トップ > ヨーロッパ > フランス > リヨン特派員 > フランス リヨンで、隠れた名店の伝統料理を味わおう!

フランスフランス/リヨン特派員ブログ

フランス リヨンで、隠れた名店の伝統料理を味わおう!

カテゴリー:レストラン・料理・食材 投稿日:2020年2月17日

【フランス リヨン便り n°11】
ブション・リヨネ:カフェ・コントワール・アベル(CAFE COMPTOIR ABEL)


旅の目的は人それぞれ。旅先を選ぶとき、「何を観よう、何を食べよう」と思いを巡らせるはず。それぞれの土地に、場所を代表する「アイコン」的な存在があります。例えば、フランスのパリといえば「エッフェル塔」、エジプトのキザといえば「ピラミッド」、ベルギーのアントウェルペンといえば「ダイヤモンド」といったようにです。ではリヨンといえば、「ブション・リヨネ(Bouchon Lyonnais)」、その土地に行ったら外せない、マストアイテムです。


ブション・リヨネについては、こちらの投稿も閲覧していただければうれしいです。
「フランス リヨンで、伝統料理を味わおう」
https://tokuhain.arukikata.co.jp/lyon/2020/01/post_313.html

 

ABEL_LYON_10.jpg ABEL_LYON_21.jpg ABEL_LYON_11.jpg ABEL_LYON_09.jpg


リヨンのぺラシュ駅(Gare de Perrache)とベルクール広場(Place Bellecour)の間に、エネ地区(Quartier d'Ainay)と呼ばれる、リヨンの中でも歴史の古い地区があります。観光客も素通りしてしまう地区なのですが、地元の人に愛されリピーターで満席になるブション「カフェ・コントワール・アベル」があります。ブションとは、パリでいうところの「ビストロ(Bistrot)」、日本でいうところの「大衆食堂」に匹敵する料理店で、庶民的な食事処になります。
「カフェ・コントワール・アベル」の魅力は、店内のインテリア。エントランスの古めかしい木製ドアを開けると、レトロな店内の趣ある雰囲気に目を見張ります。人工的に造られたレトロさでなく、数えきれないほどの来客を迎えたテーブルや椅子、家具調度品、店内に灯りをともすシャンデリア、壁一面に飾られた絵画や版画、ポスター類など、創業1726年来の正真正銘のアンティークアイテムが時代の流れを今に伝えています。


ABEL_LYON_01.jpg ABEL_LYON_02.jpg ABEL_LYON_04.jpg ABEL_LYON_05.jpg ABEL_LYON_06.jpg ABEL_LYON_03.jpg


アラン・ヴィニュロン(Alain Vigneron)氏が「カフェ・コントワール・アベル」のシェフを務めておよそ40年が経ちます。メニュー内容を変えることなく、代々引き継がれてきたレシピを継承しながら、時代時代のテイストを加え、根強く愛され続ける料理を提供しています。
日本人にも食べやすい前菜は、リヨンソーセージのレンズ豆添え。レンズ豆はリヨン近郊の町、ル・ピュイ・アン・ヴレの特産品です。余談ですが、眼鏡や拡大鏡、顕微鏡など光学ガラスなどに用いられる「レンズ」という言葉は、当初作成された凸レンズがこのレンズ豆に形が似ていたからだそうです。
当店の人気料理は、モリーユ茸とチキンのクリーム煮。創業以来変わらず、鉄のグラタン皿で運ばれ、熱々の料理を楽しめます。定番デザートはプラリネタルト。昔ながらの味と形を守り、深みのあるプラリネの甘さは一度食べたら病みつきになる、魔力的なおいしさです。
何よりも印象的なのが、店員の笑顔ときめ細やかなおもてなし。初めて訪ねる方も、通い慣れた行きつけの店にきたかのようなくつろぎを覚えます。これがリピーターを生む理由なのでしょう。


ABEL_LYON_12.jpg ABEL_LYON_16.jpg ABEL_LYON_18.jpg ABEL_LYON_20.jpg


【カフェ・コントワール・アベル(CAFE COMPTOIR ABEL)】
・場所: 25 rue Guynemer 69002 Lyon France
・サイト: http://cafecomptoirabel.com/
・営業日: 12:00~14:30、19:30~22:00(金曜・土曜日は22:30まで)
 
 

この場所をGoogleMapで確認する

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。

マダムユキさん

フランス・リヨン特派員のマダムユキさんが現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

いっしょに読みたい 関連記事

最近の画像

画像一覧へ

カテゴリーから記事を探す

月別記事一覧

特派員プロフィール

フランスフランス/リヨン特派員
名前:マダムユキさん

マダムユキさん

リヨン在住20年。リヨン第二大学で美術史専攻。中世からルネサンス期の美術品・絵画・建築を得意とする。ワインとビールが生活の友。フランス現地手配会社を経営する。フランス リヨンの文化・芸術・建築を中心に、リヨン情報をお届けしたい。ツアー情報などのお問い合わせはこちら
facebook
Instagram DISQUS ID @disqus_HW7k4qEpRm

リヨン特派員トップにもどる

その他のフランスの特派員

リヨンを旅する

その他のエリアから探す

特派員募集中!

日本国内、海外を問わず特派員は随時募集しております。ご興味のある方はぜひご応募を!

リヨン特派員トップにもどる

トップ > ヨーロッパ > フランス > リヨン特派員 > フランス リヨンで、隠れた名店の伝統料理を味わおう!

PC版で表示

運営会社と個人情報保護について