トップ > ヨーロッパ > イギリス > ロンドン4特派員 > 政府支援終了後も引き続いて独自案を練るイギリスの飲食店「The Castle Inn」

イギリスイギリス/ロンドン4特派員ブログ

政府支援終了後も引き続いて独自案を練るイギリスの飲食店「The Castle Inn」

カテゴリー:レストラン・料理・食材 投稿日:2020年9月27日

日本では来月10月より、政府主導の「Go To イートキャンペーン」が順次始まるようですが、イギリスでは以前紹介した飲食店への支援策「Eat out to help out」(関連記事 )が、8月いっぱいで終了しました。

D2D075A0-ACE5-4DB9-875E-1F22464CF337.jpeg

しかし、そのあともしばらくは同支援策を継承し、お店独自割引キャンペーンを実施する飲食店がいくつかあります。ケント州にあるガストロ・パブ「The Castle Inn at Chiddingstone」は2020年9月中の木曜と金曜に、政府が実施したキャンペーンとまったく同じ、飲食代(除くアルコール飲料)の最大50%を割引いています(ひとりあたりの割引額は最大£10)。またいつものように、かけ込みで利用してきました。


一帯に広がる歴史的建築物

場所は歴史的建築物の保護を目的に設立された英機関、ナショナル・トラスト(National Trust )管理の村、チディングストーン(Chiddingstone)内にあります。


ここはチューダー様式(Tudor style)の建物が多く残り、特に白壁に太い黒枠がいくつも並ぶデザインが特徴的です。わが家の自宅も一部チューダー様式を取り入れているようで、越してきた当初はまったく知識がありませんでしたが、遊びに来た友人に指摘されました。そんなこともあり、村では「これが本場のチューダー様式!」と興奮しました。

C38DA54E-423C-4278-9CD6-5D7AA986D304.jpeg

今回訪れたThe Castle Innの建物も15世紀はじめのものと歴史は古く、暖炉やタイル張りの床、オーク材のパネルや棒などが「グレードII*」に分類されるほど重要な文化財です。


「NIKKEI STYLE」がまとめた記事によると、ナショナル・トラスト「登録文化財総数のうち、国家的にも貴重な建物とされる「グレードI」に区分されるものは、おおむね日本の国宝に相当し、1万件弱」だそうです。The Castle Innの「グレードII*」とは、「日本の重要文化財に相当するレベルで2万件強、残りの92%は「グレードII(*が付かない)」」とのことです。(出典:なぜ英国の文化財は美しいのか 観光大国日本へのヒント  デービッド・アトキンソン小西美術工芸社会長兼社長 クローズアップ|NIKKEI STYLE)


そんな貴重な建物で食事ができるパブなのか、と考えると到着前からテンションが上がりました。


食事がおいしいガストロ・パブ

パブ好きなイギリス人は特に男性の場合、お酒を飲むときは徹底して飲酒に徹し、ツマミはほとんど手をつけない、というより注文すらしないことも多いです。イギリスのパブとは本来このような形態が普通で、パブ内での食事は注目されていませんでした。

2EB15FF6-DE61-4F40-902E-466439E47A04.jpeg

そんな伝統的なパブ文化に新しい風穴をあけたのがThe Castle Innのようなガストロ・パブ。「ガストロ・パブ」という用語は、「ガストロノミー (gastronomy)」と「パブ (pub)」を組み合わせた造語で、パブ内にバーとレストランを併設した飲食店を指します(参照:Synergy Restaurant Consultants 'WHAT'S THE RAGE WITH GASTROPUBS? ')。1991年に開業したロンドンのパブ、The Eagle Farringdon が生み出したこの言葉と形態は脚光を浴び、あっという間に海を越えアメリカを始め、世界に広まりました。


けれどこの言葉を使うには「質のよい食事」を提供することが条件のようで、イギリスの権威あるケンブリッジやオクスフォード辞典でも「serving good food」「where high-quality food is served」と定義しているほどです。


The Castle Innは自称こそしていませんが、見たところこのガストロ・パブに該当するはずです。おのずと食事にも期待が高まります。


パブでの注文方法

パブによく行く人というのはそもそもビール好きが多いので問題はないでしょうが、大手チェーン店を除き、イギリスのパブではたいていドリンクメニューがありません。ガストロ・パブはレストラン形式なので席で注文できますが、通常のパブではバーカウンターに行って何でも注文するので、ドリンクも各種カウンターに並んでいるビアタンクを指差して銘柄を指定するスタイルです(現在はコロナの影響で密集を避け、席注文に変更中です)。

