トップ > アフリカ > モロッコ > マラケシュ特派員 > No121 : モロッコの食器メーカー COSEMA

モロッコモロッコ/マラケシュ特派員ブログ

No121 : モロッコの食器メーカー COSEMA

カテゴリー:ショッピング・雑貨・お土産 投稿日:2019年3月14日

私が、モロッコにハマった理由の一つに、食器があります。その中でも大好きなのは、フェズの国内磁器メーカー【COSEMA(コセマ)】です。
IMG_7094 (2).jpg



以前はコセマ社としてモロッコ国内をはじめヨーロッパでもコレクターがいるほど人気を博した磁器ブランドでしたが、工場が爆発し一族は離散しました。 一時期は全く手に入らない状況でしたが、再びマラテールとして生産を始めました。 モロッコ特有の繊細なモザイク模様が、職人の手で丁寧に施された人気の磁器商品は、モザイク模様など伝統的な絵柄をモチーフに描き、モロッコらしさ、アラブらしさを感じさせる食器に仕上がっています。
モロッコでは高級レストランやリヤドで使われていますが、生産数も少なく、日本ではなかなか手に入らないレアな品です。


モザイクや刺繍のような素敵な模様は如何にもアフリカとフランスの文化がmixされて生まれたもの。 フェズブルーが可愛い!可愛いお皿で食べるとテンションあがりますよね! IMG_7097 (2).jpg IMG_20160727_165652 (2).jpg


この馬のロゴは本当に貴重。 IMG_7542.jpg


現在、コセマの甥っ子?親族の方が始めた、【(マラテール)】というブランドがあります。マラケシュの新市街にお店があり、デザインも多くが同じなのですが、なんか、裏側の馬のマークに私は魅かれています。マラテールは王冠のマークです。 しかし!最近、マラケシュのメディナなどにもコセマがおおくなってきました。本物なのか、どうなのか、売れるからプリントした盗作なのかはわかりませんが、現状白いお皿ならまだしも...写真のような感じ。 IMG_5612.JPG


希少なコセマのデッドストックを多く扱う、フェズの食器屋さん「エタブリッスモン・ハスナウィ」というお店が、価格も良心的で、いつもこのお店で購入するんですが、商品が増えてる!と思ったら、工場が爆発する前に製作されたものと、新しい盗作というか、白い皿にプリント...?が混在しています。昔は、そんなことなかったのにな...。大量購入する外国人の影響でしょうか?昔から売れ残っているものとサイズが同じだと値段も一緒だし...このモロッコ人達は何を大事に物を作ったり、売ったりしているんだろうか?と、考えてみましたが、そもそもメディナに溢れてる偽ブランドを思えば別にこの国では普通なのかと...表面だけならコセマ楽しめる商品も多く割り切るのがいいのだろうか...。複雑な気持ちになります。 IMG_6995.jpg


最近はスーパーなどでもコセマのような柄のモノがふえてきました。このお皿も、コセマにそっくりですが... IMG_6214.JPG


裏は...違う。。。食器コーナーでガックリ_| ̄|○します。。。 IMG_6215.JPG


本物か、偽物か考えなければ、可愛い柄なので、いつか、このハリーラセット(ハリラ→モロッコのスープ)を食卓に並べる日を夢見ています。 IMG_7005 (2).jpg

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。

Shiho

モロッコ・マラケシュ特派員のShihoが現地からアフリカ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

いっしょに読みたい 関連記事

最近の画像

画像一覧へ

カテゴリーから記事を探す

月別記事一覧

特派員プロフィール

モロッコモロッコ/マラケシュ特派員
名前:Shiho

Shiho

2014年から2年間JICAボランティアとしてモロッコ王国の卓球のナショナルチームに派遣されベニメラルという街で生活。日本へ帰国後モロッコへの想いが捨てきれず11ヶ月後再びモロッコへ。現在は、可愛いものがたくさん溢れるマラケシュで2回目のモロッコライフ満喫中。イスラム文化とフランスのエスプリが交わる中で刺激的な毎日を送っています。 DISQUS ID @disqus_CukSbqCauv

マラケシュ特派員トップにもどる

その他のモロッコの特派員

マラケシュを旅する

その他のエリアから探す

特派員募集中!

日本国内、海外を問わず特派員は随時募集しております。ご興味のある方はぜひご応募を!

マラケシュ特派員トップにもどる

トップ > アフリカ > モロッコ > マラケシュ特派員 > No121 : モロッコの食器メーカー COSEMA

PC版で表示

運営会社と個人情報保護について