トップ > ヨーロッパ > フランス > リヨン特派員 > フランス リヨンで、伝統菓子「ガレット・デ・ロワ」を楽しむ

フランスフランス/リヨン特派員ブログ

フランス リヨンで、伝統菓子「ガレット・デ・ロワ」を楽しむ

カテゴリー:イベント・行事・お祭り / レストラン・料理・食材 / 生活・習慣・マナー 投稿日:2020年1月 7日

【フランス リヨン便り n°6】
フランスでは、1月6日の公現祭(エピファニー)を祝って、フランジパーヌ(カスタードクリームとアーモンドクリームを合わせたクリーム)が入ったパイ菓子「ガレット・デ・ロワ(Galette des Rois)」を食べる伝統がある。お菓子の中にフェーヴと呼ばれる陶製の小さな人形が隠され、ジャック・ドゥミ監督『シェルブールの雨傘』のワンシーンにもみられるが、切り分けて食べたとき、フェーヴが当たった人は王冠が与えられ、祝福を受けて、幸運が1年間続くといわれる。


EPIPHANIE_2020_01.jpg EPIPHANIE_2020_02.jpg EPIPHANIE_2020_03.jpg EPIPHANIE_2020_04.jpg EPIPHANIE_2020_05.jpg EPIPHANIE_2020_06.jpg EPIPHANIE_2020_08.jpg EPIPHANIE_2020_09.jpg


公現祭(エピファニー)は、ギリシャ語のエピファネイア(現れ)を語源とし、復活祭、聖霊降臨祭とならびキリスト教の最も古い祝日のひとつ。異邦人である東方三博士の来訪により救い主イエスが見いだされた、つまり公に現れたことを記念するもの。7世紀からの伝承によれば、東方の三博士は三賢王で、メルキオール、ガスパール、バルタザールの3人であり、3つの大陸(アジア、アフリカ、ヨーロッパ)の象徴とのこと。
元来、クリスマス(12月25日)から数えて12日目の1月6日に祝うが、20世紀以降はフランスも含めて、1月の第一日曜日を公現祭とするところが多い。


「公現祭の日になぜガレット・デ・ロワを食べるのか」という素朴な疑問が生まれるが、どうやらガレット・デ・ロワとキリスト教とは宗教的な関係はなさそうだ。ガレット・デ・ロワの起源は古代ローマのサートゥルヌスのサートゥルナ―リア(農神祭)に遡り、餐宴で豆をひとつ入れたお菓子食べ分け、豆(フェーヴ)が当たった出席者を宴の王とする習慣があった。フランスでは14世紀頃から公現祭に豆やコインを隠したガレット・デ・ロワを食べる習慣が生まれるが、この習慣は異教的とみなされ、廃止する動きが幾度とみられた。それでも今日まで継承されたのは、ガレット・デ・ロワと隠されたフェーヴが東方三博士の供物の象徴とみなされたからであろう。


ガレット・デ・ロワは、フランスの地方ごとにレシピが異なるが、最も一般的なのはフランジパーヌが入ったパイ菓子で、ブリオッシュ生地で作るものはガトー・デ・ロワあるいはブリオッシュ・デ・ロワとも呼ばれる。いずれも、フェーヴを入れる習慣があるが、日本でいえば、おみくじの大吉のようなものであろうか。宗教に関係なく、当たれば嬉しいものである。


EPIPHANIE_2020_11.jpg EPIPHANIE_2020_12.jpg EPIPHANIE_2020_13.jpg

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。

マダムユキさん

フランス・リヨン特派員のマダムユキさんが現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

いっしょに読みたい 関連記事

最近の画像

画像一覧へ

カテゴリーから記事を探す

月別記事一覧

特派員プロフィール

フランスフランス/リヨン特派員
名前:マダムユキさん

マダムユキさん

リヨン在住20年。リヨン第二大学で美術史専攻。中世からルネサンス期の美術品・絵画・建築を得意とする。ワインとビールが生活の友。フランス現地手配会社を経営する。フランス リヨンの文化・芸術・建築を中心に、リヨン情報をお届けしたい。ツアー情報などのお問い合わせはこちら
facebook
Instagram DISQUS ID @disqus_HW7k4qEpRm

リヨン特派員トップにもどる

その他のフランスの特派員

リヨンを旅する

その他のエリアから探す

特派員募集中!

日本国内、海外を問わず特派員は随時募集しております。ご興味のある方はぜひご応募を!

リヨン特派員トップにもどる

トップ > ヨーロッパ > フランス > リヨン特派員 > フランス リヨンで、伝統菓子「ガレット・デ・ロワ」を楽しむ

PC版で表示

運営会社と個人情報保護について