トップ > 北米 > アメリカ > ロスアンゼルス特派員 > No. 510: 新年への希望:教会での祈り

アメリカアメリカ/ロスアンゼルス特派員ブログ

No. 510: 新年への希望:教会での祈り

カテゴリー: 投稿日:2019年1月 1日

新年明けましておめでとうございます。

2018年、世界、アメリカそして個人的にも沢山変化、災害がある年でしたが、そのたびに人の温かさも感じられる年でもありました。新しい年を迎え、新たに希望をもって行動をしたいと感じます。皆様は元旦をどうお過ごしになっているのでしょうか?新年最初の記事はサンフランシスコのある教会の記事となります。主人と義理の母の所にクリスマスに行った際に、そこから2時間ほどで行けるサンフランシスコに行ってまいりました。目的地がこの教会でそのこだけ立ち寄りとんぼ返りをしてきたのですが、素晴らしいひと時となりました。グレース・カセドラルと呼ばれ、チャイナタウンからほんの数分に位置します。コンサートやアートショウなどの催し物を行う場所としても有名ですが、まずとても古い教会、ですが、プログレッシブであるということが定番となっています。6年間続けている LGBT 主催の World Tree of Hope は世界で一番大きな折り鶴が飾られたクリスマス・ツリーでありサンフランシスコ・ベイエリア、もしくは世界中からメッセージが送られたメッセージが折り鶴として飾られます。また今現在の企画として展示されているのは折り紙で作られた鳩のアート。教会の天井から垂れ下がって飾られている鳩はもちろん平和のシンボルであり、数はわからないのですが、全てで14メートルの長さとなっているとのこと。言葉では表せられないほど平和な気分にさせられました。下記の写真をごらんください。(最後の写真は迷路。最初から最後まで歩くと心が落ち着くと有名な迷路です)

IMG_4497.jpg

IMG_4464.jpg

IMG_4463.jpg

教会の公式サイトは下記からどうぞ。アートショウの企画は期間限定のものが多いので、お出かけ前にお調べください。

https://www.gracecathedral.org

新年が皆様にとって実り多く幸せ溢れる年となりますようにお祈りいたします。今年もどうぞよろしくお願いいたします。

ではまた。

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。

マッキーン 奥田 すみれ

アメリカ・ロスアンゼルス特派員のマッキーン 奥田 すみれが現地から北米地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

おすすめ記事

いっしょに読みたい 関連記事

最近の画像

画像一覧へ

カテゴリーから記事を探す

月別記事一覧

特派員プロフィール

アメリカアメリカ/ロスアンゼルス特派員
名前:マッキーン 奥田 すみれ

マッキーン 奥田 すみれ

1983年よりアメリカに住むベテラン。NYでの18年の生活後、現在はWest LAに属する小さな海に囲まれた町マリブに主人と2匹の犬と住む。“健康は食事で作り、維持”がモットー。健康でいる為の食事の指導を、主にマリブとビバリーヒルズで行ってる。楽しみは美味しい物を料理、食事をすること。そして旅行で魂の洗濯をすること。ロスアンゼルスでの日々の生活の魅力、短期でもこの町を満喫出来る様、“カラフル”そして“今”をお届けする窓口として情報を提供致します。ご連絡はこちらにどうぞ。 DISQUS ID @disqus_WCZqnAGomC

ロスアンゼルス特派員トップにもどる

その他のアメリカの特派員

ロサンゼルス(カリフォルニア)を旅する

その他のエリアから探す

特派員募集中!

日本国内、海外を問わず特派員は随時募集しております。ご興味のある方はぜひご応募を!

ロスアンゼルス特派員トップにもどる

トップ > 北米 > アメリカ > ロスアンゼルス特派員 > No. 510: 新年への希望:教会での祈り

PC版で表示

運営会社と個人情報保護について