トップ > アフリカ > モロッコ > マラケシュ特派員 > No119:モロッコ旅⑪ 世界遺産 ヴォルビリス

モロッコモロッコ/マラケシュ特派員ブログ

No119:モロッコ旅⑪ 世界遺産 ヴォルビリス

カテゴリー:旅行・ツアー・ホテル / 見所・観光・定番スポット 投稿日:2019年2月21日

古都メクネスから車で1時間。紀元前1世紀に作られたと言われているこの遺跡は、突然緑広がる野原の中に、ぽっかり現れます。北アフリカで、最も保存状態がいいとされていて、Volubilis(ヴォルビリス)遺跡は世界遺産です。
IMG_0871.JPG



先日のブログでも書きましたが、入場料が10DHから70DHに値上がり!これにはびっくりでした!
IMG_5701.JPG


入り口を通り抜けると、ローカルガイドさんが案内しようか?と言ってくる。日本人とわかると、たくさん日本人の名前を「友達!」と言い出してくるが、必要なければスルーでOK!チケット売り場を背にして、順路に進むとすぐにトイレがあるので、先に行くのがおススメ。広いので戻ってくるのが大変です。あと、日差しを遮るものが何もないので、飲み物を持って行くのがベターだと思います。(駐車場に併設してある売店は閉まっていることの方が多い)


さて、遺跡を見に行く前に、最近OPENした資料館があるので、まずはそこで、ヴォルビリスについて簡単にお勉強。当時の地図を見たり... IMG_5704.JPG


遺跡から発掘されたものを見たり... IMG_5712.JPG


一通り見終わったら、いざ、小道を上がり、遺跡の方へ! IMG_5715.JPG


世界史に興味ない人にとっては、ただ、石がたくさん積んである...で終わってしまいますので、是非、ここにはテルマエロマエをみてから来るのをおススメします。テルマエロマエで見るような古代ローマ時代が広がっています!これは、ゼウスを祀るキャピトルから撮影した、バシリカ礼拝堂。 IMG_5797.JPG


紀元227年にアントニウスからカラカラ皇帝へ感謝を捧げ、建造されたと言われる凱旋門。 IMG_5839.JPG


一部メンテナンスできていないところもありますが、しっかりモザイク画を確認することができます。 IMG_6024.JPG


春はとても花が咲いていて綺麗ですよー。コウノトリもみることができます!2月終わりから3月くらいの時期がおススメです。 IMG_0867.JPG IMG_0938.JPG


ヴォルビリスまでの行き方ですが、公共交通機関では行けません。ムーレイ・イドリスから片道3.5㎞ほど歩くこともできなくはないですが、日差しが強いです。。。夕方は街灯もないのでおススメしません。筆者おススメの行き方をご紹介。
①メクネスからムーレイ・イドリスのグランドタクシー乗り場まで行く。10DH(120円/1DH=12JPY)
②ムーレイ・イドリス観光して、ムーレイ・イドリスのグランドタクシー乗り場でヴォルビリスを見てから、メクネスに帰りたいと伝える。200DH(2400円/1DH=12JPY)/1台貸し切り(ヴォルビリス観光時間要交渉この値段で、1時間から2時間くらい)
ヴォルビリスには看板が立っていますが、フリーのタクシーは、ほぼいません。メクネスからチャーターするのもありですが、相場300DHと言われています。なので、交渉ができる人は、ムーレイ・イドリスまで来てから、チャーターするのがおススメです。
メクネスにはグランドタクシー乗り場が2つあるのですが、ムーレイ・イドリス行きたいと言えば、プチタクシーの運転手は連れて行ってくれると思います。電車や、CTMのバス停からは少し、距離があるので、プチタクシーを使うことをおススメします。

IMG_5700.JPG


移動も考えると1日コースですが、モロッコに来たら是非、訪れてほしいおススメの場所です。自力で行くのはハードルが高いかもしれませんが、この地方の人は、フェズやマラケシュの観光地より人もスレテイナイ(...というのは、人それぞれではありますが)ので、モロッコの人の優しさに触れて楽しい旅ができると思います。是非、ムーレイ・イドリスと合わせて訪れてみてください。 IMG_0902.JPG
この場所をGoogleMapで確認する

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。

Shiho

モロッコ・マラケシュ特派員のShihoが現地からアフリカ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

おすすめ記事

いっしょに読みたい 関連記事

最近の画像

画像一覧へ

カテゴリーから記事を探す

月別記事一覧

特派員プロフィール

モロッコモロッコ/マラケシュ特派員
名前:Shiho

Shiho

2014年から2年間JICAボランティアとしてモロッコ王国の卓球のナショナルチームに派遣されベニメラルという街で生活。日本へ帰国後モロッコへの想いが捨てきれず11ヶ月後再びモロッコへ。現在は、可愛いものがたくさん溢れるマラケシュで2回目のモロッコライフ満喫中。イスラム文化とフランスのエスプリが交わる中で刺激的な毎日を送っています。 DISQUS ID @disqus_CukSbqCauv

マラケシュ特派員トップにもどる

その他のモロッコの特派員

マラケシュを旅する

その他のエリアから探す

特派員募集中!

日本国内、海外を問わず特派員は随時募集しております。ご興味のある方はぜひご応募を!

マラケシュ特派員トップにもどる

トップ > アフリカ > モロッコ > マラケシュ特派員 > No119:モロッコ旅⑪ 世界遺産 ヴォルビリス

PC版で表示

運営会社と個人情報保護について