トップ > ヨーロッパ > イギリス > ロンドン4特派員 > エキゾチックな離宮「ロイヤル・パビリオン」がすごい!海の観光地ブライトン

イギリスイギリス/ロンドン4特派員ブログ

エキゾチックな離宮「ロイヤル・パビリオン」がすごい!海の観光地ブライトン

カテゴリー:ショッピング・雑貨・お土産 / 文化・芸術・美術 / 旅行・ツアー・ホテル / 見所・観光・定番スポット 投稿日:2021年9月13日

別名「海のそばのロンドン」とも呼ばれるイギリスの一大ビーチリゾート地「ブライトン(Brighton)」には古道具、アンティーク、宝飾品が集合する路地裏「レーンズ(Brighton Lanes)」があったり海の上の遊園地こと「ブライトン・ピア(Brighton Pier)」で遊べたりと、まるでロンドンのように娯楽にあふれた楽しい町です。
D11043AF-E7E9-47D1-8A49-5266569F0E96.jpeg
なかでもイギリスとは思えないような、アジアンチックな見かけの宮殿「ロイヤル・パビリオン(Royal Pavilion)」は中に入らずとも隣接した庭園から外観だけ見ることもできるので、ぜひ訪れたい場所です。


リージェンシー様式とインド中国の融合スタイル

海からすぐで町の中心地からも近いロイヤル・パビリオンは、玉ねぎ型の屋根がインドやロシアのようで、エキゾチックな見かけをした宮殿です。
2CE93DDE-6BCA-4CC4-AF37-3690BC6BCF5D.jpeg
今回建物の中には入りませんでしたが内装は中国式と、建設当時のリージェンシー・スタイル(1811~1830年)とも合わさったアジアと洋の折衷型となっています。


英国王ジョージ3世が1811年に病に倒れ、長男のジョージ4世が代わって政治を行った摂政皇太子時代に、海辺の別荘として借り上げたのが始まりです。


1783年当時まだひなびた漁村だったブライトンは、海水浴が健康にいいと聞きつけた上流・中流階級の人々の保養地として人気を集め始めていました。そこにジョージ4世が別荘を持ったことで高級リゾート地としての地位を確立し、1787年にはブライトンをすっかり気に入った皇太子によって改装が行われ、離宮の原型ができあがりました。


はじめからいまのようなミックス様式だったわけではなく、当初は古典様式の外装にバロック様式の内装でした。そこにアートに造詣が深い皇太子によって、中国の家具や手描きの壁紙などが随所に取り入れられ、さらなる大規模な改装工事を経て現在のオリエンタルな姿へと変貌しました。


敷地内設備と庭園の様子

宮殿への入口は建物裏側の庭園からになります。左手にこぢんまりとした庭園が広がり、多くの人が芝生に座り込んだり寝そべったりしてくつろいでいます。
9D926355-E75C-429B-97F4-98DBEF6B4D64.jpeg
奥には屋外カフェがあり、訪れた日はなんと贅沢にも管楽器楽団の生演奏が行われており、アウトドアなので無料で聴き放題、たくさんの人が聴き惚れていました。


このカフェを背に芝生をふり返ると、庭園の樹々の合間から宮殿の裏側が覗いており、まるで木の額縁に覆われた絵画のようでした。
4E058F8B-73B6-4F85-9969-E399C3E5EABE.jpeg
敷地中央にはブライトン博物館(Brighton Museum & Art Gallery)があり、おみやげショップだけなら無料で入れます。


そこを通り越してさらにカフェとは反対方向に突き進むと、町の大通りに面した宮殿の側の外観を見ることができます。これだけ町のシンボルとして有名なわりに、やはりここでも宮殿前の芝生にそれぞれ座ってゆったりしている観光客がおり、なんとものどかで海辺のゆったりした雰囲気を味わうことができます。
3A4C8692-7BBF-46BF-ADF7-4FC6D44A3DD3.jpeg
帰りは入口と同じゲートから再度出て、左手すぐにある宮殿公式のおみやげショップを覗くのがいいかと思います。やはり宮殿内に入らずとも利用できるので、離宮だけでなくブライトン全体のグッズがおしゃれなデザインで売られており、ハイセンスでおすすめです。
23E640C6-2438-4245-8F90-5283A336E667.jpeg
そのあとはすぐ近くのにぎやかな町なかで食事を楽しんだり、ビーチまで足を延ばして潮風に吹かれ、桟橋上ブライトン・ピアのカフェやゲームセンター、遊園地などを冷やかすなど、見どころがたくさんあるブライトン、コロナ収束後の旅先候補地としてぜひリストに入れてみてはいかがでしょうか。

◼️ロイヤル・パビリオン(Royal Pavilion)
・住所:  4/5 Pavilion Buildings, Brighton Postcode: BN1 1EE
・アクセス: 電車Brighton駅徒歩約15分
・営業時間: 毎日9:30~17:45 休館日12月24日(14:30以降)、25日、26日
・入館料(一例): 大人(19歳以上)£16、子供(5~18歳)£10、4歳以下無料
・URL: https://brightonmuseums.org.uk/royalpavilion/

***そのほかの旅行写真、イギリス生活はこちら→【Instagram】:@purleymay***

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。

パーリーメイ

イギリス・ロンドン4特派員のパーリーメイが現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

いっしょに読みたい 関連記事

最近の画像

画像一覧へ

カテゴリーから記事を探す

月別記事一覧

特派員プロフィール

イギリスイギリス/ロンドン4特派員
名前:パーリーメイ

パーリーメイ

現在海外在住二ヶ国目、イギリスのロンドン南部、クロイドンに2017年より家族で住んでいます。初めて暮らす土地、慣れない頃の初歩的な過ちや素朴な疑問を交えながら、フレッシュなうちにお届けします。ロンドン都心部とは違った、郊外ならではのホッコリするような地元ネタを中心にその他の地域、国々の旅ネタも満載します。息抜きは、おウチでタイ語ヨガ(タイ語のヨガ番組を観ながらするヨガ)です。 DISQUS ID @disqus_FJ7ATyjbdg

ロンドン4特派員トップにもどる

その他のイギリスの特派員

ロンドンを旅する

その他のエリアから探す

特派員募集中!

日本国内、海外を問わず特派員は随時募集しております。ご興味のある方はぜひご応募を!

ロンドン4特派員トップにもどる

トップ > ヨーロッパ > イギリス > ロンドン4特派員 > エキゾチックな離宮「ロイヤル・パビリオン」がすごい!海の観光地ブライトン

PC版で表示

運営会社と個人情報保護について