トップ > ヨーロッパ > フランス > マルセイユ特派員 > 南仏の幸福シンボル セミの話

フランスフランス/マルセイユ特派員ブログ

南仏の幸福シンボル セミの話

カテゴリー:自然・風景 投稿日:2011年8月12日

南仏、プロヴァンス地方を旅行すると必ず一度は目にするセミグッズ。
セミはフランス語でCigale(シガル)。
小さいものは2-3cmのブローチから50cmは超えてしまうような巨大な陶器の壁掛け。
開けてびっくり玉手箱のような、ジジジ・・・とセミの声が聞こえる箱。
セミを形どった石鹸やお菓子、とにかくセミグッズにあふれいているプロヴァンスです。

photo (73).JPG

日本人がイメージするセミは地中で何年も過ごして、やっと地上に出てきたら
儚く短い命。あまり、幸せそうなイメージはありませんね。
それに、暑い夏、ミンミン鳴かれると暑苦しい?形もあんまり可愛くない。

フランス人のイメージは逆で、忍耐強い、太陽の申し子、夏、バカンスと
良いことばかりなのです。そして、幸福のシンボルと呼ばれているのです。
そして、セミには北限があって、南仏にしか生息していないのです。
パリでセミの鳴き声って聞きませんよね。

夏バカンスでプロヴァンスに訪れる人々は、あのセミの声を聞き
「あぁ~南仏だなぁ。太陽一杯。なんて楽しいのだろう~」と感じるのです。
ちなみにこちらのセミはミンミン鳴かないのです。どちらかというとジジジー♪
是非、幸福のバカンスは南フランスに是非どうぞ。

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。

堀 泰子

フランス・マルセイユ特派員の堀 泰子が現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

いっしょに読みたい 関連記事

最近の画像

画像一覧へ

カテゴリーから記事を探す

月別記事一覧

特派員プロフィール

フランスフランス/マルセイユ特派員
名前:堀 泰子

堀 泰子

マルセイユ特派員トップにもどる

その他のフランスの特派員

マルセイユを旅する

その他のエリアから探す

特派員募集中!

日本国内、海外を問わず特派員は随時募集しております。ご興味のある方はぜひご応募を!

マルセイユ特派員トップにもどる

トップ > ヨーロッパ > フランス > マルセイユ特派員 > 南仏の幸福シンボル セミの話

PC版で表示

運営会社と個人情報保護について