トップ > ヨーロッパ > フランス > マルセイユ特派員 > フランスの11月は菊と墓

フランスフランス/マルセイユ特派員ブログ

フランスの11月は菊と墓

カテゴリー:イベント・行事・お祭り 投稿日:2013年11月 1日

日本文化を説明した名作『菊と刀』をご存知の人も多いと思いますが、
フランスでは11月は「菊と墓」の日になります。
この月はフランス人が、死者を尊び、祈りを捧げる月となります。
11月1日はすべての聖人と殉教者を記念する祭日「諸聖人の日(Toussaint)
翌2日は「死者の日(Fête des morts)で、日本のお盆やお彼岸のように、
多くの人々が菊の鉢植えを持って先祖のお墓参りをします。
1395193_593675667358682_912329812_n.jpg (撮影 Shozo Yamamoto)

以前の記事 でも書きましたが、この日は家族が集い死者の霊を弔う日です。
普段は訪れる人もまばらな墓地が賑やかになり、お花畑と見まごうほどに
様々な菊の花で飾られると『菊と刀』をふと思い出します。
恩や義理は日本文化「固有」と言われていますが、一年に一度は
フランス人のにもご先祖様に対する恩や義理が訪れるようです。

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。

堀 泰子

フランス・マルセイユ特派員の堀 泰子が現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

いっしょに読みたい 関連記事

最近の画像

画像一覧へ

カテゴリーから記事を探す

月別記事一覧

特派員プロフィール

フランスフランス/マルセイユ特派員
名前:堀 泰子

堀 泰子

マルセイユ特派員トップにもどる

その他のフランスの特派員

マルセイユを旅する

その他のエリアから探す

特派員募集中!

日本国内、海外を問わず特派員は随時募集しております。ご興味のある方はぜひご応募を!

マルセイユ特派員トップにもどる

トップ > ヨーロッパ > フランス > マルセイユ特派員 > フランスの11月は菊と墓

PC版で表示

運営会社と個人情報保護について