トップ > 北米 > カナダ > モントリオール特派員 > 成田から直行便でモントリオールへ!

カナダカナダ/モントリオール特派員ブログ

成田から直行便でモントリオールへ!

カテゴリー:お知らせ / 交通・鉄道・航空 投稿日:2019年12月13日

はじめまして。
この度、『地球の歩き方』カナダ・モントリオール特派員ブログを担当することになりましたRiekoです。
日本での就職・結婚・出産を経て、今は夫の仕事に伴いモントリオールで生活をしています。こちらでの生活も慣れてきて、ふと気が付いたらあっという間にモントリオールの町に魅了されていました。
たくさんの人に町の魅力を届けたいという純粋で、この度ブログを書き綴ることにしました。多くの人に読んでいただけるとうれしいです!

記念すべき最初のブログでは、昨年6月より就航したエアカナダの東京(成田)-モントリオール便について。

flight5.JPG

Montreal-Pierre Elliott Trudeau International Airport(YUL)への直行便は2018年6月2日より就航しました。
それまではエアカナダを利用する場合は、トロントやバンク―バーでの乗り継ぎ。ほかのエアラインでは北京や上海での乗り継ぎ、もしくはシカゴやニューヨーク、ボストン等での乗り継ぎが必要でした。特にアメリカ経由の場合はESTAの申請も必要でした。
直行便でのモントリオールへの飛行時間は約12~13時間と長いフライトになりますが、乗り継ぎがなく行けることはとってもありがたいですね。

flight1.JPG
flight2.JPG

使用機材はボーイング787-9です。
今回は0歳のベビー連れということもあり、シグネチャークラス(ビジネスクラス)を利用しました。シート幅も広く、フルフラットの状態でベビーと添い寝ができたので、長いフライトといえどもとても快適でした。また、機内も白を基調としていて明るく、清潔感がありました。
エコノミークラスでも体重12kg未満であればバシネットを利用できるので、長距離路線では特に重宝します。どのクラスでもベビーカーは子どもひとりにつき、1台無料で持ち込みできます。

flight3.JPG
flight4.JPG
モントリオールに到着すると、表示はすべてフランス語と英語のダブル表記。
ケベックは本当にフランス語圏なのだということを早速実感します。

秋は上空からも色鮮やかに染まった紅葉が、冬には一面真っ白の雪景色がのぞめます。
直行便ができたことでより行きやすくなったモントリオール、ぜひ足を運んでみてください!

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。

Riekoさん

カナダ・モントリオール特派員のRiekoさんが現地から北米地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

いっしょに読みたい 関連記事

最近の画像

画像一覧へ

カテゴリーから記事を探す

月別記事一覧

特派員プロフィール

カナダカナダ/モントリオール特派員
名前:Riekoさん

Riekoさん

日本での出産を経て、主人の転勤に伴い家族でモントリオールに移住。初めての子育てと初めての海外生活でハラハラ楽しみながら日々を過ごしています。 趣味は旅行で、カメラ片手に新しい場所に行って街並みを見たり人と触れ合うことが大好きです。観光地としての情報はもちろん、子育て関連の情報も含めてモントリオールの魅力をたくさん発信していきたいと思います。 DISQUS ID @disqus_VoP4rjZnoI

モントリオール特派員トップにもどる

その他のカナダの特派員

モントリオールを旅する

その他のエリアから探す

特派員募集中!

日本国内、海外を問わず特派員は随時募集しております。ご興味のある方はぜひご応募を!

モントリオール特派員トップにもどる

トップ > 北米 > カナダ > モントリオール特派員 > 成田から直行便でモントリオールへ!

PC版で表示

運営会社と個人情報保護について