トップ > アジア > フィリピン > マニラ特派員 > マニラにある「ウォーク・オブ・フェイム」 ケソン市、イーストウッド・シティ

フィリピンフィリピン/マニラ特派員ブログ

マニラにある「ウォーク・オブ・フェイム」 ケソン市、イーストウッド・シティ

カテゴリー:エンターテイメント・音楽・ショー / 文化・芸術・美術 / 見所・観光・定番スポット 投稿日:2014年10月 1日

徒然なるままに、マニラの北東部にあるケソン市はイーストウッド・シティを歩いていると、ロサンゼルスのハリウッド大通りにある、アメリカのショービズの成功者・功労者を顕彰する為の記念歩道「ウォーク・オブ・フェイム」を模した歩道があることに気づく

かつて、フィリピンにも映画の黄金時代があった。それは日本の黄金時代をも凌ぐ程に長く続き、1980年代にまで及んだという。映画の製作本数では永らく世界第一位の「ボリウッド」:インド映画、実質的に国際的な配給本数では世界一のハリウッドに続き、かつては世界第三位の製作本数を誇った。日本映画と比較するとより大衆的で商業的であり、日本では1960年代後半には総崩れとなったプログラム・ピクチャーが上手く行っていた訳だ。


アメリカのハリウッドの、MGMやパラマウント、イタリアのチネ・チッタ、日本の砧や太秦などの様な巨大な撮影所が、ここマニラにもかつては存在し、そのLVN撮影所は、今をときめく香港映画の撮影所のモデルにもなったという。フィリピン映画の名匠・エディ・ロメロ監督は、一方で小津安二郎に影響された国内向けに生み出され続けた秀作の一方では、アメリカ市場向けの、B級アクション/エログロ映画を公開し続けて、映画の本場アメリカで人気を博したこともある。

「ウォール・オブ・フェイム」イーストウッド・シティのシネコンには、往年のフィリピン映画の大スターの写真とデータがパネル展示されている。


**********************************************************************

まさに「銀幕のスタア」達。

しかし今は、その隆盛の見る影も無くなってしまった。丁度、日活映画のアクション大スターだった小林旭と存在感が似ているジョセフ・エストラダがフィリピン大統領になり、その彼の失脚後、これも日活の石原裕次郎に存在がダブる、国民的スターのフェルナンド・ポーJr.が華々しく大統領に立候補し、大接戦の末に当時の現職の女性大統領グロリア・アロヨに破れ、あろうことか、その心労の為でもあるのか選挙直後に早世した十年程前から映画産業の凋落は決定的となっていた。


フェルナンド・ポーJr.の父親のSr.も往年の大スターだった。また彼の主演アクション映画は、アメリカで公開され、ヒットしたこともある。(当ブログでもお馴染みのイントラムロスを舞台にした"Wall of Hell(64)")

**********************************************************************

あくまでも大衆娯楽作品が中心であったフィリピン映画は、日本の黄金期に生み出された、黒澤、小津、溝口を始めとした世界の映画史に残るような作品の数々を残しているとはいい難い。しかしここにもかつて、輝くスター達と、彼等に夢を託した庶民のシネマの天地はあったのだ。
彼等はどこに行ってしまったのだろう。

**********************************************************************

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。

Okada M.A.

フィリピン・マニラ特派員のOkada M.A.が現地からアジア地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

いっしょに読みたい 関連記事

最近の画像

画像一覧へ

カテゴリーから記事を探す

月別記事一覧

特派員プロフィール

フィリピンフィリピン/マニラ特派員
名前:Okada M.A.

Okada M.A.

マニラ特派員トップにもどる

マニラを旅する

その他のエリアから探す

特派員募集中!

日本国内、海外を問わず特派員は随時募集しております。ご興味のある方はぜひご応募を!

マニラ特派員トップにもどる

トップ > アジア > フィリピン > マニラ特派員 > マニラにある「ウォーク・オブ・フェイム」 ケソン市、イーストウッド・シティ

PC版で表示

運営会社と個人情報保護について