トップ > オセアニア > オーストラリア > メルボルン特派員 > メルボルンのシンボル「トラム(市電)」で無料の観光スポット巡り

オーストラリアオーストラリア/メルボルン特派員ブログ

メルボルンのシンボル「トラム(市電)」で無料の観光スポット巡り

カテゴリー:交通・鉄道・航空 / 見所・観光・定番スポット 投稿日:2016年10月15日

1回目のブログの中で紹介した市電は、こちらでは「トラム(Tram)」と呼ばれ、メルボルンのシンボルとして親しまれています。乗り慣れないと、どこか近寄りがたく感じますが、一度慣れてしまうと中心街および近郊間を移動するときの強い味方になります。今日はトラムを利用した無料の観光スポット巡りについてお伝えします。


Tram 1.jpg



世界で最も規模の大きい市電網


街の最もにぎやかな所、フリンダース通り駅の前に立っていると、次から次にトラムがやって来るのが見えます。種類も多く、スタイリッシュな近代的なトラムもあれば、歴史を感じさせる古めかしいトラムもあります。メルボルンのトラム網は、都市の路面電車のシステムとしては、世界で最も大きなものです。

線路の全長 250km  電車数 493  路線数 25  停留所 1763


トラムの乗り方


最初のころは、各トラムに車掌が一人ついていたのですが、これも合理化の波に押され、1998年に車掌職が廃止になりました。その後、切符の自動販売機が導入されましたが、使い方がわかりにくいという声も聞かれ、何度か変更になり、その度に庶民を悩ませてきました。その一方で、街の外枠を回る環状線「シティー・サークル」だけは無料でしたが、それがなんと、2015年1月からは、町の中心街で乗るトラムはすべて無料、ということになったんです! 以下のマップの緑のところがフリーゾーンです。


Tram free zone.png

https://static.ptv.vic.gov.au/siteassets/PDFs/Maps/Network-maps/PTV_FreeTramZone_Map.pdf



このゾーン以外でトラムを使いたい場合は、「Myki」というカードを買います。このカードはメトロポリタンを走る電車、バス、トラムに使えます。売り場はフェデレーション広場にあるメルボルンのビジターセンター、または、メルボルン空港とサザンクロス駅のスカイバスのターミナルにあります。また、セブンイレブンだったらどの店でも売っています。無料ゾーンから間違って有料ゾーンに行ってしまった場合、見つかると罰金を取られます。この罰金、かなり高い($72で後払いだと$200以上)ですから、トラムに乗るときは目的地が無料ゾーンなのか有料ゾーンなのか、しっかり調べておいた方がよいでしょう。自分の行きたいところがどちらのゾーンにあるのか確かでない時や、使い分けが面倒くさい時は、「ビジター・バリュー・パック」がおすすめです。$14で$8分($6はカード代)の運賃が入っていて、市街地の観光スポットの入場料が割引になります。詳細は以下のリンクをご覧ください。



【Myki の使い方・買い方】

https://static.ptv.vic.gov.au/siteassets/PTV/PTV%20docs/Languages/PTV_myki-basics-brochure_Japanese.pdf



【Mykiで割引になる観光スポット】

https://static.ptv.vic.gov.au/PTV/PTV%20docs/Ticketing/1474601941/myki-Visitor-Value-Pack-Attractions-factsheet-June-16.pdf



トラムの停留所は通常道路の中央にありますが、このように、待合用の腰掛と雨除けのカバーのついた停留所もあります。停留所にトラムが止まっているときは、乗客が安全に乗り降りできるように、車はすべて、その手前で止まらなくてはいけません。

Tram 2.jpg



中心街の観光なら「シティーサークル」(ルート35)

Tram 3.jpg



シティーサークルが走る街の外枠には、観光スポットがたくさんあります。時計回り、反時計回りの両方向に走っているので、どちらに乗っても希望するところに行けます。

City circle.png

https://static.ptv.vic.gov.au/siteassets/PDFs/Maps/Network-maps/City-Circle-map.pdf

上のマップでは、茶色のアイコンが観光スポットになっています。トラムに乗って、好きなスポットが来たら降りて、見学した後、また乗れば、いくつものスポットを見ることができます。

出発は、街の中心、フリンダース通り駅からにしましょう。ただ、トラムに乗る前に、この駅の周りを探索することをお勧めします。上のマップの Aの部分が中心地です。下に拡大したものを示します。

Enlarged map.PNG

<歩き方>
① 駅の前に立ち、道路の対角線上にあるセント・ポール(St. Paul Cathedral)の大聖堂の壮大な建物を眺めてください。

Church.jpg




② 駅の東側のセントキルダ通りを渡ると、フェデレーション広場 (Federation Square)に出ます。前衛的な建築様式の建物が、れんがで敷き詰められた広場に立っています。ここでは、大きなスクリーンにスポーツの実況中継などが映し出されたり、ステージで様々な催し物が行われます。

Square.jpg



③ 広場の北側にあるフリンダース通りを横切ると、さっき見た大聖堂に行けます。そこで対角線上に振返ると、フリンダース通り駅の全貌が見えます。圧巻です。トラムに乗る前に、少し時間を取って大聖堂の中も見学すると良いでしょう。


Station.jpg



④ いよいよシティー・サークルに乗ります。反時計回りで乗ってみましょう。トラムの停留所は道路の中央で各信号の手前ですから、大聖堂からもう一度スワンストン通りを渡って、フリンダース通りの信号近くの停留所に行ってください。あずき色の古めかしいトラムに「City Circle」と書いてありますのですぐわかります。




このほかにも、シティーサークルには次のような観光スポットがあります。好きな所で降りて観光を楽しんでください。

Tourist spots.PNG

https://www.ptv.vic.gov.au/




記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。

Truong 説子

オーストラリア・旧メルボルン特派員のTruong 説子が現地からオセアニア地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

いっしょに読みたい 関連記事

最近の画像

画像一覧へ

カテゴリーから記事を探す

月別記事一覧

特派員プロフィール

オーストラリアオーストラリア/旧メルボルン特派員
名前:Truong 説子

Truong 説子

メルボルン特派員トップにもどる

その他のオーストラリアの特派員

メルボルンを旅する

その他のエリアから探す

特派員募集中!

日本国内、海外を問わず特派員は随時募集しております。ご興味のある方はぜひご応募を!

メルボルン特派員トップにもどる

トップ > オセアニア > オーストラリア > メルボルン特派員 > メルボルンのシンボル「トラム(市電)」で無料の観光スポット巡り

PC版で表示

運営会社と個人情報保護について