トップ > 北米 > アメリカ > ロングビーチ特派員 > No.6 あなたのクリスマスは

アメリカアメリカ/ロングビーチ特派員ブログ

No.6 あなたのクリスマスは

カテゴリー:生活・習慣・マナー / 見所・観光・定番スポット 投稿日:2016年12月17日

日本でも人気のあるスヌーピー。
 
その作者であるチャールズ・シュルツ(Charles Schulz)はカリフォルニアの北、サンフランシスコに近いサンタローザに住んでいました。今でもそこにはチャールズ・シュルツ博物館(スヌーピー博物館)があり、彼の使っていた机や原画などを見ることができます。また、その隣には、彼が若いころアイスホッケーに夢中だったこともあり、アイスリンクが併設されており、子供から大人まで、フィギュアスケートからアイスホッケーまでたくさんの人に愛される場所です。(一般開放の時間もあります)
 
さて、そのチャールズ・シュルツが残した言葉があります。
 
Christmas is doing a little something extra for someone. -Charles Schulz
クリスマスというのは、他の誰かのためにいつもより少しだけ何かをしてあげる、ということなんだよ。

schulz-bottom-banner2-copy-copy.jpg
 
街にはたくさんのイルミネーションがきらめいています。
あなたはクリスマスをどう過ごしますか?

Charles Schultz Museum
https://schulzmuseum.org
2301 Hardies Lane Santa Rosa, California 95403
(707) 579-4452

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。

大平 朱美

アメリカ・ロングビーチ特派員の大平 朱美が現地から北米地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

いっしょに読みたい 関連記事

最近の画像

画像一覧へ

カテゴリーから記事を探す

月別記事一覧

特派員プロフィール

アメリカアメリカ/ロングビーチ特派員
名前:大平 朱美

大平 朱美

アメリカのクラフトビールを日本に輸入販売をする株式会社ナガノトレーディング代表取締役。家族構成は、クラフトビールなどを輸出入する会社を経営するアメリカ人の夫、アイスホッケーを愛し毎回青あざを作り続ける小学生の娘、見知らぬ人が来てもビクとも吠えないシベリアンハスキーとカリフォルニア南部に居住。日米を往復しながら楽しむおいしいクラフトビール生活をご紹介します。 DISQUS ID @disqus_R7SC0CKyq3

ロングビーチ特派員トップにもどる

その他のアメリカの特派員

ロング ビーチ(カリフォルニア)を旅する

その他のエリアから探す

特派員募集中!

日本国内、海外を問わず特派員は随時募集しております。ご興味のある方はぜひご応募を!

ロングビーチ特派員トップにもどる

トップ > 北米 > アメリカ > ロングビーチ特派員 > No.6 あなたのクリスマスは

PC版で表示

運営会社と個人情報保護について