トップ > ヨーロッパ > フランス > リヨン特派員 > フランス リヨンで、毎年恒例のクリスマスマーケットを歩く

フランスフランス/リヨン特派員ブログ

フランス リヨンで、毎年恒例のクリスマスマーケットを歩く

カテゴリー:お知らせ / イベント・行事・お祭り 投稿日:2019年12月11日

【フランス リヨン便り n°1】
はじめまして。リヨン在住20年のマダムユキです。これからリヨン情報をお届けいたします。よろしくお願いいたします。


ご存知のように、リヨンはフランス東南部に位置し、古代ローマ帝国の植民地として建設されてから2000年以上の歴史を誇る「フランスの古都」。スイスを源泉に北東から流れ込むローヌ川と、フランス東部を流れるソーヌ川がリヨンで合流し、リヨンはフランスでも豊かな自然と水に恵まれた町のひとつ。豊かな自然環境は山の幸、川の幸を生み、地産地消の地方料理は「食の都」と呼ばれるほど、美食家を魅了している。1998年12月、ソーヌ川沿いの旧市街(Vieux Lyon)からクロワ・ルース(Croix-Rousse)にかけて「歴史地区」と呼ばれる一帯が世界遺産に登録され、一躍リヨンの名が世界に広まった。当時、日本でそのニュースをきき、リヨンへの思いが募った記憶が蘇る。現在、毎年650万人の観光客がリヨンを訪れている。リヨンへのアクセスとして、空路ではリヨン・サンテクジュペリ空港、陸路ではTGV(高速列車)停車駅のパールデュー駅(Part Dieu)とペラッシュ駅(Perrache)がある。ソーヌ川とローヌ川に挟まれた「プレスキル(Presqu'île)」と呼ばれる中洲にあるペラッシュ駅は、リヨン市内を徒歩観光する出発地点として大変便利である。


本題に入る前置きが長くなってしまったが、このTGV停車駅であるペラッシュ駅の前にあるカルノ広場(Place Carnot)で、クリスマスマーケットが開かれる。
今年は例年になく11月に入ってからすぐれない天気が続き、1週間以上も太陽が顔を出さず、数日前には雪が舞うほどの冷え込み。リヨン人が口を揃えて「冬の到来」を告げていた。そんな11月23日の小雨の降る中、毎年恒例のクリスマスマーケットがオープンした。リヨンに暖炉を灯すかのような明るいニュースである。早速、厚手のコートを取り出して、クリスマスマーケットを歩いてみた。


MARCHE_DE_NOEL_LYON_2019_1.jpg
MARCHE_DE_NOEL_LYON_2019_2.jpg
MARCHE_DE_NOEL_LYON_2019_3.jpg
MARCHE_DE_NOEL_LYON_2019_4.jpg
MARCHE_DE_NOEL_LYON_2019_13.jpg


クリスマスマーケットの発祥の地はドイツのドレスデンあるいはフランクフルトといわれている。ドイツ語で「クリストキンドルマルクト」、14世紀には既にクリスマスマーケットが存在してたというから歴史はかなり古い。フランスのクリスマスマーケットといえば、ドイツと国境を接するアルザス地方が有名。ストラスブールのクリスマスマーケットは1570年に始まり、フランス最古という。今ではクリスマスマーケットはフランスの各地で開催されるが、その魅力は地方色が反映されること。クリスマスを飾るグッズのみならず、地方の特産が店頭を飾る。


今年のリヨンは130の屋台がカルノ広場に並び、クリスマスの飾付や冬の防寒グッズ(帽子、手袋、ショールなど)、地元アーティストによるアクセサリーやアートなどのオブジェ、クリスマスの伝統菓子が目を惹く。クリスマスのプレゼントを求めて訪れる人も少なくない。冷えた身体を温めるホットワイン(vin chaud)とタルティフレット(ルブロションチーズで焼き上げたポテトグラタン)はリヨンならでは。スタンド前はいつも長蛇の行列ができるほどの人気もの。リヨン最大の伝統行事、広場や歴史的建造物が幻想的な光のアートで包まれる「光の祭典」とならび、クリスマスマーケットは年末の風物詩である。もちろん、忘れてはならないのは、クリスマスは子供たちとってプレゼントが届く魔法の日。クリスマスマーケットにクリスマスツリーとサンタクロースの存在は欠かせない。


MARCHE_DE_NOEL_LYON_2019_10.jpg
MARCHE_DE_NOEL_LYON_2019_5.jpg
MARCHE_DE_NOEL_LYON_2019_7.jpg
MARCHE_DE_NOEL_LYON_2019_8.jpg
MARCHE_DE_NOEL_LYON_2019_9.jpg
MARCHE_DE_NOEL_LYON_2019_15.jpg
MARCHE_DE_NOEL_LYON_2019_12.jpg


【データ】
リヨンクリスマスマーケット(MARCHE DE NOEL DE LYON)
場所:カルノ広場(PLACE CARNOT)
期間:2019年11月23日~12月24日
時間:日曜日~木曜日:10時30分~20時、金曜日・土曜日:10時30分~22時
※12月24日は16時で終了します。

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。

マダムユキさん

フランス・リヨン特派員のマダムユキさんが現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

いっしょに読みたい 関連記事

最近の画像

画像一覧へ

カテゴリーから記事を探す

月別記事一覧

特派員プロフィール

フランスフランス/リヨン特派員
名前:マダムユキさん

マダムユキさん

リヨン在住20年。リヨン第二大学で美術史専攻。中世からルネサンス期の美術品・絵画・建築を得意とする。ワインとビールが生活の友。フランス現地手配会社を経営する。フランス リヨンの文化・芸術・建築を中心に、リヨン情報をお届けしたい。ツアー情報などのお問い合わせはこちら
facebook
Instagram DISQUS ID @disqus_HW7k4qEpRm

リヨン特派員トップにもどる

その他のフランスの特派員

リヨンを旅する

その他のエリアから探す

特派員募集中!

日本国内、海外を問わず特派員は随時募集しております。ご興味のある方はぜひご応募を!

リヨン特派員トップにもどる

トップ > ヨーロッパ > フランス > リヨン特派員 > フランス リヨンで、毎年恒例のクリスマスマーケットを歩く

PC版で表示

運営会社と個人情報保護について