トップ > 北米 > アメリカ > ロスアンゼルス特派員 > No. 549: 楽園コスタリカ。4

アメリカアメリカ/ロスアンゼルス特派員ブログ

No. 549: 楽園コスタリカ。4

カテゴリー:旅行・ツアー・ホテル / 自然・風景 / 見所・観光・定番スポット 投稿日:2019年10月 2日

こんにちは。

さ〜て、、、今日も引き続きコスタリカの旅行の記事となります。今日から本格的に出会った動物等の写真を掲載させていただきます。場所はフォーチュナ。おさらいですが、サンホゼから北上約4時間で火山と温泉で有名な場所となります。ホテルは温泉付きと付きでないものがありますが、私たちは温泉付き、ただ比較的お手頃なホテルに泊まりました。ホテルのお話は次回に書かせていただきますので今日はこの地方に住んでいるインディアンの友人ミゲルがガイドとなって足を踏み入れました保護地区のお話を書かせていただきます。まずミゲルのお話を少し。彼はマレク・インディアンの一人。コスタリカの一番人口が少ない部族でありマレクの血だけ入っている人口は約630人、そして白人、その他と混ざっているマレクの人口を入れても1200人強と本当に稀な部族に属しています。彼は今現在部族が住んでいるフォーチナから2時間ほど北からわざわざ会いに来てくれ、ガイドにもなってくれました。シャーマンである彼、動物との心での会話、木々との会話をしながら朝早くから夜遅くまで付き合ってくれました。ハイキングはまずとあるホテルの隣に位置する保護地区から始まりました。さて、、、私が一番会いたかったのはツーカン。日本語ではオオハシと呼ばれる鮮やかな色のくちばしが大きな鳥です。小さい時から大好きな鳥で是非自然の中で見たいと思っていました。で、なんと最初に出会ったのがオオハシでした!この保護地域の中の展望台 (3番目の写真) から見ました!

IMG_3778.jpg

IMG_6594.jpg

IMG_3782.jpg


ハイキングを始めてから約30分で夢にまで見たオオハシを見ることができて私は大興奮。ミゲルは呆れていました。オオハシは珍しい鳥ではないのですね、、、それでも今でも私は大好きですが、、、。そしてどんどんと保護地区を歩くと違う種類のオオハシにも出会いました。こちらはかなり小さめのオオハシ。小さな鳥にありがちですがグループで行動。約8羽が一緒に行動していました。

IMG_3802.jpg


その後は蝶の集団、そして滝、青い色をしたアリ、鳥、そして沢山の植物の説明を受けながら約3時間歩きました。写真の赤いシャツを着ているのがミゲルとなります。植物は全て生姜のお仲間だそうです。

IMG_6608.jpg

IMG_6615.jpg

IMG_6607.jpg

IMG_3797.jpg

IMG_3843.jpg

IMG_3825.jpg

IMG_6587.jpg

IMG_3773.jpg

IMG_6600.jpg

IMG_6704.jpg


余韻を味わいながら後にした保護地区。そしてこの後フォーチュナを車で走っているとミゲルが止まって、、、と。???の私にラッキーだねと笑ってみせます。かなりのスピードで走っていたのに見つけたのがなまけもの!このあたりではなかなか見かけなくなったと言われていたのであきらめていたのですが出会えました!ミゲルが見つけた時は全く動いていなかったのですが声をかけると動き出し逆さになって愛嬌のある顔もみせてくれました。かわいい!最高でした!

IMG_3854.jpg

IMG_3860.jpg


さてなまけものの後はこんなかわいい動物も。コアティと呼ばれる動物です。

IMG_6592.jpg

その後フォーチュナの中心部に戻りお昼ご飯となりました。プランタインが美味しい!エビのご飯も美味しかったです。これはチキンライスのような感じでした。友人は白いにんにくいっぱいのお魚。全て約1000円前後。ご飯を食べ終えると約1時でした。

IMG_3862.jpg

IMG_3864.jpg

IMG_3863.jpg


ご飯の後は夜のツアーに控えてホテルに戻りました。次回は夜のツアーのお話を!

ではまた。

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。

マッキーン 奥田 すみれ

アメリカ・ロスアンゼルス特派員のマッキーン 奥田 すみれが現地から北米地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

いっしょに読みたい 関連記事

最近の画像

画像一覧へ

カテゴリーから記事を探す

月別記事一覧

特派員プロフィール

アメリカアメリカ/ロスアンゼルス特派員
名前:マッキーン 奥田 すみれ

マッキーン 奥田 すみれ

1983年よりアメリカに住むベテラン。NYでの18年の生活後、現在はWest LAに属する小さな海に囲まれた町マリブに主人と2匹の犬と住む。“健康は食事で作り、維持”がモットー。健康でいる為の食事の指導を、主にマリブとビバリーヒルズで行ってる。楽しみは美味しい物を料理、食事をすること。そして旅行で魂の洗濯をすること。ロスアンゼルスでの日々の生活の魅力、短期でもこの町を満喫出来る様、“カラフル”そして“今”をお届けする窓口として情報を提供致します。ご連絡はこちらにどうぞ。 DISQUS ID @disqus_WCZqnAGomC

ロスアンゼルス特派員トップにもどる

その他のアメリカの特派員

ロサンゼルス(カリフォルニア)を旅する

その他のエリアから探す

特派員募集中!

日本国内、海外を問わず特派員は随時募集しております。ご興味のある方はぜひご応募を!

ロスアンゼルス特派員トップにもどる

トップ > 北米 > アメリカ > ロスアンゼルス特派員 > No. 549: 楽園コスタリカ。4

PC版で表示

運営会社と個人情報保護について