トップ > ヨーロッパ > フランス > リヨン特派員 > パリ同時多発テロから1週間、フランス第二の都市リヨンの様子

フランスフランス/リヨン特派員ブログ

パリ同時多発テロから1週間、フランス第二の都市リヨンの様子

カテゴリー:お知らせ 投稿日:2015年11月21日

DSC06203.JPG

11月13日(金)の夜、パリで同時多発テロが起きてから1週間になります。

事件当日、リヨンの自宅でテレビを見ていて、テロがあったことを知りました。

15日(日)は、リヨンの観光名所「ローマ劇場」にあるガロ・ロマン博物館で、40周年記念イベントが行われる予定でしたが中止となりました。

16日(月)の正午には、テロー広場で1分間の黙祷 が行われました。同時刻、メトロ、駅、会社、学校などでも行われました。

DSC06135.JPG

ベルクール広場

1週間が過ぎた20日夕方、ベルクール広場、テロー広場へ行くと、花、蝋燭、メッセージでいっぱいになっていました。

DSC06136.JPG

広場中央にあるルイ14世の騎馬像、その周囲を囲み花とろうそくが手向けられていた。

DSC06137.JPG

DSC06199.JPG

テロー広場

市庁舎前の階段にはたくさんのメッセージと蝋燭。

DSC06200.JPG

リヨンの女子学生が、事件当日パリにいて亡くなったと地元ニュースで報道されていました。

DSC06201.JPG

DSC06163.JPG

ソーヌ川沿いの裁判所

17日からソーヌ川沿いの裁判所と、新市街の高層ビル「インシティータワー」が、17時30分から深夜までフランスの青・白・赤のトリコロールに染まっています。

DSC06209.JPG

新市街の「インシティタワー」と「パールデュータワー」

DSC06212.JPG

2015年12月5(土)~8(火)にかけて行われる光の祭典(FÊTE DES LUMIÈRES)は今年中止が決まりました。

毎年約300万人が訪れるリヨンの一大イベントで、町の人は少し残念な気持ちはあるけれど、安全面を考えて、ほとんどの人が納得しているようです。

一方で、ホテルやレストランなどは、キャンセル対応に追われています。ニュースで見たとあるホテルは、年間売り上げの15%が光の祭典時期にあたると言っていました。

2015年の光の祭用に準備されていたアート作品は、2016年にそのまま持ち越されるそうです。

DSC05106.JPG

今年は窓辺にろうそくを灯す、静かな祈りの夜になりそうです。

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。

AKINO

フランス・旧リヨン特派員のAKINOが現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

いっしょに読みたい 関連記事

最近の画像

画像一覧へ

カテゴリーから記事を探す

月別記事一覧

特派員プロフィール

フランスフランス/旧リヨン特派員
名前:AKINO

AKINO

新潟県出身、2013年よりリヨン在住。フランス第二の都市「歴史と美食の街」リヨンの暮らしや観光スポット、郷土料理、オーヴェルニュ・ローヌアルプ地方の観光情報をお届けします。 DISQUS ID @disqus_1L9sEr2oLv

リヨン特派員トップにもどる

その他のフランスの特派員

リヨンを旅する

その他のエリアから探す

特派員募集中!

日本国内、海外を問わず特派員は随時募集しております。ご興味のある方はぜひご応募を!

リヨン特派員トップにもどる

トップ > ヨーロッパ > フランス > リヨン特派員 > パリ同時多発テロから1週間、フランス第二の都市リヨンの様子

PC版で表示

運営会社と個人情報保護について