのか分からない人がたくさん...。
写真を撮って、その場でプリントする商売をしている人もいました。


hajiali7.jpg

ローカル度満点なハジアリ、ヒンドゥー教の寺院とはまた違った雰囲気を
味わうことができますので、ムンバイ観光の際は訪れてみてはいかがでしょうか?


【Haji Ali Dargah】 ←公式サイトに飛びます


↑ランキング参加中!応援よろしくお願いします↑

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。

鳥巣 悠

インド・旧ムンバイ特派員の鳥巣 悠が現地からアジア地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

いっしょに読みたい 関連記事

最近の画像

画像一覧へ

カテゴリーから記事を探す

月別記事一覧

特派員プロフィール

インドインド/旧ムンバイ特派員
名前:鳥巣 悠

鳥巣 悠

ムンバイ特派員トップにもどる

その他のインドの特派員

ムンバイ(旧ボンベイ)を旅する

その他のエリアから探す

特派員募集中!

日本国内、海外を問わず特派員は随時募集しております。ご興味のある方はぜひご応募を!

ムンバイ特派員トップにもどる

トップ > アジア > インド > ムンバイ特派員 > ムンバイのモンサンミッシェル!?ハジアリ霊廟

PC版で表示

運営会社と個人情報保護について