トップ > オセアニア > オーストラリア > メルボルン特派員 > ミニチュアトイを集めよう

オーストラリアオーストラリア/メルボルン特派員ブログ

ミニチュアトイを集めよう

カテゴリー:ショッピング・雑貨・お土産 投稿日:2021年10月14日

main.jpg

104日、これまで最長日数を記録していたアルゼンチンのブエノスアイレスを制して、世界最長ロックダウンに躍り出たメルボルン。先頃発表された新型コロナウイルス対策のロードマップによると、ロックダウンの解除は今月26日まで待たなければならないようです。新規感染者が連日最多人数を更新中の重い空気のなか何か楽しみはないかと思っていたら、大手スーパーマーケットのおまけがもらえるプロモーション「ウールワース・ブリックス(Woolworths Bricks)」が始まっていました。


大手スーパーのプロモーション

package.jpg

ロックダウン中の外出制限で不要不急の外出が禁止、行動範囲も制限されるなか、おもな外出先が近所のスーパーマーケットになって2ヵ月が過ぎました。オーストラリアには大手スーパーマーケットチェーンがふたつあり、ここ数年、さまざまなミニチュアトイのおまけがもらえるプロモーションをしています。コールズ(Coles)ではスーパーでおなじみの食料品・生活雑貨や絵本、Woolworths(ウールワース)ではディズニーやマーベルなどのOoshies(ウーシーズ:オーストラリア製のプラスティック製親指大の人形)、やミニ菜園が配られ、そのたびにSNSで話題になるだけでなく、ネットオークションでもレアアイテムを中心に売買されるほどの人気です。


■30ドル以上の買い物で1個もらえる

inside&box.png

そして、9月から全国で始まったのが「ウールワース・ブリックス」で、これまでのプロモーションと同様、店舗またはオンラインで購入額30ドル(約2500円、2021年10月13日現在)ごとに1個もらえます。今回のおまけはレゴ風ブロックで、商品棚、ショッピングカート、冷凍棚、人形など全40種類あり、ボーナス商品を買うと2個もらえます。店頭で売られているブロックを配置するための大小のスターターキットを買えば、自分好みのスーパーマーケットが作れます。ブロックはリサイクル素材を80%以上利用していてリサイクル品としても承認されているため、不要になったブロックは店内の専用リサイクル箱に戻せば再利用されるそうです。


子供よりも大人がはまる?

ad.jpg

筆者ももちろん、ブロックの「対象年齢5歳以上」の大人ですが、毎回まんまとスーパーの術中にはまってしまう大人は多いようです。会計時にレシートにいくつもらえるかが表示されるので、おまけの入ったカバンを持った係員にレシートを見せればランダムで手渡してくれます。ただし、何がもらえるかは袋に入っていてわからないので、アイテムが重なってしまった場合は友達や友達の子供とトレードしてもらいます。全種類を制覇するとなると30ドル×40種類で1200ドル(約10万円、同上)の出費ですが、大人数の家族なら難なく集められそうです。ちなみに、毎回レアアイテムが混ざっていて、今回は金色のショッピングカートと人形がシリアルナンバー付きで500個入っているそうです。


■過去のレアアイテムは10万ドルにも!

past promo.jpg

SNSでは恒例の専用コミュニティができているほか、未開封・開封済のものに値段がついて売られています。とくに発売早々に完売となった10ドルのトラックは70~120ドル(約5800~1万円、同上)の値で売買されています。また以前「ライオンキング」のプロモーションのときは、レアアイテムのシンバに10万ドル(約835万円、同上)、「スターウォーズ」のときは赤ちゃんヨーダに9万9400ドル(約830万円、同上)の値がつきました。一方で、スターターキットの品不足、幼児の窒息、部品の不備などの問題も取り上げられています。とはいうものの、今回も子供よりも(筆者も含めて)大人の方が盛り上がっているようです。



〈参考サイト〉

https://www.woolworths.com.au

https://anicehome.com.au/keith/woolworths-bricks-not-lego-review-checklist/

https://www.7news.com.au/lifestyle/food/confirmed-the-rare-woolworths-bricks-pack-that-you-need-to-know-about-c-3917016

https://www.news.com.au

https://www.kidspot.com.au

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。

加藤 伸美 さん

オーストラリア・メルボルン特派員の加藤 伸美 さんが現地からオセアニア地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

いっしょに読みたい 関連記事

最近の画像

画像一覧へ

カテゴリーから記事を探す

月別記事一覧

特派員プロフィール

オーストラリアオーストラリア/メルボルン特派員
名前:加藤 伸美 さん

加藤 伸美 さん

神奈川県藤沢市出身。1999年に結婚を機に来豪し、パース、シドニー、メルボルンと転居。以来ライター兼翻訳者として働きながら、実はパティシエへの野望を抱いて資格を取得。大昔に旅行記、少し昔に翻訳児童書を出版。数年前から学生時代の続きとして海外旅行を再開し、おもに現地発着ツアーへの参加を趣味としている。特技は似顔絵ケーキ作りで、オーストラリアのスイーツに造詣が深い。
Instagram: https://www.instagram.com/noboo2017/ DISQUS ID @disqus_5AFVjJFvWv

メルボルン特派員トップにもどる

その他のオーストラリアの特派員

メルボルンを旅する

その他のエリアから探す

特派員募集中!

日本国内、海外を問わず特派員は随時募集しております。ご興味のある方はぜひご応募を!

メルボルン特派員トップにもどる

トップ > オセアニア > オーストラリア > メルボルン特派員 > ミニチュアトイを集めよう

PC版で表示

運営会社と個人情報保護について