トップ > ヨーロッパ > イギリス > ロンドン4特派員 > ひさびさの「ロンドン・ヒースロー空港」一部施設の案内と様子

イギリスイギリス/ロンドン4特派員ブログ

ひさびさの「ロンドン・ヒースロー空港」一部施設の案内と様子

カテゴリー:お知らせ / 交通・鉄道・航空 / 旅行・ツアー・ホテル 投稿日:2021年10月 4日

イギリスの空の玄関口「ロンドン・ヒースロー空港(London Heathrow Airport)」はロンドン西部の郊外にあり、世界でもっとも混雑する空港のひとつです。特にヨーロッパにおいては空港利用客数で長年首位の座にありましたが、新型コロナの影響で昨年2020年に初めて仏パリのシャルル・ド・ゴール空港に抜かれてしまいました。
D1946127-4B87-4BA9-8E17-FFBAC4034A62.jpeg
2019年のロックダウン以降、緊急で一時帰国する用事もなく、飛行機で旅行することは叶わぬ夢でしたが、今年2021年7月からイングランドでコロナ規制が完全に解除されたことを受け、ようやく先月9月に利用する機会が訪れました。
6A0D15F7-B6EC-4671-B815-109B681809E2.jpeg
今月は、その旅先であるスコットランドの観光特集をする予定ですが、初回は旅のはじまりとなるヒースロー空港、第5ターミナルの様子と施設の案内をします。


空港までの移動手段一例「ヒースロー・エクスプレス」

ヒースロー空港とロンドン中心地を結ぶ交通機関にはバスやタクシー、普通列車のほかに、成田エクスプレスのような空港特急列車、「ヒースロー・エクスプレス」があります。
1F6D8115-BA3C-4E42-9529-FC8ABBF39D77.jpeg
ロンドンの市街地、パディントン(Paddington)駅まで15分ほどで到着するので、まずはそこまでいったん出てから中心地まで、地下鉄やバスなどで移動するのが早くて便利です。


今回の旅では利用しませんでしたが、広い荷物置き場にゆったりとした座席スペースは快適で、スムーズに到着することができるでしょう。


第5ターミナル

ヒースロー空港はイギリスで最大の空港なので免税店の数も多く、なかでも今回利用した第5ターミナルは50店舗以上のショップが入っており、最多です。
0A4DB5AE-DA01-43B5-A7D2-096C8B2FE9B5.jpeg
それぞれのターミナルには、カフェやレストランといった飲食店やATM、外貨両替所、無料Wi-Fiサービスなどもあります。
0AC8A4D8-9781-4402-B5AA-9B447461A974.jpeg
ハリー・ポッター・ショップにデパートのハロッズ支店、ロンドンみやげの店と盛りだくさんなので、国内移動だというのについ足が向いてしまいます......。


食事の提案一例

搭乗前に利用できると便利な飲食店は、上階から見下ろせる(丸見え)「プレタ・マンジェ(Pret a Manger)」のカフェが目立ちますが、ほかにも朝食セットを提供しているレストラン「Huxleys」や大手パブ・チェーン系列の「The Crown Rivers」など複数あり、なかには早朝にもかかわらずビールやワインをあけているグループやおじさまもいます。
1284CA05-F14C-41F3-A14D-E4A1FBA8BFA0.jpeg
そんなに時間がない、機内食もあるので軽く済ませたいという人にはコンビニのような「WH Smith」やドラッグストアの「Boots」で買うセットメニューがお得です。
2EA9DCE1-1A2A-438A-BD98-B917A77DDC82.jpeg
特にブーツの方が£1安い£3.99で、サンドイッチなどのメインに飲み物、スナック菓子または果物などを自分で組み合わせることができます。ブーツのよいところは、スナックのポテトチップスが「Kettle」のようなお高めチップスや、ポップコーンもかわいいパッケージのものだったり、バリエーションが豊富な点です。


今回はさらに、それまで見たことのなかったブラウニーなど、デザートっぽいものまで独自のおしゃれパッケージになっており、本当にこの価格?と驚きました。


驚きのパスポート審査なし

長らくイギリスから出国をしていないので普段思い出すこともありませんが、はじめてヒースロー空港を利用したときは、出国時の書類審査がないことが衝撃でした。
32BC0C54-52FB-41C7-8DA9-8C3B42709EDC.jpeg
人の流れに沿って歩みを進めていくと、いつのまにか搭乗ゲートにまで到着しており、そういえばパスポートを提示していない、ということにしばらく気づかないほどです。そのため、ハンコも残りません。


新たに始まる見送り料課金

最後に、来月2021年11月1日より適用されるルールについてお知らせします。見送りの際など、各ターミナル前(forecourts=前庭)に車で乗りつけ、指定されたドロップオフ・ゾーン(Drop-Off Zone)で乗客を降ろして立ち去るすべての車に£5が課金されることになりました。


タクシーなどの利用時も同様ですが、ブルーバッジと呼ばれる障害者証明所持者や緊急車両などは免除されます。


支払い方法は当日事前にクレジットカードの詳細などを登録しておく自動精算か、路上駐車の要領で電話番号にアクセスするか、オンラインでの決済があります。支払い期限は翌日の深夜までで、それ以降は罰金が科されますので注意してください。


こちらは出国に関する利用のみの場合で、ターミナル前での到着客ピック・アップはもともと許可されていないため、関係ありません。詳しくはこちらhttps://www.heathrow.com/transport-and-directions/terminal-drop-off-charge を、また、そのほかのロンドン・ヒースロー空港についての詳細は以下のウェブサイトをご覧ください。


日本でも9月30日をもって緊急事態宣言が全都道府県で解除され、飲食店の営業時間や酒類の提供が、基準を満たした店舗向けに緩和されたそうですね。それにともなう感染拡大、リバウンドも懸念されますが、観光目的の移動も心置きなく、完全復活できる日が早く来るといいなと思います。

◼️ロンドン・ヒースロー空港(London Heathrow Airport
・住所: 19 Upper Woodcote Village, Purley CR8 3HF
・アクセス: 地下鉄、バスなどHeathrow Central駅
・URL: https://www.heathrow.com/

***そのほかの旅行写真、イギリス生活はこちら→【Instagram】:@surrey_may***

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。

パーリーメイ

イギリス・ロンドン4特派員のパーリーメイが現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

いっしょに読みたい 関連記事

最近の画像

画像一覧へ

カテゴリーから記事を探す

月別記事一覧

特派員プロフィール

イギリスイギリス/ロンドン4特派員
名前:パーリーメイ

パーリーメイ

現在海外在住二ヶ国目、イギリスのロンドン南部、クロイドンに2017年より家族で住んでいます。初めて暮らす土地、慣れない頃の初歩的な過ちや素朴な疑問を交えながら、フレッシュなうちにお届けします。ロンドン都心部とは違った、郊外ならではのホッコリするような地元ネタを中心にその他の地域、国々の旅ネタも満載します。息抜きは、おウチでタイ語ヨガ(タイ語のヨガ番組を観ながらするヨガ)です。 DISQUS ID @disqus_FJ7ATyjbdg

ロンドン4特派員トップにもどる

その他のイギリスの特派員

ロンドンを旅する

その他のエリアから探す

特派員募集中!

日本国内、海外を問わず特派員は随時募集しております。ご興味のある方はぜひご応募を!

ロンドン4特派員トップにもどる

トップ > ヨーロッパ > イギリス > ロンドン4特派員 > ひさびさの「ロンドン・ヒースロー空港」一部施設の案内と様子

PC版で表示

運営会社と個人情報保護について