トップ > ヨーロッパ > イギリス > ロンドン4特派員 > 白鳥がお出迎えロンドン近郊「リーズ城」で広々散歩

イギリスイギリス/ロンドン4特派員ブログ

白鳥がお出迎えロンドン近郊「リーズ城」で広々散歩

カテゴリー:旅行・ツアー・ホテル / 自然・風景 / 見所・観光・定番スポット 投稿日:2021年6月 1日

ロンドン・ヴィクトリア駅から電車で小1時間、イングランド南東部のケント州、メーズストン(Maidstone)にある「リーズ城(Leeds Castle)」に行ってきました。
8AE468D3-2D2D-47BC-B365-43179F1757C7.jpeg
2021年4月、ロックダウン規制が一部緩和されたばかりの頃に訪れたので、肝心の城内など主要施設は見ることができませんでしたが(2021年6月1日現在、すべての施設が営業中)、500エーカーに及ぶ広大な敷地を散歩するだけで、久しぶりのレジャー気分を楽しめました。


自然と鳥類を愛でる散歩コース

イギリスの4月と言えばまだまだ寒く、ダウンジャケット姿の人も普通に見かけます。今年はそのうえまで降り、冬に逆戻りしたかのようでしたが、訪れた日は青空が広がる絶好の行楽日和でした。


敷地中央に位置するお城を目指し、あちこちに点在する小川沿いをのんびりと歩きました。と、カモを発見! イギリスの小川沿いには、こちらに限らずどこもたいていこういった鳥類が放たれているので特にめずらしくもないのですが、昨今のコロナ禍で旅行を長らくしていないので、久しぶりに見た気分になり新鮮でした。
3D676566-ADA0-4FCE-A007-AEA9352176F4.jpeg
白鳥は童話やバレエなどですと優雅な印象がありますが、実物はカモなどに比べると数倍大きく、人間慣れしてまったく逃げようともしませんし、肝が据わって貫禄さえ漂っています。
1FCAF6DC-D5A8-4B2B-8066-226196A7B817.jpeg
この頃はまだ水仙の時期で、紫の小花に混じって黄色と白の花の群れが風に揺れ、とてもきれいでした。


お城とおみやげショップ

レストランはまだやっていないので途中、敷地の真ん中ほどにある屋台でアイスクリーム休憩としました。アイスクリーム屋さんなのにバニラとピスタチオ味しかないという職人気質?なお店だけあり、子供だましのラクトアイスのようなものではなく、農場から仕入れた「ファーム・アイス」でクリームが濃厚、とてもおいしかったです。
28527891-EF1F-46D9-A62B-19AFC49C9B28.jpeg
値段もひとすくいで£2.6と、この味で、しかも観光地価格としては安い! すぐそばには屋外迷路遊具施設など、子供が喜びそうな別の敷地へと運んでくれる、別料金の「黒鳥フェリー(Black Swan Ferry Jetty)」乗り場があります。


休憩後はいよいよリーズへ。と言っても外から眺めるだけなので、そのまま併設のおみやげ売り場へと入ります。


城名の入ったチョコレートやクッキーなどのお菓子に絵葉書、ガイドブックにマグネットといった各種定番みやげが並びます。
80795C58-DA8B-4FE4-B2BB-28779890401B.jpeg
そんななか、私はむしろここでなくても買えそうな、ケント州の名前が記されたポテトチップス「Kent Crisps」が、ご当地もので目が釘づけになってしまいました。


紛らわしい?! 場所をお間違えなく

その昔6人のイングランド王妃が暮らし、城のシンボルも黒鳥高貴女性らしさが漂うリーズ城ですが、観光面では近年イングランド北部に位置するヨークシャー州の都市「リーズ(Leeds)」と間違われることが多く、これまでさまざまなハプニング問い合わせがあったようです。
F0374F80-9A71-4577-B927-CC84CAEEB878.jpeg
もともと古典英語で傾斜(slope/hillside)を意味する「Esledes」が起源だという「リーズ」城は、今年4月1日付けの広報リリースで「ケント城(Kent Castle)」に改名するという、思い切った発表をしました。紋章まで黒鳥から2頭のにしっかり変えてヨークシャーとの違いを強調していますが、その割にはその後も公式ウェブサイトやほかの媒体でも「ケント城」の名前を見かけることはなく、今後の展開は未定のように思えます。


と、書いたあと、まんまと騙されました。なんと、これは日付けを見てのとおり「4月1日=エイプリルフール」で、嘘だということがのちほど発表されました(出典:"Leeds Castle 'Fools' Kent with April Fool's Day Prank! " Leeds Castle Foundation April 2021)。なんと手のこんだ演出! 紛らわしいです......。


それでも、実際間違いは多いようなので、観光目的での渡航が再開されイギリスにお越しの際は、くれぐれもヨークシャー州まで行かないよう、気をつけてください。入場券購入、入場時刻の予約が必要です。また、各種施設オープン時間も今年は不定期変更が多いので、アクセス方法の詳細やそのほかの最新情報は、下記のウェブサイトにて確認願います。

◼️Leeds Castle
・住所: Maidstone, Kent ME17 1PL
・アクセス: 電車Bearsted駅より有料シャトルバスあり(現金のみ)
・営業時間:  夏季(4月~9月)城:10:45~16:30、ガーデン:10:00~18:00 冬季(10月~3月)城、そのほか未定、ガーデン:10:00~17:00
・URL: https://www.leeds-castle.com/

***そのほかの旅行写真、イギリス生活はこちら→【Instagram】:@purleymay***

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。

パーリーメイ

イギリス・ロンドン4特派員のパーリーメイが現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

いっしょに読みたい 関連記事

最近の画像

画像一覧へ

カテゴリーから記事を探す

月別記事一覧

特派員プロフィール

イギリスイギリス/ロンドン4特派員
名前:パーリーメイ

パーリーメイ

現在海外在住二ヶ国目、イギリスのロンドン南部、クロイドンに2017年より家族で住んでいます。初めて暮らす土地、慣れない頃の初歩的な過ちや素朴な疑問を交えながら、フレッシュなうちにお届けします。ロンドン都心部とは違った、郊外ならではのホッコリするような地元ネタを中心にその他の地域、国々の旅ネタも満載します。息抜きは、おウチでタイ語ヨガ(タイ語のヨガ番組を観ながらするヨガ)です。 DISQUS ID @disqus_FJ7ATyjbdg

ロンドン4特派員トップにもどる

その他のイギリスの特派員

ロンドンを旅する

その他のエリアから探す

特派員募集中!

日本国内、海外を問わず特派員は随時募集しております。ご興味のある方はぜひご応募を!

ロンドン4特派員トップにもどる

トップ > ヨーロッパ > イギリス > ロンドン4特派員 > 白鳥がお出迎えロンドン近郊「リーズ城」で広々散歩

PC版で表示

運営会社と個人情報保護について