トップ > オセアニア > オーストラリア > メルボルン特派員 > オーストラリアのガソリンスタンドの利用法 給油もコンビニも

オーストラリアオーストラリア/メルボルン特派員ブログ

オーストラリアのガソリンスタンドの利用法 給油もコンビニも

カテゴリー:交通・鉄道・航空 投稿日:2015年6月25日

 空港からレンタカーをして目的地や宿泊先に向かう人もいるのではないでしょうか?
 
 オーストラリアはなんといっても広いです。メルボルンでもシティやその近郊は、電車、トラム、バスと公共交通が整備されており移動にはなかなか便利です。
 でも、ちょっと遠出をするとなると、移動手段は「車だけ」ということもあります。今回はレンタカーを借りてガソリンスタンドに立ち寄った時の利用法をお伝えいたします。

IMG_2174.jpg


 オーストラリアのガソリンチェーンはcaltex(カルテックス)、Shell(シェル)、BP(ビーピー)、United(ユナイテッド)などをよく見かけると思います。
 給油の種類は主に以下の3種類です。

 Unleaded(無鉛)=いわゆるレギュラーガソリン
 Diesel(軽油)=ディーゼル車専用
 LPG(LPガス)=LPガス車専用。日本ではタクシーなどに多い

IMG_2175.jpg


 特に指定がない場合は日本と同じようにUnleaded、つまりレギュラーガソリンを給油します。

 まずガソリンスタンドに車を入れてて、空いている場合は自分が乗っている車の給油口側に車を寄せます。給油する車で混雑している時は、後続車の邪魔にならないように、そのまま車で列に並びます。
 
 基本的に「セルフ」で「後払い」です。なのでまずは給油をします。
 日本でセルフのガソリンスタンドを利用したことがあると、プロセス的には似ているのではないかと思います。

IMG_2176.jpg

 レギュラー、ハイオクとあります。ノズルを持つとパネルに1Lあたりの値段が表示されます。給油が終了したら、パネルの上にある番号を確認します。

IMG_2177.jpg

 車をロックして、支払いに向かいます。この時に他に車内に大人がいなければ、小さいお子さんも一緒に連れて行きます。ただし給油中は、外に出してはいけません。


 給油だけではなく、ガソリンスタンドは日本のコンビニにようです。ATMがあり、コーヒーが買え、スナック菓子や中には簡単なファストフードが食べられることもあります。
 ただし、スーパーなどで買うよりもかなり割高な価格設定になっています。それでも、何もない郊外を長時間ドライブした時は休憩を兼ねて、一息つけるのはありがたいです。


IMG_2178.jpg

 会計時にcaltexの場合は、Woolwrthsスーパーのポイントカードを持っているか聞かれることがあります。持っていて、以前に30ドル以上買い物をしていると、1Lあたり4c(約3.8円)引いてくれます。

 またShellの場合は、Colesスーパーで30ドル以上買い物をしていると、レシート直接1Lあたり4c(約3.8円)引いてくれるバーコードが印刷されます。こちらは提示するだけなので、短期滞在などの時は使いやすいです。

※どちらも利用できるガソリンスタンドには「SAVE 4C」と書いてあります。この表示がない場合は加盟店ではないので値引きなしです。

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。

逗子 マリナ

オーストラリア・旧メルボルン特派員の逗子 マリナが現地からオセアニア地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

いっしょに読みたい 関連記事

最近の画像

画像一覧へ

カテゴリーから記事を探す

月別記事一覧

特派員プロフィール

オーストラリアオーストラリア/旧メルボルン特派員
名前:逗子 マリナ

逗子 マリナ

メルボルン特派員トップにもどる

その他のオーストラリアの特派員

メルボルンを旅する

その他のエリアから探す

特派員募集中!

日本国内、海外を問わず特派員は随時募集しております。ご興味のある方はぜひご応募を!

メルボルン特派員トップにもどる

トップ > オセアニア > オーストラリア > メルボルン特派員 > オーストラリアのガソリンスタンドの利用法 給油もコンビニも

PC版で表示

運営会社と個人情報保護について