B71B823A-BC25-4228-81FC-F8EA46192A1A.jpeg

なのでビールに詳しくないわたしは、パブで最初に「お飲み物は?」と聞かれるのが苦手です。わかってはいますが「何がありますか......?」と聞いても「エール(ビール)かラガー(ビール)か......」としかやはり答えてもらえず、「ビールといえばラガーの日本人」の典型のように、とっさに「ラガー(小グラス£2.8)で」と答えてしまいました。


イギリスといえばエールビールが主流で、日本人には驚きの「生ぬるさ」が特徴のひとつです。ビール好きの主人が友人と飲みに行くときは、いつもパブが独自に仕入れるエールビールを注文するのを楽しみにしています。わたしも真似て、おかわりはエールビール(小グラス£1.8)にしてみました。飲んでみるとやはりぬるく、かつエールらしい特徴ある苦味を感じ、わたしとしてはきちんと冷やされたラガービールの方が慣れているせいもあり、エールはやはりちょっと苦手です。好みの問題だと思います。


ガストロに恥じないクォリティ

食事はパブ飯の代表、フィッシュ&チップス(£13)に各種バーガー(£13)、わたしは店名を冠した「The Castle Innキッシュ(£10)」がパブ飯としては珍しいので注文しました。ガストロ・パブのバーガーはたいていどこでも「間違いなくおいしい」、こちらの写真のような見かけをしています。

2F9C0BE7-1CD6-40B0-A16B-7E0C146B59BB.jpeg

キッシュの見かけは看板メニューとして期待した割には普通でしたが、どれも確実に「ガストロ」基準を満たした味です。

1E46AEC7-3062-40F0-8D96-17D13DAD6764.jpeg

感動したのがデザートのブラウニー(£6)。見かけはイギリスらしく相変わらずの地味さですが、何やら濃厚な黄色いソースがかかっているのも初めてですし、外側はカリッ、中はしっとりでこれまでにないおいしさ。ブラウニーがちゃんと温められているのもうれしいサービス。本場アメリカでブラウニーを味わったことがないせいかもしれませんが、個人的には史上No. 1のおいしさだと感じました。

33D9922A-F4DE-4C82-A8FC-C44A755B5F5A.jpeg

お会計もしっかり「-50% September Discount」が適応されており、本日も大満足なり!


現在The Castle Innでは、新型コロナウイルスの影響で営業日、時間、メニューを短縮しています。割引キャンペーンもこれでもう終わってしまいますが、来月以降もまた引き続いて行われることを期待して、今後もウェブサイトの確認をときどきしてみようと思います。また、飲食店によっては来月10月以降も同様のキャンペーンを展開するところがあるので、ほかのお店を新たに開拓することも検討中です。


皆さんも、日本で「Go To イートキャンペーン」を利用して、楽しいひとときを過ごすことができればいいな、と思っています。

◼️The Castle Inn at Chiddingstone
・住所: Chiddingstone, Edenbridge, Kent TN8 7AH
・アクセス: 電車Tunbridge Wells駅よりバス利用
・営業時間:  木 10:00〜16:00、金〜土 9:30〜18:00、日 9:30〜17:00
・URL: https://www.castleinnchiddingstone.co.uk/

***そのほかの旅行写真、イギリス生活はこちら→【Instagram】:@purleymay***

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。

パーリーメイ

イギリス・ロンドン4特派員のパーリーメイが現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

いっしょに読みたい 関連記事

最近の画像

画像一覧へ

カテゴリーから記事を探す

月別記事一覧

特派員プロフィール

イギリスイギリス/ロンドン4特派員
名前:パーリーメイ

パーリーメイ

現在海外在住二ヶ国目、イギリスのロンドン南部、クロイドンに2017年より家族で住んでいます。初めて暮らす土地、慣れない頃の初歩的な過ちや素朴な疑問を交えながら、フレッシュなうちにお届けします。ロンドン都心部とは違った、郊外ならではのホッコリするような地元ネタを中心にその他の地域、国々の旅ネタも満載します。息抜きは、おウチでタイ語ヨガ(タイ語のヨガ番組を観ながらするヨガ)です。 DISQUS ID @disqus_FJ7ATyjbdg

ロンドン4特派員トップにもどる

その他のイギリスの特派員

ロンドンを旅する

その他のエリアから探す

特派員募集中!

日本国内、海外を問わず特派員は随時募集しております。ご興味のある方はぜひご応募を!

ロンドン4特派員トップにもどる

トップ > ヨーロッパ > イギリス > ロンドン4特派員 > 政府支援終了後も引き続いて独自案を練るイギリスの飲食店「The Castle Inn」

PC版で表示

運営会社と個人情報保護について