トップ > ヨーロッパ > フランス > リヨン特派員 > フランスでの風邪対策

フランスフランス/リヨン特派員ブログ

フランスでの風邪対策

カテゴリー:美容・健康・病院 投稿日:2017年11月22日

風邪を引きやすいこの季節、フランスで今までやってみて効果のあったものご紹介します。


喉が痛い


はちみつポッカレモン

風邪_はちみつポッカレモン.JPG

即効性あり。のどの渇きやイガイガを和らげてくれます。

≪材料≫(1杯分)
蜂蜜 大さじ1
ポッカのレモン汁10滴
お湯50cc

めっちゃ効く‼喉の痛みに濃い蜂蜜レモン より)

フランスにもポッカレモン的なのが売ってて、1個1.30€です。はちみつの味によってうまくも不味くもなるので、できればスーパーで安い適当なものを買うより、マルシェや専門店でちょっとだけいいのを買った方がいいです。小さめの瓶で5€前後です。おすすめは、オレンジの花のはちみつ。サンニジエ教会近くの専門店で買ってからはまっています。

【お土産】フランス産のはちみつ専門店『Famille Mary』

ちょっと頑張って、はちみつレモン

風邪_はちみつレモン.JPG

≪材料≫

・レモン 2個

・はちみつ 180gくらい(レモンが浸かればOK)

5㎜スライスして、はちみつレモンはちみつレモンはちみつレモンを交互に重ねます。時々瓶の上下を返して、冷蔵庫で1~3日経ったら食べ頃。お湯にハチミツを溶いたり、浸かったレモンを入れて飲みます。夏は、ガス入りの水に溶いて飲んでも美味しいです。

皮つきで作る場合、気になる方は、1リットルの水に、塩(大さじ1)と酢(100ml)入れて15分以上浸して洗うといいそうです。皮つきは、1週間すると苦みが出てくるそうなのですが、見た目の黄色がキレイです。洗浄の手間が省けるので、皮をむいて作ってます。

のどあめ Drill Pastillesドリル・パスティル

風邪_Drill (2).JPG 風邪_Drill (1).JPG

あまり効いた感はないけど、薬なので気休めになる。

噛まずにゆっくりなめます。1日4個まで。2個目は2時間間を置いてから。

写真ののどの痛み用のミントレモン(Citron Menthe)味が薬っぽくなく食べやすいのですが、6種類の味があって、口内炎用とか、それぞれ効能に少し違いがあるので、薬局で症状を伝えて選んでもらうといいです。

普段用なら、ハーブキャンディー「リコラ」

スーパー_風邪_150211.JPG

風邪予防やのどを潤すためなら、スイス生まれの天然ハーブキャンディ Ricola(リコラ)。

スーパーのレジ近くに置いてあって、いろんな味が選べます。(1箱1.90€~)


鼻がつまった


アロマテラピー(芳香療法) Phytosun arôms (フィトサン・アローム)

フィトサン・アローム_呼吸スプレー.jpg

フィトサンアロームは製薬メーカーであるオメガファルマ社のブランドで、フランス・ブルターニュ地方のラボラトリーで製造されています。日本語サイト もあって、オンライン販売されてます。

使ってるのは、"呼吸スプレー"と書かれたSpray Respiration(スプレ・レスピラション)。100%純粋な天然エッセンシャルオイルで造られています。(30ml/7€~13,32 €)

≪使用方法≫

ティッシュにスプレーして、部屋に置きます。室内の空気除菌になります。

風邪予防 一度に1回プッシュ、一日数回使用可能。

治療 一度に3回プッシュ、一日最大4回まで。

鼻づまりには、ティッシュにスプレーして、鼻の近くへ持っていきゆっくり息をすると、スーっと鼻が通ります。やや強めなので、初めは離して香りの強さを確かめたほうがいいです。

息が苦しくて眠れない夜の救世主で、お気に入りです。


気分がすぐれない、具合が悪い


Bien-Etre(ビヤンネートル)のオーデコロンフレッシュエッセンス

薬局_ビヤンネトル.jpg

愛用しているのが、写真右の緑のキャップ。

Eau de Cologne aux essences fraîches 70°(ヴェルヴェーヌ、グリーンレモン、タイム、ローズマリー、ベチバー)。ほかにも種類がたくさんあるのですが、こちらの緑と白がスタンダードで、スーパーのシャンプーや歯磨き粉のコーナーで売ってます。(250ml/6€、500m/10€)

≪使用方法≫

熱が出て苦しい時、だるいときなど、指に少しつけて額やこめかみ、首のあたりにちょんちょんとつけます。または、ティッシュに染みこませて首元や額の近くに置いて、横になって休みます。

ただすっきりさわやかではなく、心地いい香りでとても落ち着きます。


風邪の時は、野菜ポタージュ

スープ_151123.JPG

こちらは粉末の4人分。沸騰したお湯(750ml~1L:商品によって違う)に入れて混ぜ、5分くらい煮て完成。

鍋に入れてあたためるだけの液状の小さい紙パック(1人分や4人分)も売ってます。

【スーパーの食品】バラエティに富んだフランスの「クノール」と「マギー」スープ



にほんブログ村 旅行ブログ フランス旅行へ

フランス・リヨンを紹介する観光情報ブログ「lyontabi」も書いています。

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。

AKINO

フランス・旧リヨン特派員のAKINOが現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

いっしょに読みたい 関連記事

最近の画像

画像一覧へ

カテゴリーから記事を探す

月別記事一覧

特派員プロフィール

フランスフランス/旧リヨン特派員
名前:AKINO

AKINO

新潟県出身、2013年よりリヨン在住。フランス第二の都市「歴史と美食の街」リヨンの暮らしや観光スポット、郷土料理、オーヴェルニュ・ローヌアルプ地方の観光情報をお届けします。 DISQUS ID @disqus_1L9sEr2oLv

リヨン特派員トップにもどる

その他のフランスの特派員

リヨンを旅する

その他のエリアから探す

特派員募集中!

日本国内、海外を問わず特派員は随時募集しております。ご興味のある方はぜひご応募を!

リヨン特派員トップにもどる

トップ > ヨーロッパ > フランス > リヨン特派員 > フランスでの風邪対策

PC版で表示

運営会社と個人情報保護について