トップ > ヨーロッパ > フランス > リヨン特派員 > フランス リヨンの伝統行事「光の祭典」、今年も凄かった!

フランスフランス/リヨン特派員ブログ

フランス リヨンの伝統行事「光の祭典」、今年も凄かった!

カテゴリー:イベント・行事・お祭り 投稿日:2019年12月15日

【フランス リヨン便り n°2】
「ナポリを見ずして死ぬことなかれ」ではないが、「リヨンの光の祭典を見ずして...」と断言できるほど、リヨンが世界に誇る「光の芸術」が今年も世界中から訪れた人々を魅了した。


2018年、4日間で180万人が訪問したというリヨンの「光の祭典(Fête des Lumières)」だが、今年はパリを中心に大規模なストライキが行われている中、それを上回る見込み。リヨンの「光の祭典」は今や、世界屈指のプロジェクションマッピングとイルミネーション技術が結集する、世界最大級の「光のイベント」である。


FETES_DE_LUMIERES_2019_2.jpg FETES_DE_LUMIERES_2019_3.jpg FETES_DE_LUMIERES_2019_4.jpg FETES_DE_LUMIERES_2019_5.jpg


そもそもの起源を辿れば、中世の時代に疫病ペストからリヨンを救ったとされる聖母マリアへの感謝を示し、窓辺にローソクを灯してリヨンの町を光で包む、「感謝の光」「祈りの光」が由来である。
リヨンと聖母マリアの歴史は古く、フルヴィエールの丘に聖母マリアに捧げる最初の教会が建立されたのは1168年のこと。1562年に、カトリックとプロテスタントの対立によって生じた宗教戦争によって、教会が崩壊されるが、リヨン人の願いで修復が繰り返された。1643年、南フランスから疫病ペストが蔓延し、その被害がリヨンへと広がってくる中、リヨンの人々は「ペストからリヨンの町をお守りください」と、聖母マリアに救いを求め、フルヴィエールの丘の頂上に聖母像を建立することを誓願したという。


それから200年後の1852年、リヨンの人々の念願叶って、彫刻家ジョセフ=ユーグ・ファビッシュ(Joseph-Hugues Fabisch)が手掛けた聖母マリア像がフルヴィエールの丘に建立され、9月に完成式典が予定された。しかし、悪天候によって、12月8日の聖母マリアの「無原罪の御宿り」を祝う日に延期され、そのときから、リヨン人にとって12月8日は特別の日となり、毎年12月8日に、窓辺にロウソクを灯して聖母マリアへの感謝を示すことが慣習となった。1989年12月8日から「光の祭典」と称し、リヨンの町はローソクの灯りに加えて、フルヴィエールの丘、歴史的建造物、川沿いや街並みが色彩豊かなイルミネーションでライトアップされ、1999年からは12月8日を含む4日間に開催期間が延長された。年を経るごとに照明技術が高まり、現在では、リヨン市の厳しい審査によって選ばれたアーティストの作品展示の場となっている。


今年は、12月5日から8日の4日間、リヨン中心部の36ヵ所で65作品が楽しめる。
テロー広場:タイトル「UNE TOUTE PETITE HISTOIRE DE LUMIERE」、制作「Spectaculaires, les Allumeurs d'Images」
市庁舎中庭:タイトル「THEATR'EAUX」、制作「CozTen」
フルヴィエールの丘とソーヌ川岸:タイトル「LES CUEILLEURS DE NUAGES」、制作「CozTen」
サン・ジャン大聖堂:タイトル「GENESIS」、制作「Rhéoriz Studio」
ベルクール広場:タイトル「PRAIRIE EPHEMERE」、制作「TILT et Porté par le Ven」
ジャコバン広場:タイトル「LUCIOLES」、制作「Atelier Erik Barray」
セレスタン広場:タイトル「LIGHTNING」、制作「Jérôme Donna」
レピュブリック広場:タイトル「LES LUMIGNONS DU COEUR」、制作「リヨン市」
サン・ポール駅:タイトル「DAYDREAMS」、制作「Artcom Diffusion」
ローヌ川沿い:タイトル「LUCIOLES」、制作「Atelier Erik Barray」


FETES_DE_LUMIERES_2019_9.jpg FETES_DE_LUMIERES_2019_8.jpg FETES_DE_LUMIERES_2019_11.jpg FETES_DE_LUMIERES_2019_14.jpg

【データ】
リヨン光の祭典(FETE DES LUMIERES LYON)
場所:リヨン市内36ヵ所
期間:2019年12月5日~12月8日
時間:2019年12月5日、12月8日19時~23時、12月6日、12月7日20時~24時
 

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。

マダムユキさん

フランス・リヨン特派員のマダムユキさんが現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

いっしょに読みたい 関連記事

最近の画像

画像一覧へ

カテゴリーから記事を探す

月別記事一覧

特派員プロフィール

フランスフランス/リヨン特派員
名前:マダムユキさん

マダムユキさん

リヨン在住20年。リヨン第二大学で美術史専攻。中世からルネサンス期の美術品・絵画・建築を得意とする。ワインとビールが生活の友。フランス現地手配会社を経営する。フランス リヨンの文化・芸術・建築を中心に、リヨン情報をお届けしたい。ツアー情報などのお問い合わせはこちら
facebook
Instagram DISQUS ID @disqus_HW7k4qEpRm

リヨン特派員トップにもどる

その他のフランスの特派員

リヨンを旅する

その他のエリアから探す

特派員募集中!

日本国内、海外を問わず特派員は随時募集しております。ご興味のある方はぜひご応募を!

リヨン特派員トップにもどる

トップ > ヨーロッパ > フランス > リヨン特派員 > フランス リヨンの伝統行事「光の祭典」、今年も凄かった!

PC版で表示

運営会社と個人情報保護について