トップ > オセアニア > オーストラリア > メルボルン特派員 > 外出できないメルボルン⑦  これは何でしょう?

オーストラリアオーストラリア/メルボルン特派員ブログ

外出できないメルボルン⑦  これは何でしょう?

カテゴリー:ショッピング・雑貨・お土産 投稿日:2020年9月24日

1)front.png

さて、これは何でしょう? オーストラリア名物・エミューの卵? 海外旅行へ行くと町のスーパーへ必ず行くという人も多いはず。筆者も旅行へ行くと、その国の文化が垣間見える気がして必ず立ち寄ります。この卵もオーストラリアのそんな食文化のひとつです。 1日の新規感染者数が21人(2020年923日現在)まで減り、来週からは制限措置緩和の第2段階に進めそうなメルボルン。もう少しだけ外出は控えて、買い物ついでにスーパーで見つけてきた不思議なモノを紹介します。



20年にして初の買い物
2)package.jpg


オーストラリアに暮らしてもう20年になりますが、この「パヴロヴァ・マジック」を買ったのはほんの数年前のことです。普段はゼリーミックスや缶詰フルーツと同じ棚の下の方にあり目立たないのですが、クリスマスの時期になると、ほかのインスタントのデザートと一緒に目立つ場所に移動します。入れ物がおもしろいので長い間気にはなっていたのですが、卵型なのでインスタントのカスタードだと思い込んでいたのと、オーストラリアのインスタントのデザートは激甘でおいしくないのでずっとスルーしていました。なのに数年前に買ったのは、自分で作る「パヴロヴァ」がなかなかうまく焼けずいたときに、オーストラリア人の友達が教えてくれたからです。カスタードの粉がそのまま卵型のプラスチック容器に入っている(こちらではかなりありがち)とばかり思っていたものの、容器を開けるとアルミ包装の中袋と詳細な手順がきちんと入っていたので少し驚きました。




オーストラリアかニュージーランドか?
3)contents.jpg


ところでパヴロヴァは、砂糖を加えたメレンゲ(卵の白身を硬く泡立てたもの)を低温のオーブンで焼き、表面はカリッとなかはふんわりした食感のクリスマスの定番デザートです。オーストラリアのクリスマスは真夏なので、サマーフルーツに彩られた白いメレンゲが見た目にもとても華やかです。オーストラリア発のこのデザートは、20世紀前半に活躍したロシア人の世界的バレリーナ、アンナ・パヴロヴァが由来とされ、彼女がオーストラリア公演で身につけた衣装の色とその美しい容姿にヒントを得て考案されたものだといわれています。ただこのとき、パヴロヴァはお隣りのニュージーランドでも公演を行っており、ニュージーランドのホテルのシェフが考案したとの説もあるほか、ニュージーランドでは「メレンゲ・ケーキ」としてすでに存在していた、オーストラリアでは「フルーツ詰めメレンゲ」というデザートのレジピがすでに出版されていたなど、その起源については両国間でいまだに決着がついていないそうです。




容器がそのまま計量カップに
4)process1.jpg


5)process2.jpg


パヴロヴァを手作りするとなると大量の卵白と砂糖が必要ですが、パヴロヴァ・マジックを使えば、必要な材料は水と砂糖だけです。しかもうれしいことに、容器がそのまま計量カップとして使えるので量る必要もありません。大きめのボウルに容器の器の部分で測った水とパヴロヴァ・マジックを入れ、電動ミキサーで泡立てるだけ。途中で入れる砂糖は、容器の蓋を使って計量します。手作りよりも簡単でしっかりしたメレンゲができます。あとはオーブンに入れて低温でゆっくりと焼いたら、表面を乾燥させるために一晩オーブン内に放置します。手作りだと、かなり気をつけていないと焼いている段階で薄茶色の焦げ目がついてしまいますが、このインスタントミックスは温度さえ守っていれば、真っ白なメレンゲが焼き上がります。ポイントは一晩オーブン内に放置して、表面をしっかり乾燥させることです。




お土産にも喜ばれそう
6)finish.jpg


仕上げはホイップクリームを乗せて、季節のフルーツで飾るだけ。パッケージの全量を使うと巨大なパヴロヴァができてしまうので、半分だけ使ったり、小さなパヴロヴァをいくつか作ったりするのもかわいいです。フルーツで飾るだけでなく、小さく絞ってアイスクリームの飾りにしたりレモンパイのトッピングにしたりもできます。日本では見かけないので、料理好きの友達へのお土産に喜ばれると思いますよ。

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。

加藤 伸美 さん

オーストラリア・メルボルン特派員の加藤 伸美 さんが現地からオセアニア地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

いっしょに読みたい 関連記事

最近の画像

画像一覧へ

カテゴリーから記事を探す

月別記事一覧

特派員プロフィール

オーストラリアオーストラリア/メルボルン特派員
名前:加藤 伸美 さん

加藤 伸美 さん

神奈川県藤沢市出身。1999年に結婚を機に来豪し、パース、シドニー、メルボルンと転居。以来ライター兼翻訳者として働きながら、実はパティシエへの野望を抱いて資格を取得。大昔に旅行記、少し昔に翻訳児童書を出版。数年前から学生時代の続きとして海外旅行を再開し、おもに現地発着ツアーへの参加を趣味としている。特技は似顔絵ケーキ作りで、オーストラリアのスイーツに造詣が深い。
Instagram: https://www.instagram.com/noboo2017/ DISQUS ID @disqus_5AFVjJFvWv

メルボルン特派員トップにもどる

その他のオーストラリアの特派員

メルボルンを旅する

その他のエリアから探す

特派員募集中!

日本国内、海外を問わず特派員は随時募集しております。ご興味のある方はぜひご応募を!

メルボルン特派員トップにもどる

トップ > オセアニア > オーストラリア > メルボルン特派員 > 外出できないメルボルン⑦  これは何でしょう?

PC版で表示

運営会社と個人情報保護について