トップ > ヨーロッパ > イギリス > ロンドン2特派員 > ロンドンの近代美術館『テート・モダン』

イギリスイギリス/ロンドン2特派員ブログ

ロンドンの近代美術館『テート・モダン』

カテゴリー:文化・芸術・美術 投稿日:2018年3月21日

ロンドンの美術館・博物館がほとんど無料で公開されていることは、以前の記事で紹介させていただきました。
'美術館'といっても、絵画、オブジェや歴史など、内容は美術館によって様々ですよね。そのなかでも、ロンドンの近代美術といったら『テート・モダン』、と言われるほどこの美術館はとても有名です。あの有名なロンドン橋のすぐ近くにあるこの美術館には連日たくさんの人が訪れます。
今回はそんな近代美術館、『テート・モダン』をご紹介したいと思います!

tatemodern1.jpg

最寄りの駅はたくさんありますが、一番オススメのルートはLondon Bridge Station(ロンドンブリッチ駅)から約15分歩くルート。テムズ川沿いをまっすぐ進むと出てくるのが大きな美術館『テート・モダン』。実はここ、以前発電所だった建物を改造して、今は美術館として公開しています。

tatemodern2.jpg

なのでとにかく中もとっても広いんです。地上7階建ての建物には、カフェやショップなどの施設もあります。展示物は、絵画はもちろん、オブジェや、ライブパフォーマンスなど、季節によって展示物が異なります。

tatemodern4.jpg

私が今回訪れた際には「Ten Days Six Nights(10日と6夜)」という展示がありました。
これはアメリカのアーティストJoan Jonas(ジョアン・ジョナス)をモチーフにした作品でした。ジョアン・ジョナスは、自分自身をアートの構成、作品として使用する映像を用いたパフォーマンス・アートの先駆者です。

tatemodern3.jpg

tatemodern5.jpg

私は時間が合わず、パフォーマンスを見ることはできませんでしたが、それでも展示物はどれも素晴らしいものばかりでした。わたしの通っている音楽大学でも、定期的に音楽家とアートのコラボレーションの展示会をここ、『テート・モダン』で開催しています。美術館内で、展示物といっしょにパフォーマンスが生で見られるなんて、とってもステキですよね。私も次はしっかり時間を合わせて行きたいなと思いました!

tatemodern6.jpg

この他にも、無料で観覧できるパフォーマンスや展示物はたくさんあるので(一部有料)、ぜひロンドンに来た際は訪れてみてください!


『Tate Modern』
住所:Bankside, London SE1 9TG
電話:020 7887 8888
URL:http://www.tate.org.uk/visit/tate-modern

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。

関口 京花 さん

イギリス・旧ロンドン2特派員の関口 京花 さんが現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

いっしょに読みたい 関連記事

最近の画像

画像一覧へ

カテゴリーから記事を探す

月別記事一覧

特派員プロフィール

イギリスイギリス/旧ロンドン2特派員
名前:関口 京花 さん

関口 京花 さん

ロンドン2特派員トップにもどる

その他のイギリスの特派員

ロンドンを旅する

その他のエリアから探す

特派員募集中!

日本国内、海外を問わず特派員は随時募集しております。ご興味のある方はぜひご応募を!

ロンドン2特派員トップにもどる

トップ > ヨーロッパ > イギリス > ロンドン2特派員 > ロンドンの近代美術館『テート・モダン』

PC版で表示

運営会社と個人情報保護について