トップ > オセアニア > オーストラリア > メルボルン特派員 > ビクトリア州・夜間外出禁止と店舗の閉鎖へ

オーストラリアオーストラリア/メルボルン特派員ブログ

ビクトリア州・夜間外出禁止と店舗の閉鎖へ

カテゴリー:生活・習慣・マナー 投稿日:2020年8月 6日

1)MelCity.jpg

前回のブログ更新をしたちょうどその日、ビクトリア州内の感染者数が2020年3月以来最多の732人に達しました。この1週間で州内の新型コロナウイルスに関わる状況と州政府の対策は連日のように更新されています。8月2日には「災害事態宣言」の発令とともに、先月のステージ3への逆戻り以来危惧されていたステージ4への移行も現実となりました。今回は、ますます厳しくなる制限措置の内容を紹介します。


「災害事態宣言」を発令

2)Cafe.jpg

飲食店は持ち帰りのみの営業が続いています。


州内のコロナウイルス感染者数が3月以来最多の732人、死亡者数が13人になった7月30日、ビクトリア州政府はこれまで州内の都市部と近郊に限っていたステージ3の制限措置を、州内南西部まで拡大(観光地として有名なグレートオーシャンロードのある地域)しました。また、職場でのクラスターが感染者増加の一因になっていることから、従業員が感染しながらも出勤したことがわかった場合には、雇用主からの州政府機関への報告が義務づけられました。そして感染者数が671人となった8月2日、州政府は州内での警察にさらなる権限が与えられる「災害事態宣言」を発令(2020年1月の州内での大規模な山火事のときにも発令)。また、同日午後6時からは、これまでステージ3だったビクトリア州の都市部をさらに厳しいステージ4へ、そのほかの州内地方の地域は5日からのステージ3の「ステイ・ホーム(自宅待機)」への移行を発表しました。都市部限定で義務化されていた公共の場でのマスク着用も、同日から州内全域で強制になりました。


夜間外出禁止、行動範囲は半径5kmまで

3)TtradingHour.jpg

24時間営業の大手スーパーも営業時間を大幅に短縮。


今回のステージ4への移行は、これまでと違って即日(当日午後6時から)施行され、まず午後8時~午前5時の夜間外出禁止令が出されました。翌日からはステージ3の①食料品などの生活必需品の買い物②自宅ではできない仕事や勉強③介護④運動、以外での外出の制限が「食料品など生活必需品の買い物は、一世帯1名が1日1度まで」「屋外での運動は2名まで」とさらに厳しくなったうえ、買い物や運動などの行動半径も「自宅から5km圏内」と制限され、夜間外出禁止令も含めて9月13日まで続きます。5日以降は特別な理由がない限りの結婚式も禁止となります。また、大学生、職業訓練校生、7月13日からの冬休み明けの新学期から登校が始まっていた公立校の11、12年生(日本の高校2、3年生)も、5日から自宅でのオンライン授業に戻ることになりました。州内の地方の地域でのステージ3「ステイ・ホーム(自宅待機)」は5日から施行されます。


「胸がつぶれるような思い」での記者発表

4)Tram1.jpg

ほとんど利用客のいないトラム車内。


ステージ4への移行は、ステージ3に戻った時点でメディアなどでも取り上げられ予想されてはいたものの、発表のあった2日は午前中から生活必需品の買い出しに急ぐ人たちでスーパーは混雑しました。そのあと、制限措置の詳細、とくにビジネスに関するものは翌日3日の午後に「本当に胸がつぶれるような思いですが......」とのダニエル・アンドリューズ州知事の前置きとともに、ステージ4の制限措置下の都市部とその周辺部での小売業、製造業、オフィスといったほぼ全ビジネスの6週間に及ぶ閉鎖が発表されました。このビジネス閉鎖の目的は、これまでの州内約170万人超(州の人口は約660万人、2019年)のコロナウイルス検査結果などの分析から職場での感染を重大視し、州内約100万人の労働者を職場に行かせないことでコロナウイルス感染の拡大を防ごうというものです。州保健省からは18の分野別に閉鎖、継続、作業上の制約や責務について記された詳細リストが発表されました。このなかで小売業でも引き続き営業を続けられるのは、飲食店(持ち帰りのみ)、スーパーマーケット、食料品店、酒屋、薬局、ガソリンスタンド、銀行、ニュースエージェンシー、(新聞、雑誌、文房具などを売る店)、郵便局とあるほか、オンラインで注文して店舗での受け取り、業者のみにハードウェア用品店も営業可となっています。また、食肉工場、倉庫、配送センター、大規模建設現場は大幅な人員削減の下で操業が続けられます。


強まる制限措置に早くも違反者続出

5)Tram2.jpg

トラム運転手の感染防止のため、最前列は使用禁止になっています。


4日になると、コロナウイルスへの感染や感染者との濃厚接触で自己隔離中の人たちへの、さらに厳しい制限と違反者への罰則が発表されました。また、制限措置下で営業が認められている業種の従業員は、雇用者から発行された就労許可証を携帯しなければなりません。また、巡回の警察官に軍の兵士を増員して歩行者と車の取り締まりを強化し、来週からは在宅確認のために一日4000世帯以上の戸別訪問をするとしています。一方で、60人のマスク未着用を含め、すでに161人が違反者として取り締まりの対象となっているそうです(8月4日現在)。7月5日午後発表の州内の新規感染者数は725人、死亡者数は15人です。


参考サイト:

https://www.vic.gov.au/coronavirus

https://www.dhhs.vic.gov.au/coronavirus

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。

加藤 伸美 さん

オーストラリア・メルボルン特派員の加藤 伸美 さんが現地からオセアニア地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

いっしょに読みたい 関連記事

最近の画像

画像一覧へ

カテゴリーから記事を探す

月別記事一覧

特派員プロフィール

オーストラリアオーストラリア/メルボルン特派員
名前:加藤 伸美 さん

加藤 伸美 さん

神奈川県藤沢市出身。1999年に結婚を機に来豪し、パース、シドニー、メルボルンと転居。以来ライター兼翻訳者として働きながら、実はパティシエへの野望を抱いて資格を取得。大昔に旅行記、少し昔に翻訳児童書を出版。数年前から学生時代の続きとして海外旅行を再開し、おもに現地発着ツアーへの参加を趣味としている。特技は似顔絵ケーキ作りで、オーストラリアのスイーツに造詣が深い。
Instagram: https://www.instagram.com/noboo2017/ DISQUS ID @disqus_5AFVjJFvWv

メルボルン特派員トップにもどる

その他のオーストラリアの特派員

メルボルンを旅する

その他のエリアから探す

特派員募集中!

日本国内、海外を問わず特派員は随時募集しております。ご興味のある方はぜひご応募を!

メルボルン特派員トップにもどる

トップ > オセアニア > オーストラリア > メルボルン特派員 > ビクトリア州・夜間外出禁止と店舗の閉鎖へ

PC版で表示

運営会社と個人情報保護について