トップ > オセアニア > オーストラリア > メルボルン特派員 > 日本のパン屋?人気の日式パン屋「Bread Top」とは

オーストラリアオーストラリア/メルボルン特派員ブログ

日本のパン屋?人気の日式パン屋「Bread Top」とは

カテゴリー:レストラン・料理・食材 投稿日:2015年12月 4日

IMG_3098.JPG


トレイとトングで好きなパンを選び、レジで支払う。
日本ではおなじみベーカリーショップのスタイルです。ところが10年ほど前からメルボルンを始めシドニーなどの街中でもこのスタイルをあちらこちらで見かけるようになりました。
従来の欧米スタイルのベーカリーで売られているパンは、バゲット、食パン、ロールパンなどシンプルなもので、対面販売が主流でした。


IMG_3097.JPG

そこに登場したのが「日式(日本風の、日本の)」と言われるスタイルです。
その筆頭とも言えるのがブレッド・トップ(Bread Top)。漢字表記の店名では「包店」となります。

IMG_3099.JPG

ブレッド・トップはアジア系住民が多いボックスヒル(Box Hill)に2002年オーストラリア1号店が開店しました。


IMG_3093.JPG

ショーウィンドウからは、日本と同じようにたくさんの種類のパンが陳列されているのがわかります。
ではさっそく中に入ってみましょう。

IMG_3095.JPG


IMG_3096.JPG

焼きたてのパンの匂いにがします。そして棚にはクリームパン、コロネ、ドーナツ、惣菜パンなどが!そしてなんと、あんぱんまであります。


店内のショーケースにはチーズケーキやショートケーキなど。冷蔵ケースには焼きプリンやロールケーキなども販売されています。

IMG_3094.JPG

「見た目は日本っぽいのですが、味はどうなの?」と疑問を持つ方もおられるのではないでしょうか?

安心してください。ほぼ日本の味ですよ!

IMG_3146.JPG

IMG_3147.JPG

IMG_3155.JPG

パン生地の柔らかさはもちろん、中のフィリングも「ほぼ」日本で食べるあの味と言ってもいいのではないでしょうか。

IMG_3200.jpg


オーストラリアのパンとの違いはなんといっても食感。柔らかくてふわふわの口あたりがなつかしい!
ただし惣菜パンの具材は、よく見ると日本というよりもアジア感がでていいます。

1個$2(約180円〜)ほどと、物価が高めなメルボルンにしては手頃。旅行中の朝ごはんやオヤツ、夜食などにもピッタリです。


【データ】
ブレッド・トップ(Bread Top/包店)
住所:エリザベス・ストリート店(Elizabeth Street) 55 Elizabeth Street Melbourne , VIC 3000 ※他メルボルン内に3店舗あり。
Tel:(03) 9621 2188
営業時間:月〜水( 7:30 - 20:30)、木(7:30 - 21:00)、金(7:30 - 21:30)、土( 8:30 - 21:00 日(8:30 - 20:30)※エリザベス・ストリート店
URL:https://www.breadtop.com.au/

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。

逗子 マリナ

オーストラリア・旧メルボルン特派員の逗子 マリナが現地からオセアニア地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

いっしょに読みたい 関連記事

最近の画像

画像一覧へ

カテゴリーから記事を探す

月別記事一覧

特派員プロフィール

オーストラリアオーストラリア/旧メルボルン特派員
名前:逗子 マリナ

逗子 マリナ

メルボルン特派員トップにもどる

その他のオーストラリアの特派員

メルボルンを旅する

その他のエリアから探す

特派員募集中!

日本国内、海外を問わず特派員は随時募集しております。ご興味のある方はぜひご応募を!

メルボルン特派員トップにもどる

トップ > オセアニア > オーストラリア > メルボルン特派員 > 日本のパン屋?人気の日式パン屋「Bread Top」とは

PC版で表示

運営会社と個人情報保護について