トップ > 中南米 > ウルグアイ > モンテビデオ特派員 > (お知らせ)ウルグアイ郵便 ストによる配達(無期限)遅延

ウルグアイウルグアイ/モンテビデオ特派員ブログ

(お知らせ)ウルグアイ郵便 ストによる配達(無期限)遅延

カテゴリー:お知らせ 投稿日:2012年8月 9日

Logo_Correo_Uruguayo_color.jpg

現在、ウルグアイ郵便の機能はストップしています。


ウルグアイ郵便の労働組合は、7月頭よりストに入り、集配業務が行われておりません。

海外から来た荷物も、全てカラスコ空港で止まっています。
妥結・業務再開の目処はまだ立っていません。


ですので、お急ぎの方でウルグアイに書簡・荷物を確実に送りたい方は、FedExおよびDHLの民間サービスを利用されるほうがいいでしょう。

リンク:日本郵便お知らせ


...さて、それでモンテビデオ市民の生活は郵便無しでどうなっているのか?ですが。
別にどうもなっていません。

と言いますのも、ウルグアイでは郵便も過去からストをしてきた歴史があり、さらに過去には郵便物を焼却してしまった事もあるらしく、基本的にあまり信用されていません。

(個人的にはストさえしなければ、機能自体はわりと信用できるほうだと思ってるんですが。南米にしては。)


ですので、公共料金の請求書はそれぞれの会社が配送し、その他の請求書・書類についても、民間の配達会社に委託している場合が殆どです。


(ウルグアイのcitibankから来た書簡も、民間の会社が使われてました。)

citi.jpg

小包も、いざとなれば民間のバス会社が各地方のバスターミナルまでなら荷物をバスに積んで運んでくれるサービスがありますので、それを使えば事は足ります。


と言う事で、影響を受けているのは、ウルグアイの民間会社がサービスを提供できてない分野、国際郵便になります。もちろん、FedExやDHLもありますが料金はかなり高くなりますのでいつでも誰でも代替できるわけではありません。

...そうなってくると、ストの意義はどこに出てくるのか。

国際郵便を良く使うであろう外国人、またはたまに国際郵便を送るけど、FedExやDHLをほいほい使えない一般庶民に不利益をもたらすだけで、なんとまあ賃上げが勝ち取れるのか怪しい程のストの社会的インパクトの低さ。

ですがこのストによりウルグアイ郵便への国民の不信感は確実に増します(というか既に信頼はあまり無いと言うか)。

労働者の運動と言うと安易にストを行って、いたずらにみんなしてお互いの生産性を低め合ってるのがこの国のお家芸と言えばそれまでなのですが、いい加減この傾向、変わってくれないかなあと切に願ってます。

なんせ私の冬服、段ボール3箱分もカラスコ空港で止まってますので!!
春になっちゃいますよ...。とほほ。

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。

Mariana

ウルグアイ・モンテビデオ特派員のMarianaが現地から中南米地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

いっしょに読みたい 関連記事

最近の画像

画像一覧へ

カテゴリーから記事を探す

月別記事一覧

特派員プロフィール

ウルグアイウルグアイ/モンテビデオ特派員
名前:Mariana

Mariana

モンテビデオ特派員トップにもどる

その他のエリアから探す

特派員募集中!

日本国内、海外を問わず特派員は随時募集しております。ご興味のある方はぜひご応募を!

モンテビデオ特派員トップにもどる

トップ > 中南米 > ウルグアイ > モンテビデオ特派員 > (お知らせ)ウルグアイ郵便 ストによる配達(無期限)遅延

PC版で表示

運営会社と個人情報保護について