トップ > ヨーロッパ > ルクセンブルク > ルクセンブルク特派員 > 世界初!公共交通機関無料のルクセンブルク!

ルクセンブルクルクセンブルク/ルクセンブルク特派員ブログ

世界初!公共交通機関無料のルクセンブルク!

カテゴリー:交通・鉄道・航空 投稿日:2020年7月31日

Moien!
晴れ間の日が続いて気持ちがよいルクセンブルクです。
コロナの感染者数も増えてきているので不要な外出はできないのが辛いですが、ゆっくりのんびりと過ごしている毎日です。


今日は公共交通機関のお話。
ルクセンブルクは2020年3月1日から公共交通機関が無料となりました。
ルクセンブルク国内の公共交通機関なので国内運行のバス・トラム・列車が無料となります
その実施は世界初であり日本でもニュースとなったようです。
tram1.jpg


実施開始となった3月1日はコロナロックダウン真っただ中だったので、さほど実感はなかったのですが、最近、少しずつバスやトラムに乗るようになってきたので、実感することが多くなりました。

tram2.jpg
ルクセンブルクのトラムは近代的でオシャレ!


当初の目的は中心部や中央駅あたりの交通渋滞の緩和目的もあったようですが、コロナの影響も相まって私がよく使うバスはいつも空いていて道はとても混んでいるので、効果はまだ実感できてないかもしれません......(現在、公共交通機関使用の際にはマスク着用が必須となっていて、着用していないと乗車することができません)。
しかし、ここで注意点があります。


① 列車はFirst classの車両は料金がかかります。
ルクセンブルク国内の2nd classの車両が無料になっただけなので、first classの場合には以前と料金は変わりなく短い区間であれば€4ほどですが運賃は発生します。
間違えてFirst classに座っていると駅員さんに指摘されたり、最悪の場合、罰金を取られることもあるのでお気をつけください。
乗る前に列車のドアには数字が書いてあるので確認をしてから乗ることをおすすめします!


② 公共交通機関が無料なのはルクセンブルク国内だけです。
ルクセンブルクはベルギー、ドイツ、フランスに囲まれていてルクセンブルクから他国へ列車を使っていくこともあると思います。
例えばブリュッセルにルクセンブルクから行くとなるとルクセンブルク中央駅から出発になると思いますが、ルクセンブルク国内は無料ですが、ベルギーでは運賃は当たり前ですが、発生します。
なので国境を越えたら駅員さんがチェックに来るので最初からチケットを保持していないと、必ず罰金対象となります。
なのでお気をつけください。


ここでひとつ便利でお得なチケットのご紹介。
例えばルクセンブルクから日帰りでドイツのトリーア周辺を観光して戻ってきたい!といった場合には"1-day ticket RegioZone"というバスチケットが便利です。
RegioZoneは、開始から翌日午前4時まで有効で国境を越えたRegioZoneバス路線内は無制限に使えます。
ちなみにトリーアであればRegioZone 1なのでお値段も€5と、とってもリーズナブル。
RegioZone 2でも€9で、とてもお得です。

行きたい場所によってzone区間が異なり1日パスの料金も変わるので、以下のウェブサイトで検索してから購入されるのがスムーズかと思います。


・URL: https://www.mobiliteit.lu/en/ticket/1-day-ticket-regiozone-from-1-march-2020/


まだまだ、新型コロナウイルスが蔓延していてドイツへの入国規制や他国への旅行も難しい現状ですが、収束してルクセンブルクに来れるようになったときには公共交通機関が無料というのは、旅のなかでもいい面もあると思いますので便利にお使いいただけたらと思います。


さらに詳しい内容は以下のウェブサイトに記載がありますのでよければご参照ください。
・URL: https://www.mobilitegratuite.lu/en/

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。

su_moien

ルクセンブルク・ルクセンブルク特派員のsu_moienが現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

いっしょに読みたい 関連記事

最近の画像

画像一覧へ

カテゴリーから記事を探す

月別記事一覧

特派員プロフィール

ルクセンブルクルクセンブルク/ルクセンブルク特派員
名前:su_moien

su_moien

2019年1月より夫の海外勤務に伴いルクセンブルクへ移住。 最初はルクセンブルクってどこ?というレベルの私でしたが色々巡ってみると 自然にあふれ、素敵なワイナリーや古城もありとても魅力的な国です。 ガイドブックにはルクセンブルクの説明が少なく短いと2ページで終了なんてことも!! 皆さんがルクセンブルクを訪れたくなるような素敵な自然スポットや観光情報を紹介できればと思います。 ルクセンブルクにある食材やレストランを紹介しているInstagramアカウントはこちらです。

ルクセンブルク特派員トップにもどる

ルクセンブルクを旅する

その他のエリアから探す

特派員募集中!

日本国内、海外を問わず特派員は随時募集しております。ご興味のある方はぜひご応募を!

ルクセンブルク特派員トップにもどる

トップ > ヨーロッパ > ルクセンブルク > ルクセンブルク特派員 > 世界初!公共交通機関無料のルクセンブルク!

PC版で表示

運営会社と個人情報保護について