トップ > オセアニア > オーストラリア > メルボルン特派員 > コロナ禍・予想外の日本"長期"滞在②

オーストラリアオーストラリア/メルボルン特派員ブログ

コロナ禍・予想外の日本"長期"滞在②

カテゴリー: 投稿日:2021年1月 9日

main.melairport.jpg 前回、2020年3月に1ヵ月の予定で日本に一時帰国しながら、コロナ禍の影響で復路便がキャンセルを繰り返し、9ヵ月を経てようやくオーストラリア行きの飛行機に乗ることができた知人のBさんの話の前半を紹介しました。今回は、シドニー空港到着後、14日間の隔離措置プログラムを終了したものの、突然の州境封鎖に見舞われたBさんが、いかにメルボルン空港までたどり着き、予想外の日本「長期」滞在を終えることができたのかを紹介します。



■救急車で隔離ホテルへ搬送


hotel.jpg


12月19日朝にシドニー空港に無事到着。機内では、通常通りに入国カードの記入があったほか、到着時にバイオセキュリティ係官による面接があり、14日間のホテル隔離が必要となる旨の案内がありました。「ようやく上陸できたオーストラリアでしたが、窓の外は鬱々とした雨だったこともあり、うれしいとか安心したというよりも、これからどうなるのかな......?という不安の方が大きかったです」とBさん。飛行機を降り、入国審査(シドニー空港は自動のスマートゲート)もなく進んで行くと、広いフロアに数脚の椅子が並んでいました。そこで防護服を着た係官のほか医療関係者と思われるふたりから、渡航目的、シドニーでの滞在目的、自宅住所を聞かれたうえで、パスポート、永住ビザ、住所確認書類の提示を求められました。そのあと、通常の荷物受け取り場所へ行くとターンテーブルは稼働しておらず、仮設のPCR検査会場になっており、検温と問診の後にPCR検査を受けることになりました。Bさんはのどの痛みを"正直に"申告したため、救急車に乗せられて隔離ホテルへ搬送されることになってしまいました。無症状の人たちは空港バスに乗せられて隔離ホテルへ送られたと、あとから知ったそうです。





■クリスマス、年末年始をホテルで


food.jpg


ホテルには正面玄関からではなく、監視員のいる専用口から入りエレベータに乗って宿泊部屋のある階に送り届けられました。「最初の椅子の並ぶフロアでの係官、PCR検査、救急車に乗るまでと搬送、ホテルに着いてからと人が交代しながらもしっかりと付き添われて逃げ道はまったくなく、まるで犯罪者になったような気分でしたね」(Bさん)。ホテルでは隔離プログラムの説明書類一式が渡され、毎日の検査内容(血圧、体温、血中酸素濃度)と問診、隔離中の注意事項、隔離終了時の検査と条件などについて書かれていました。Bさんの部屋は10階の1ベッドルームタイプのコンドミニアムで、食事は朝食にシリアル、昼食にサンドイッチ、夕食に電子レンジ料理を基本として毎日3食配られましたが、掃除・洗濯の提供はありません。廊下に出ることすら禁止されているので、運動不足になるうえ、とにかく暇だったそうです。隔離プログラム終了予定日は新年1月2日なので、クリスマス、年越しともにホテルで迎えることになりました。





■まさかの州境閉鎖で目の前が真っ暗


airport2.jpg


隔離10日目(12月28日)と13日目にプログラム終了のためのPCR検査が行われ結果を待つちょうどその頃、年末にシドニーの一部で発生したクラスターの拡大を受け、1月1日23時59分からニューサウスウェールズ州からビクトリア州の入州が禁止になってしまいました(一部例外あり)。「もう、目の前が真っ暗になりましたね」(Bさん)。夕方になって陰性の結果とプログラム終了の通知を受け取ったものの、入州可能者の条件に適っていないため、ニューサウスウェールズ州保健省の隔離プログラム終了者専用窓口に問い合わせたところ、ビクトリア州で新たに14日間の隔離の可能性はあるものの入州はできるだろうとの回答でした。次にビクトリア州の担当省に問い合わせたものの明確な答えは得られず、それでも翌日の午後便でメルボルンへ向かおうとフライトの予約をしました。翌朝テレビでビクトリア州入州に許可証の申請が必要だと知ったBさんは慌ててオンラインで許可証の申請をするかたわら、日本出発前から当日までの旅程とそれを証明するチケットなどのレシート、隔離プログラム終了の通知、PCR検査の陰性証明など、思いつく限りの記録を揃えて2日の午後にシドニー空港へ向かいました。




■9ヵ月間を通して変わった人生観


documents.png


空港は閑散としており、チェックインカウンターではとくに書類を提示することもなく無事に離陸しました。機内も乗客率20%程度。そしていよいよ9月ぶりに到着したメルボルン空港の到着ゲートでは、防護服を着た人たちが「乗客ひとりにつきひと組の係官がぴったりつくという感じ」(Bさん)で、その場で事情を聞かれました。Bさんがシドニーでの隔離プログラムを終了してメルボルンに戻ってきた旨を伝えると、ほかの入州責任者らしき人のところへ案内され、隔離プログラム終了通知とこれまでの旅程、検査結果、入州許可申請の控えを示しながら説明しました。入州書類に記録されたあと、追加の隔離なしに晴れて空港ターミナルから出ることができました。「クリスマスも新年も隔離中のホテルで迎えることになり、コロナ禍の2020年にふさわしい年末年始だったと思います」とBさん。「いろいろありましたが、息子と長い間一緒に過ごすことができたのはとてもよかったと思います。そして、人生観も変わりましたね」(Bさん)。これまでは研究員として自分が追究したいことのためにひたすら働いてきた人生だったそうですが、今回の一件で社会の歪を目の当たりにしたことから、何か人の役に立ちたいと考えるようにもなったということです。


〈写真はBさん提供〉

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。

加藤 伸美 さん

オーストラリア・メルボルン特派員の加藤 伸美 さんが現地からオセアニア地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

いっしょに読みたい 関連記事

最近の画像

画像一覧へ

カテゴリーから記事を探す

月別記事一覧

特派員プロフィール

オーストラリアオーストラリア/メルボルン特派員
名前:加藤 伸美 さん

加藤 伸美 さん

神奈川県藤沢市出身。1999年に結婚を機に来豪し、パース、シドニー、メルボルンと転居。以来ライター兼翻訳者として働きながら、実はパティシエへの野望を抱いて資格を取得。大昔に旅行記、少し昔に翻訳児童書を出版。数年前から学生時代の続きとして海外旅行を再開し、おもに現地発着ツアーへの参加を趣味としている。特技は似顔絵ケーキ作りで、オーストラリアのスイーツに造詣が深い。
Instagram: https://www.instagram.com/noboo2017/ DISQUS ID @disqus_5AFVjJFvWv

メルボルン特派員トップにもどる

その他のオーストラリアの特派員

メルボルンを旅する

その他のエリアから探す

特派員募集中!

日本国内、海外を問わず特派員は随時募集しております。ご興味のある方はぜひご応募を!

メルボルン特派員トップにもどる

トップ > オセアニア > オーストラリア > メルボルン特派員 > コロナ禍・予想外の日本"長期"滞在②

PC版で表示

運営会社と個人情報保護について