トップ > オセアニア > オーストラリア > メルボルン特派員 > メルボルン4度目のロックダウンへ

オーストラリアオーストラリア/メルボルン特派員ブログ

メルボルン4度目のロックダウンへ

カテゴリー:生活・習慣・マナー 投稿日:2021年6月 5日

main.png

ビクトリアの全州を対象に、2021年5月27日深夜から7日間の予定で始まったコロナウイルスの制限措置(ロックダウン)は、期限の6月3日からさらに「少なくとも」7日間の延長となりました。昨年来、新規感染者ゼロを維持してきたビクトリアは、1週間前に見つかったたったひとりの感染者から、またたく間に州内各所でクラスターが発生する事態になり、6月4日の新規感染者からは、変異種のデルタ(インド株)も発見されています。サーキット・ブレーカー(遮断措置)としての今回の措置と同時に、検査とワクチン接種が急ピッチで進んでいます。


■4回の陰性結果が一転して陽性に
4月中旬、インドから南オーストラリア州経由で帰国した30代の男性が、アデレードの検疫用ホテルで受けた4回の検査が陰性だったため、14日間の隔離期間を終えて5月4日にメルボルン北部の自宅に戻りました。ところが数日後、体調不良のためにコロナの検査を受けたところ陽性の結果となりました。州政府では男性が帰宅してから検査結果が出るまでの期間に立ち寄った場所を追跡調査するほか下水道のウイルス検査をするなどして、男性との接触の可能性が考えられる場所を特定・公開し州民への注意と検査を呼びかけてきました。25日午後6時からは、コロナ禍前の普通の生活にほぼ戻っていた全州に対し、自宅への訪問者数・集会の人数制限と、3月に解除されていた屋内外でのマスク着用を再び強制としました。


■制限内容はステージ4とほぼ同じ
27日昼、ジェームス・マリノ知事代理(ダニエル・アンドリューズ州知事は怪我で療養中)による記者会見で、同日午後11時59分からのサーキット・ブレーカーのための7日間のロックダウンが発表されました。内容は基本的には昨年のステージ4の制限措置とほぼ同じもので、外出は自宅から半径5km圏内と制限されたうえで、「1世帯1名1日1度まで生活必需品の買い物」「介護・医療」「同伴者1名までの屋外での2時間以内の運動」「必要不可欠な通勤・通学」「コロナ検査とワクチン接種」だけに限られます。自宅訪問は禁止、学校の授業はリモート、ジムや図書館を含む各種施設の閉鎖、自宅訪問、屋内外での集会の禁止、小売店舗の閉鎖、飲食店は持ち帰りのみなどです。そして期限切れの6月3日を前に、制限措置はビクトリア州都市部では「少なくとも」7日間の延長となりました。ただし外出範囲は自宅から5km圏内が10km圏内に、11、12年生(日本の高校2、3年生)のみは通学再開、州内の都市部から地方の地域への移動は不可です。一方で州内地方の地域では制限内容は大幅に緩和されました。


■遅れているワクチン接種

clinic.jpg
オーストラリアのワクチン接種プログラムは今年2021年2月2日から始まりました。ワクチンは英アストラゼネカ製と米ファイザー製で、国内在住者はたとえ旅行者でも誰でも無料で接種できます。プログラムは5つのグループに分け、まずは検疫官や入国管理官、医療関係者のような感染リスクの高い人々、続いて高齢者、5月になると50歳以上まで対象が広がりました。当初中央政府は、3月中に国民の約15%にあたる400万人への接種を終え、10月末までに全国民への接種の完了を目指していましたが、ワクチンの不足(EUによるワクチン輸出の停止や国内製造の遅れなど)、国内全体で感染を抑え込んでいる国民の安心感、副反応への不安などの理由から、4月中旬になっても接種人数は約130万人に留まり、6月3日現在の接種状況は約480万人(うち、ビクトリア州は約56万人)です。ビクトリア州は今回のクラスターを受け、接種グループが40~49歳まで引き下げられ(4月からは、血栓症の副反応を憂慮して、ファイザー社製は50歳以下、アストラゼネカ社製を50歳以上に接種)、接種センターやクリニックでの接種が急ピッチで進められています。


6月4日の新規感染者は6人(デルタを含む)、療養中の患者は72人です。


<参考サイト>
https://www.dhhs.vic.gov.au/covid-19-chief-health-officer-update
https://covidlive.com.au/
https://www.health.gov.au/resources/publications/total-number-of-people-vaccinated-for-covid-19-in-australia-7-march-2021
https://www.coronavirus.vic.gov.au/how-we-live

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。

加藤 伸美 さん

オーストラリア・メルボルン特派員の加藤 伸美 さんが現地からオセアニア地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

いっしょに読みたい 関連記事

最近の画像

画像一覧へ

カテゴリーから記事を探す

月別記事一覧

特派員プロフィール

オーストラリアオーストラリア/メルボルン特派員
名前:加藤 伸美 さん

加藤 伸美 さん

神奈川県藤沢市出身。1999年に結婚を機に来豪し、パース、シドニー、メルボルンと転居。以来ライター兼翻訳者として働きながら、実はパティシエへの野望を抱いて資格を取得。大昔に旅行記、少し昔に翻訳児童書を出版。数年前から学生時代の続きとして海外旅行を再開し、おもに現地発着ツアーへの参加を趣味としている。特技は似顔絵ケーキ作りで、オーストラリアのスイーツに造詣が深い。
Instagram: https://www.instagram.com/noboo2017/ DISQUS ID @disqus_5AFVjJFvWv

メルボルン特派員トップにもどる

その他のオーストラリアの特派員

メルボルンを旅する

その他のエリアから探す

特派員募集中!

日本国内、海外を問わず特派員は随時募集しております。ご興味のある方はぜひご応募を!

メルボルン特派員トップにもどる

トップ > オセアニア > オーストラリア > メルボルン特派員 > メルボルン4度目のロックダウンへ

PC版で表示

運営会社と個人情報保護について