トップ > アジア > インド > ムンバイ特派員 > 聖地バラナシへの旅①

インドインド/ムンバイ特派員ブログ

聖地バラナシへの旅①

カテゴリー:エンターテイメント・音楽・ショー / 文化・芸術・美術 / 旅行・ツアー・ホテル / 見所・観光・定番スポット 投稿日:2012年8月 2日

先日、日本から友達がインドに来てくれたので、女子2人でヒンドゥー教の聖地
「バラナシ(ベナレス)」へ行ってきました。
実は以前1人でインドを旅行し、初めてバラナシの地を踏んだのが4年前。
今回バラナシに行くのは2回目です。
(まさかその時は自分がインドに住むことになろうとは思ってもいませんでした...。)
果たして4年間の間に、あのバラナシも近代化の波に呑まれてしまったのか...?
それともやはり聖地は変わらないのか??そんな疑問を胸に、再びバラナシへと
向かったわけです。


varanashi20081.jpgvaranashi20082.jpg

varanashi20083.jpgvaranashi20084.jpg

今回、旅行へ出る前に4年前に撮った写真を見返してみました。
こちらが2008年に撮ったバラナシの写真です。

そして2012年...


varanashi20085.jpgvaranashi20086.jpg

ガンジス河へと続く道は、なんとなく舗装されているものの相変わらずボコボコ。
牛と人でごった返す中をサイクルリキシャーで通ると、目に映るのは4年前と
全く変わらない景色でした...。
やっぱりバラナシはこうじゃないと...!と嬉しくなる半面、日々インド人に囲まれて
過ごしている今の自分にとっては「ムンバイよりもさらにインド全開な
(=日本人にとっては疲れる)場所へ来てしまった...。」という切ない気持ちも少々...。
やはり日本から旅行で来るのと、同じインド国内で暮らしているのとでは
感じ方も異なるようです。


varanashi20087.jpg

初日、バラナシに着いたのが夕方だったので、まずは夜からガンジス河沿いで始まる
プージャ(お祈り)を見に行くことに。数あるガートの中でも一番大きな
「ダシャーシュワメード・ガート」には、多くのヒンドゥー教徒と観光客が集まっていました。


varanashi20089.jpg
varanashi20088.jpg
varanashi200810.jpg

ガートにはステージが設けられ、4年前よりも華やかなプージャになっていました。
少し観光客向けにアレンジされてしまったのかな...?という感もありましたが、
もちろん観光客よりも熱心に祈りを捧げるヒンドゥー教徒の方が圧倒的に多く、
宗教が持つパワーのようなものを感じました。


varanashi200812.jpgvaranashi200811.jpg

次回は朝のガートの様子をお届けします^^

↑ランキング参加中!応援よろしくお願いします↑

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。

鳥巣 悠

インド・旧ムンバイ特派員の鳥巣 悠が現地からアジア地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

いっしょに読みたい 関連記事

最近の画像

画像一覧へ

カテゴリーから記事を探す

月別記事一覧

特派員プロフィール

インドインド/旧ムンバイ特派員
名前:鳥巣 悠

鳥巣 悠

ムンバイ特派員トップにもどる

その他のインドの特派員

ムンバイ(旧ボンベイ)を旅する

その他のエリアから探す

特派員募集中!

日本国内、海外を問わず特派員は随時募集しております。ご興味のある方はぜひご応募を!

ムンバイ特派員トップにもどる

トップ > アジア > インド > ムンバイ特派員 > 聖地バラナシへの旅①

PC版で表示

運営会社と個人情報保護について