トップ > オセアニア > オーストラリア > メルボルン特派員 > 怪談話でひと味違う観光を

オーストラリアオーストラリア/メルボルン特派員ブログ

怪談話でひと味違う観光を

カテゴリー:見所・観光・定番スポット 投稿日:2021年3月 8日

Main.jpg

夏と言えば怪談話。オーストラリアのカレンダー上の夏は12月から2月までで、今年2021年はそれほどの猛暑もなく、いつの間にか秋に入って1週間が経っていたという感じです。例年、3月は夏と秋を行ったり来たりしているので、夏が完全に終わる前に「メルボルンのゴースト・ストーリー」を紹介したいと思います。オーストラリアへの旅行はまだまだ先になりそうですが、コロナ禍が終息してメルボルンへ来る機会があればぜひ参考にしてください。ひと味違った観光ができるはずです。


旧墓地の跡に建つ地元民の台所―クイーン・ビクトリア・マーケット

QVM.jpg 市街北部に位置する「クイーン・ビクトリア・マーケット」は、地元の人たちの台所として、また観光スポットとしていつもにぎわっています。1878年にマーケットがオープンする前は、メルボルン最初の墓地(1837~1954年)として、ジョン・バットマン(メルボルンの創設者)をはじめとする初期開拓者1万人が埋葬されていました。マーケットの工事に際して墓が掘り起こされ、墓標のある1000体はほかの場所に移されましたが、ほとんどの遺体は埋まったままで、撤去された木製の墓標は薪としてくべられてしまったそうです。不審な音が聞こえたり目に見えない物がぶつかってきたりするほか、果物売り場では日没後に絞首刑の後に埋葬されていたとされる3人の盗賊の幽霊が目撃されています。

■ QUEEN VICTORIA MARKETS

Queen Street, Melbourne, Victoria 3000


夜間のゴーストツアーも催行―旧メルボルン刑務所

melgaol.jpg

RMIT大学シティキャンパスの校舎群に紛れるように建つ「旧メルボルン刑務所」は1850年代に建てられたメルボルン最古の刑務所です。1842年から1929年までの開に国民的ヒーローでもある盗賊のネッド・ケリーをはじめ、約130人の受刑者が絞首刑になりました。スタッフや訪問者に女性の声が聞えたり、姿が見えたり(近寄ってみると皮膚が解けて骸骨になってしまった)しているそうで、州内の女性として最初に死刑になったエリザベス・スコットの幽霊ではないかと言われています。また、とくに17号室は不思議な現象が多く、部屋の奥に影が見えるほか、突然何者かにに引っかかれたり押されたりする人もいるそうです。夜間に施設内を巡る「ゴースト・ツアー」は人気アトラクションのひとつです。

■OLD MELBOURNE GAOL

377 Russell Street, Melbourne, Victoria 3000


有名オペラ歌手が「棲む」プリンセス・シアター

princesstheatre.jpg

ビクトリア州議事堂など州の政治の中心地であるスプリング通りに、フランスの第二帝政様式の華麗な外観が目を引く「プリンセス・シアター」。1886年のオープン以来、数々の有名作品を上演していることで知られるとともに、19世紀のイギリス人オペラ歌手フレデリック・フェデリーチが「棲む」ことでも有名です。フェデリーチは戯曲「ファウスト」の最終場面の上演中にからくりドアの裏側で心臓発作のために急死していたものの、カーテンコールにはほかの上演者と一緒に舞台に立って挨拶をしていたそうです。以来、フェデリーチの幽霊が場内で目撃されたり、誰もいないはずの通路ですれ違いざまに触れられるなどの現象が起きています。諸公演の初日にはフェデリーチへの敬意を表して、特定の席を空けておくのが習わしとなっているそうで、フェデリーチが姿を現すと公演が成功するとのジンクスもあるようです。

■PRINCESS THEATRE

163 Spring Street, Melbourne, Victoria 3000


■不倫の代償―マイター・タヴァーン

mitre.jpg

金融・ビジネスの中心街であるコリンズ通りとリトル・コリンズ通りを結ぶ裏通り「バンク・プレイズ」は。19世紀後半から20世紀初頭の金融系の古い建物が並び、ビクトリア州遺産にも登録されています。そのひっそりとした通りの中ほどに建つ「マイター・タヴァーン」は、政治家や芸術家らが集うパブとして知られてきました。斜向かいの現サベージ・クラブ(国内初の会員制のジェントルマン・クラブでクラーク男爵が創設)のビルには、慈善家でビジネスマン、オーストラリアで初めて爵位を与えられたタスマニア出身のルパード・クラーク男爵が、愛人コニー・ウォーと住んでいました。最終的にクラーク男爵に捨てられたコニーはその後パブに住むようになり自殺をしてしまいます。以来、夜になると白いドレスを着た女性の幽霊がバルコニーに現れると言われています。

