トップ > 北米 > カナダ > モントリオール特派員 > モントリオール・ピエール・エリオット・トルドー空港の現在の様子

カナダカナダ/モントリオール特派員ブログ

モントリオール・ピエール・エリオット・トルドー空港の現在の様子

カテゴリー:お知らせ / 交通・鉄道・航空 投稿日:2020年9月18日

こんにちは!
モントリオールはすっかり秋の訪れ。
朝晩は気温が一桁になることも増え、冷え込みが厳しくなってきました。
 

今もなお、世界で猛威を振るっている新型コロナウイルスですが、ここケベック州でも新規感染者数が増えてきているようです。
そんな中ですが、先日用事があったため5ヵカ月ぶりに国内線を利用しました。今日はその際の空港や機内の様子について綴りたいと思います。


P1470405.JPG

P1470404.JPG
朝ということもありますが、人が少ないです。
空港の入口ではサーモグラフィーによる検温と手指消毒があります。
現在、発熱や新型コロナウイルス感染の疑わしい症状がある人は搭乗できません。


 
 

P1470403.JPG
自動チェックイン機では、過去2週間の海外渡航歴の有無や、陽性者との濃厚接触の有無、健康状態についての質問があります。

P1470406.JPG
P1480025.JPG
空港内は椅子などの至る所に、隣との間隔を2m空けるよう注意喚起がされています。


 

P1470410.JPG
カナダでは機内でもマスク着用が義務となっています。

意外にも機内は往路復路ともにほぼ満席でした。
国内線が減便しているのも関係しているのかもしれません。
 


P1480023.JPG

エアカナダの機内で配られたもの。
CLEAN CARE+と書かれたパッケージに水、イヤホンのほかに、ハンドサニタイザー、マスク、手袋、アルコールワイパーが入っていました。

飛行中には飲み物が提供されますが、缶ジュースと紙コップが渡され自身で注ぐことになっています。
乗客は飛行中もマスクを着用することが義務づけられています。
 
ちなみに、ケベック州ではマスク着用を促された際に拒否した場合、罰金が科せられます。
その額なんとCAD400~6000! 日本円で約3~47万円......
実際に罰金が科されたというニュースもあったので、必ずマスクは持参・着用しましょう。

 
私が利用したのは8月末のエアカナダ国内便でした。
新型コロナウイルスの新規感染者数も少なく、比較的状況は落ち着いていたと思います。
機内で配られたパックに書かれていたCLEAN CARE+とは、エアカナダが実践している新型コロナウイルスの感染対策プロトコルだそうです。
こちらのウェブサイトを見てみると、感染予防のための消毒や手順などが細かなプロトコルで決まっており、実際に飛行機を利用するだけでは気がつかないようなことが多くありました。
Air Canada

そのため、機内は満席だったものの安心して飛行機を利用することができました。
ですが、国内線利用者の中であとから検査で陽性とわかったケースも多いので引き続き注意が必要です。
航空便リスト

 
これらの状況は変わることがありますので、最新情報はエアカナダの公式ウェブサイトより確認されることをおすすめします。


記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。

Riekoさん

カナダ・モントリオール特派員のRiekoさんが現地から北米地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

いっしょに読みたい 関連記事

最近の画像

画像一覧へ

カテゴリーから記事を探す

月別記事一覧

特派員プロフィール

カナダカナダ/モントリオール特派員
名前:Riekoさん

Riekoさん

日本での出産を経て、主人の転勤に伴い家族でモントリオールに移住。初めての子育てと初めての海外生活でハラハラ楽しみながら日々を過ごしています。 趣味は旅行で、カメラ片手に新しい場所に行って街並みを見たり人と触れ合うことが大好きです。観光地としての情報はもちろん、子育て関連の情報も含めてモントリオールの魅力をたくさん発信していきたいと思います。 DISQUS ID @disqus_VoP4rjZnoI

モントリオール特派員トップにもどる

その他のカナダの特派員

モントリオールを旅する

その他のエリアから探す

特派員募集中!

日本国内、海外を問わず特派員は随時募集しております。ご興味のある方はぜひご応募を!

モントリオール特派員トップにもどる

トップ > 北米 > カナダ > モントリオール特派員 > モントリオール・ピエール・エリオット・トルドー空港の現在の様子

PC版で表示

運営会社と個人情報保護について