トップ > オセアニア > オーストラリア > メルボルン特派員 > メルボルン郊外ドライブで発見!道路脇のストリベリーショップ

オーストラリアオーストラリア/メルボルン特派員ブログ

メルボルン郊外ドライブで発見!道路脇のストリベリーショップ

カテゴリー:自然・風景 / 見所・観光・定番スポット 投稿日:2015年11月 4日

P4110836.JPG

メルボルンを東に向かうこと30分。野生のカンガルーが生息し、ヤラ川が流れる州立公園を擁するワランダイト(Warrandyte)エリアからワイナリーが点在するヤラ・バレー(Yarrra Valley)までは、広大なファームや酪農地帯となっています。

車で走っているとよく見かけるのが道路脇で地場の野菜やフルーツ、乳製品などを売るスタンドや小さなショップ。
主に地元のファーマーが自分の畑で採れた作物などを販売しており、新鮮で物によってはスーパーなどよりも安かったりするので人気があります。
中には日本でも見かける無人スタンドもあったりします。

P4110834.JPG

P4110837.JPG

ヤラ・バレーへ抜ける山沿いの道端にあるワランダイト・ベリー・ファーム(Warrandyte Berry Farm)は知る人ぞ知る人気のストロベリー・ショップ。約35年前から続く家族経営のファームです。
すぐ裏手にある畑から手摘みされたいちごやトマトは、もちろん新鮮そのもの。現オーナーのフランシスさんによると常連のお客様も多く、中にはかなり遠くから訪れる人もいるとのこと。

オーストラリアでは真冬(7〜8月)の2ヶ月はショップはお休みですが、それ以外はほぼ毎日オープンしています。ちなみにいちごの一番の食べごろは春から夏(11〜3月)だそうです。
日本ではいちごは冬〜春の果物のイメージがあるので、不思議な感じがしますね。

P4110839.JPG

P4110838.JPG

ワゴンで野菜などと一緒に販売されている自家製のジャムは甘さ控えめなのが嬉しい。
隣のスタンドでは新鮮な自家製のいちごを使ったスイーツが大人気。いちごスムーチーや、いちごパフェなどが味わえます。

P4110835.JPG

オーストラリアのいちごはちょっと甘さよりも酸味が強いのが特徴。そのままでも楽しめますが、アイスクリームなどと合わせると美味しさが引き立ちます。
スーパーなどでも年中見かけますが、これからが旬のいちご。機会があったらぜひ食べてみてください。

【データ】
ワランダイト・ベリー・ファーム(Warrandyte Berry Farm)
住所:449-451 Warrandyte-Ringwood Rd, Warrandyte South VIC 3134
電話:03 9844 2178
参考Web:https://ja.foursquare.com/v/warrandyte-berry-farm/4db654470437fa536a54df2c
アクアス:車のみ。Eastern Freeway(M3)のRingwood Exitから公道で15分ほど。

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。

逗子 マリナ

オーストラリア・旧メルボルン特派員の逗子 マリナが現地からオセアニア地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

いっしょに読みたい 関連記事

最近の画像

画像一覧へ

カテゴリーから記事を探す

月別記事一覧

特派員プロフィール

オーストラリアオーストラリア/旧メルボルン特派員
名前:逗子 マリナ

逗子 マリナ

メルボルン特派員トップにもどる

その他のオーストラリアの特派員

メルボルンを旅する

その他のエリアから探す

特派員募集中!

日本国内、海外を問わず特派員は随時募集しております。ご興味のある方はぜひご応募を!

メルボルン特派員トップにもどる

トップ > オセアニア > オーストラリア > メルボルン特派員 > メルボルン郊外ドライブで発見!道路脇のストリベリーショップ

PC版で表示

運営会社と個人情報保護について