トップ > ヨーロッパ > フランス > リヨン特派員 > フランスの郵便ポストはなぜ黄色?

フランスフランス/リヨン特派員ブログ

フランスの郵便ポストはなぜ黄色?

カテゴリー:お題 投稿日:2013年11月27日

11月も終わりに差し掛かりました。

リヨンは温かい日差しで一見いいお天気なのに、外へ出ると冷たい風が吹きつけとっても寒いです。

首元のあいた形でマフラーをしているフランス人女性をよく見ますが体感温度が違うのでしょうか、私は鼻上まで厚手のマフラーでぐるぐる巻きにしないと出歩けません。

体感温度の謎はさておき、昨日撮ってきた郵便ポストの写真とその小話をひとつ。


黄色い郵便ポストと自動車会社Citroën(シトロエン)

フランスの郵便ポストは『黄色』です。離れたところにあっても「あ、ポストだ。」とよくわかる実に印象的な黄色。

この色は「悪天候でもはっきり見えて、親しみをもてる色にしたい!」と、フランスの大手自動車製造会社Citroën(シトロエン)に作ってもらった特注カラーです。

poste1.jpg

黄色になる以前は「青色」のポストで、郵便局の配達車も「緑色」でした。(現在はどちらも黄色。)

黄色を選んだ理由には、『郵便物が定時に届く』イメージカラーとして、当時『郵便時間厳守』で信頼性の高かったスイス郵便局の黄色いポストをまねたそうです。

ちなみに日本でなじみのある「赤色」は、「他のヨーロッパ諸国もすでに赤いポストを使用しているし、消防車も赤いから。」という理由で不可になりました。


ポストの形は3種類

ポストの形は時間の中で少しずつ変わっていますが、現在の主な形は"ずんどう" "スマート" "壁掛け" の3タイプ。

こちらは壁掛け型。スマート型はこちらに足が一本付いた形です。

ずんどう型はかなり大きいので「縦長で相当な量の手紙が入るのでは?」思っていたのですが、昨日ちょうど手紙の収集時間に出くわして遠くから見てみたら、おじさんがポストの扉を開けると中は確かに広いのですが 間に横一枚板があり2段になっていて、2段目の左右に置いてあるかごの中に手紙が落ちて分別されているというとてもシンプルな作りでした。



茶色のポスト「poste marron」

7poste.jpg

黄色いポストの存在感とは逆に、目立たないシンプルな茶色いポストが町のあちこちにぽつぽつあります。

その存在はフランス人も知らない人が多い『配布用ポスト』。

6poste.jpg

広い区内で人口も多く、一ヶ所から全部の郵便物を配布するには大変のなで、郵便局で回収した手紙を分類して茶色いポストに車で分配。自転車に乗った配達員が茶色いポストから手紙を取って配っているのだそうです。

目立たないけれど、大きい街には欠かせないポストでした。


poste7.jpg

(11月のお題『郵便ポスト』)

★個人ブログ「リヨンたび」でも観光・生活情報を発信しています。facebookはこちら@lyontabi

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。

AKINO

フランス・旧リヨン特派員のAKINOが現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

いっしょに読みたい 関連記事

最近の画像

画像一覧へ

カテゴリーから記事を探す

月別記事一覧

特派員プロフィール

フランスフランス/旧リヨン特派員
名前:AKINO

AKINO

新潟県出身、2013年よりリヨン在住。フランス第二の都市「歴史と美食の街」リヨンの暮らしや観光スポット、郷土料理、オーヴェルニュ・ローヌアルプ地方の観光情報をお届けします。 DISQUS ID @disqus_1L9sEr2oLv

リヨン特派員トップにもどる

その他のフランスの特派員

リヨンを旅する

その他のエリアから探す

特派員募集中!

日本国内、海外を問わず特派員は随時募集しております。ご興味のある方はぜひご応募を!

リヨン特派員トップにもどる

トップ > ヨーロッパ > フランス > リヨン特派員 > フランスの郵便ポストはなぜ黄色?

PC版で表示

運営会社と個人情報保護について