トップ > ヨーロッパ > イギリス > ロンドン4特派員 > イギリス学校再開と「シムネル・ケーキ」

イギリスイギリス/ロンドン4特派員ブログ

イギリス学校再開と「シムネル・ケーキ」

カテゴリー:お知らせ / イベント・行事・お祭り / 生活・習慣・マナー 投稿日:2021年3月 9日

昨日2021年3月8日は、年明けから長らく続いていた学校閉鎖がいったん解除され、久しぶりの登校日でした(「いったん」という言葉は私自身の言葉で、英政府は今後学校を閉鎖することは絶対にあってはならない、と強調しています)。家庭学習(関連記事 )から解放された喜びは、子供たちのものだけではありません。


この日を同じく待ち望んでいた先生たちは、校門を「Welcome Back」という垂れ幕とたくさんのバルーンで生徒たちを出迎えてくれました(先生たちが並んでいたわけではありません)。


学校が閉鎖されていた間、多くの行事が省略されていましたが、「世界本の日(関連記事 )」は来週に延期、そして今週末に控えているイギリスの母の日に向けては、今年もカードやプレゼントの作成などが間に合うのではないでしょうか。


今週の日曜日3月14日は、「マザリング ・サンデー」ことイギリスの母の日です。2019年の記事(関連記事 )でも取り上げましたが、イギリスの母の日は5月にある日本やアメリカなどとは違い、イースター(復活祭)と関係が深いので毎年日にちも変わり、2、3月頃です。
74C5CF6B-E26A-4864-A440-4D90E07577B4.jpeg
前回は子供の関連行事などに焦点を当てましたが、今年はこの時期に食べられる「シムネル・ケーキ」をもう少し掘り下げ、また、アメリカ式母の日との関係にも注目したいと思います。


イギリスの伝統菓子「シムネル・ケーキ」

シムネル・ケーキとはドライフルーツ入りの伝統的なイギリスの菓子で、アーモンド粉を練ったマジパンの団子を11個並べる飾りつけが特徴です。この数字はイエスの弟子12人のうち、ユダを除いた11人を象徴しているそうです。
04F14F49-177C-48C7-ACEE-6E489C0F3C51.jpeg
英語で調べると、高い確率で「light(軽い)フルーツケーキ」と紹介されているのですが、日本語ですと真逆の「ずっしり」「どっしり」といった記述をよく見かけるので、日頃感じていることですが、イギリス人との食に関する感覚の差に、あらためて気づかされます。


シムネルとは聞き慣れませんが、語源はラテン語のsimila(小麦粉)という説や、イングランドの王ヘンリー7世の厨房で勤務していたランバート・シムネル(Lambert Simnel)から来ているなど、諸説があります。


このケーキを母の日に家族で集まって食すのが、16世紀頃からの伝統的な慣わしでした。


マザリング・サンデーとは

最近では世界にならってマザーズ・デーと言うことも増えてきましたが、イギリスでは冒頭でお伝えしたように、もともとは「マザリング ・サンデー」と呼びます。なぜ違う呼び方なのかと言えば、そもそも本来の意味合いが、他国での母の日とは異なるからです。


その昔、お屋敷で働く女中さんなどをイースター期間中に里帰りさせるために、暇を取らせたことが関係しています。休みをいただいた使用人は、キリストの洗礼を受けた地元の教会=Mother Churchに出向き、家族で礼拝を受けることが大事なしきたりでした(参照: "Mothering Sunday in the United Kingdom " timeanddate.com 2021.)。イギリスのマザーは、この母体教会が由来しているわけですね。


イギリスにおけるマザーズ・デー

つまり本来の意味では、厳密に「母のための日」というわけではなかった、ということになります。この家族や親戚で集まって絆を深める慣習ですが、残念ながらマザリング・サンデーの言葉とともに19世紀までにはすっかり廃れてしまいました。


それが、形を変えて復活したのが現代版マザリング・サンデーとも言える、アメリカ生まれの「マザーズ・デー」です。20世紀初頭、アンナ・ジャーヴィス(Anna Jarvis)という女性が、平和と労働者のために働いた母を偲んで、命日に大きなイベントを開きました。これが大きな民衆の支持を得、1910年にウェスト・ヴァージニア州が州の祝日として母の日を認めました。


その後さらに1914年には、ウッドロー・ウィルソン(Woodrow Wilson)大統領が5月の第2日曜日を母の日と定め、イギリスにこの情報が広まったのは第1次世界大戦の頃、アメリカの従軍者によってでした。


また、時を同じくして、熱心なイギリス国教会徒であったコンスタンス・スミス(Constance Smith)という女性が、ジャーヴィスに刺激を受けて「新生母の日」普及に奔走しました。


1920年には『マザリング・サンデーの復活』と題した本も出版し、各地域の伝統やシムネル・ケーキなどの菓子を母に捧げる、といった慣習に再び光をあてました。
69B1A7C1-A24E-4BF6-AA30-1BE78E34EE9B.jpeg
そこに、グリーティング・カード会社といった企業が商機を見出し、いまでは「マザーズ・デー」として商魂たくましく、名実ともにアメリカ式の母の日がイギリスでも定着しました(参照: Gray, Kirsten. "What's the difference between Mother's Day and Mothering Sunday? " Family Wise Ltd March 2019.)。


母の日に贈るもの一例

イギリスのカード文化(関連記事 )はクリスマスだけではありません。誕生日のほかに、母の日のような季節行事にも欠かさずプレゼントに添えます。バレンタインが終わるか終わらないうちに、スーパーなどの商店はすぐにMumの字が踊るカードであふれます。
5B652C13-EAC4-4563-83EE-14203826FFB4.jpeg
花がカーネーションというのは日本でもおなじみです。贈り物としては、定番チョコレートやマグカップなどのほかに、シャンパン、ハンドクリームなどのコスメグッズなどがあります。
F1564016-C407-4943-8D0A-40CEF7BDF426.jpeg
今年はまだまだロックダウン中でスーパー以外のお店はやっていないので、台所用品や額入りの絵、アクセサリーといったさまざまな物を、インターネットで名前を入れて特注するのも人気です。

***そのほかの旅行写真、イギリス生活はこちら→【Instagram】:@purleymay***

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。

パーリーメイ

イギリス・ロンドン4特派員のパーリーメイが現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

いっしょに読みたい 関連記事

最近の画像

画像一覧へ

カテゴリーから記事を探す

月別記事一覧

特派員プロフィール

イギリスイギリス/ロンドン4特派員
名前:パーリーメイ

パーリーメイ

現在海外在住二ヶ国目、イギリスのロンドン南部、クロイドンに2017年より家族で住んでいます。初めて暮らす土地、慣れない頃の初歩的な過ちや素朴な疑問を交えながら、フレッシュなうちにお届けします。ロンドン都心部とは違った、郊外ならではのホッコリするような地元ネタを中心にその他の地域、国々の旅ネタも満載します。息抜きは、おウチでタイ語ヨガ(タイ語のヨガ番組を観ながらするヨガ)です。 DISQUS ID @disqus_FJ7ATyjbdg

ロンドン4特派員トップにもどる

その他のイギリスの特派員

ロンドンを旅する

その他のエリアから探す

特派員募集中!

日本国内、海外を問わず特派員は随時募集しております。ご興味のある方はぜひご応募を!

ロンドン4特派員トップにもどる

トップ > ヨーロッパ > イギリス > ロンドン4特派員 > イギリス学校再開と「シムネル・ケーキ」

PC版で表示

運営会社と個人情報保護について