■MITRE TAVERN

5 Bank Place, Melbourne, Victoria 3000


切り裂きジャックの真犯人?―ホージャー・レーン

hoiserlane.jpg

ガイドブックにも必ず紹介されているストリート・アートの宝庫「ホージャー・レーン」。数ある裏通りのなかでも特に有名で昼間は人のいないときがないほどですが、市内でも有数のゴースト・スポットでもあります。その多くは「黒いシルクハットをかぶった男を見た」「冷たい手に首元を絞められた」というもので、連続殺人犯フレデリック・ベイリー・ディ―ミングの幽霊ではないかと言われています。19世紀後半、イギリス生まれのディ―ミングは、最初の妻と4人の子供を殺害し自宅の下に埋めたあと、2番目の妻とともにメルボルンに移住してきました。2番目の妻も結局はディ―ミングに殺害されるのですが、ディ―ミングは当時ロンドンで発生していた未解決の連続殺人事件「切り裂きジャック」の犯人ではないかともみられています。

■ HOSIER LANE

Hosier Lane, Melbourne, Victoria 3000


■10番ホームの釣り人―フリンダース・ストリート駅

flinders.jpg

メルボルンの玄関口である「フリンダース・ストリート駅」は、1854年にオーストラリアで初めてオープンした汽車の駅です。通勤客、学生、観光客で常ににぎわい、1926年には世界で一番利用客の多い駅にもなったほどですが、ヤラ川に一番近い10番ホームはなぜかいつもひっそりしています。実はこの10番ホームでは、開拓時代から釣道具を持った「ジョージ」という男性が、柵の近くからヤラ川を見つめながら歩き出しやがて消えてしまう姿が目撃されています。当初その男性は、1902年に水死体として発見された川底掃除人のジョージ・マンスフィールドと思われたことからジョージと名づけられましたが、その後の調べで、船の事故で川に落ちたほかの男性の幽霊ではないかと言われるようになりました。

■FLINDERS STREET STATION

Flinders Street, Melbourne, Victoria 3000


有名なふたりの女性ヤング&ジャクソン・ホテル

youngandjackson.jpg フリンダース・ストリート駅の目の前に建つメルボルンで最も古く有名なパブのひとつ「ヤング&ジャクソン・ホテル」。19世紀後半、フリンダース駅周辺では多くの売春婦が客引きをしていたと言われ、夜に目撃されるパブの外に立つ女性の幽霊は、殺された売春婦ではないかと言われています。時代遅れの服で着飾った若くて美しい女性で、近づいてよく見てみると首元がぱっくりと裂けているそうです。また、同パブはフランス人女性をモデルに描いた油絵「クロエ」でも有名で、さまざまな人手にわたったあとにようやく近年ようやくパブに戻ってきました。第一次世界大戦など、オーストラリア軍が従軍した戦争では兵士たちがクロエ宛にラブレターを送るほどの人気で、現在は店内2階の「クロエのバー」に飾られています。

■YOUNG AND JACKSONS

Cnr Swanston & Flinders Sts, Melbourne, VIC 3000


〈参考サイト〉

https://www.timeout.com/melbourne/things-to-do/haunted-places-you-can-visit-in-melbourne

https://www.domain.com.au/domain-review/spooky-melbourne-10-places-to-visit-with-great-ghost-stories-442460/

https://amyscrypt.com/melbourne-haunted-young-jackson-ghost/

https://theculturetrip.com/pacific/australia/articles/12-things-you-didnt-know-about-flinders-street-station-melbourne/

https://whatsonblog.melbourne.vic.gov.au/ghost-stories-from-melbournes-princess-theatre/

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。

加藤 伸美 さん

オーストラリア・メルボルン特派員の加藤 伸美 さんが現地からオセアニア地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

いっしょに読みたい 関連記事

最近の画像

画像一覧へ

カテゴリーから記事を探す

月別記事一覧

特派員プロフィール

オーストラリアオーストラリア/メルボルン特派員
名前:加藤 伸美 さん

加藤 伸美 さん

神奈川県藤沢市出身。1999年に結婚を機に来豪し、パース、シドニー、メルボルンと転居。以来ライター兼翻訳者として働きながら、実はパティシエへの野望を抱いて資格を取得。大昔に旅行記、少し昔に翻訳児童書を出版。数年前から学生時代の続きとして海外旅行を再開し、おもに現地発着ツアーへの参加を趣味としている。特技は似顔絵ケーキ作りで、オーストラリアのスイーツに造詣が深い。
Instagram: https://www.instagram.com/noboo2017/ DISQUS ID @disqus_5AFVjJFvWv

メルボルン特派員トップにもどる

その他のオーストラリアの特派員

メルボルンを旅する

その他のエリアから探す

特派員募集中!

日本国内、海外を問わず特派員は随時募集しております。ご興味のある方はぜひご応募を!

メルボルン特派員トップにもどる

トップ > オセアニア > オーストラリア > メルボルン特派員 > 怪談話でひと味違う観光を

PC版で表示

運営会社と個人情報保護について