トップ > ヨーロッパ > フランス > マルセイユ特派員 > 南仏プロヴァンス ラベンダー街道巡り

フランスフランス/マルセイユ特派員ブログ

南仏プロヴァンス ラベンダー街道巡り

カテゴリー:見所・観光・定番スポット 投稿日:2011年7月 8日

この時期に南仏の来られる機会があれば、ぜひお勧めしたいのがラベンダー街道巡りです。
幾重にもラベンダー畑が広がり、紫の絨毯を敷き詰めたような光景は南仏の夏の風物詩です。
lavender field.JPG


南仏のラベンダーの季節は6月下旬から8月中旬までが見頃となります。
観賞用ではなく、あくまでも収穫用に育てているので花の最盛期に刈り取られます。
その年の気候条件によっても開花・収穫時期が違うので、行ってみたら
紫が緑の絨毯に変わっていたということも残念ながらあります。
今年は5月は真夏並みに暑かったので、開花時期が例年より早まり今満開を迎えています。
畑の中には、すでに収穫を始めたところももあります。


lavender flower.JPG


ラベンダーはLavandula属(ラヴァンデュラ)シソ科の仲間です。
南仏の代表ハーブのタイム、ローズマリー、バジルなどもシソ科です。
一般的にラベンダーと私たちが呼んでいるものは、トゥルー・ラベンダーですが
プロヴァンスで多く栽培されているものにラバンジンという自然交雑種もあります。
ラベンダーに比べると、残念ながら香りの質は劣りますが、大きさも2倍近くあり
採油量も2.5倍となります。写真はトゥルー・ラベンダーで香りも良く、
花束やドライフラワーとしても大変人気があります。


ガイド、コーディネーターという仕事柄、ラベンダー畑をご案内することも多いのですが
先日もアロマテラピストの方と一緒にラベンダー街道を巡ってきました。
ラベンダー街道も数多くありますが、今回はリュベロン山麓や
プロバンス地方の最高峰、標高1909mのヴァントゥー山の麓に広がる
ヴォークリューズ台地を中心に周遊してみました。


全身で様々なラベンダーを感じることができるところに連れて行って下さいという
リクエストに応じて、小さな村でおじさんが手作りしているラベンダーのはちみつや
オイル販売しているお店に立ち寄ったり、畑を観察したり、収穫中の作業を見学したりと
ラベンダー色の濃い1日でした。オートメーション化で、ほとんど機械で作業をしている
畑が多いのですが、手作業で刈り取りをしている場面も見ることができました。
lavender handcut.JPG

ラベンダー街道は公共機関を利用しての移動は非常に難しいので、
レンタカーやタクシー、またはツアーなどのご利用をお勧めします。

この場所をGoogleMapで確認する

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。

堀 泰子

フランス・マルセイユ特派員の堀 泰子が現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

いっしょに読みたい 関連記事

最近の画像

画像一覧へ

カテゴリーから記事を探す

月別記事一覧

特派員プロフィール

フランスフランス/マルセイユ特派員
名前:堀 泰子

堀 泰子

マルセイユ特派員トップにもどる

その他のフランスの特派員

マルセイユを旅する

その他のエリアから探す

特派員募集中!

日本国内、海外を問わず特派員は随時募集しております。ご興味のある方はぜひご応募を!

マルセイユ特派員トップにもどる

トップ > ヨーロッパ > フランス > マルセイユ特派員 > 南仏プロヴァンス ラベンダー街道巡り

PC版で表示

運営会社と個人情報保護について